【大和町】梅澤のつけ鴨そば

カテゴリー: 外食:蕎麦

umezawa1.jpg
 東北自動車大和インターの先から利府町の街中へ通じる県道3号線を走るとこんな看板が目に入ります。10年以上も前に見つけて、二度ほど訪問したのですが、運悪く臨時休業の日に当たってしまいした。二回も外れると気持ちも萎えて、しばらく頭の中から消えていましたが、先日、通りかかった時に三度目の正直とばかり訪ねたところ、無事にお店に上がることが出来ました。^^

 

 

 

 


 看板のある丁字路(ていじろ)を曲がって、橋を渡りますと、いきなり田んぼが目の前に広がり、道を間違えたかと不安になります。
umezawa2.jpg
 農道の突き当たりに集落が見えますが、あの一角に蕎麦屋さんがあるのです。

 

 

 


 


 こちらが手打ち蕎麦の梅澤さんです。ご覧の通り普通の住宅です。
umezawa3.jpg umezawa4.jpg
 駐車は玄関と反対側の庭の方に2台ほど置けますが、ご近所に迷惑にならなければ路駐も出来そうです。

 

 

 


 
 

 店内と言いますか、室内もごく普通の住宅のお座敷です。
umezawa5.jpg
 普通の玄関を上がり、すぐ左手の部屋に入ります。そば屋さんらしい装飾はあまり見当たりません。

 

 

 

 


 出来ますものは冷・温の蕎麦、併せて十種類くらい。うどんもあるようです。
umezawa6.jpg
 蕎麦は二八の細打ちの他に、田舎、十割、更科があります。これらを毎日打ち分けているのでしょうか。女将さんが、女性でもぺろりと食べてしまうからと、大盛りを勧めますがデフォの麺量を知りたかったので、丁重にお断りしました。

 

 

 


 

 お願いしましたのは、つけ鴨そば1,000円です。いわゆる鴨汁そばですね。
umezawa7.jpg
 
あっつ熱の鴨汁が良い香りです。粉山椒が添えられます。

 

 

 

 

 

 


 麺量は普通でしたが、細打ちなので本当にぺろりと入ってしまいそうです。
umezawa8.jpg
 角もよく立った色白の麺ですが、少し柔らかめでしたね。

 

 

 

 

 

 鴨汁には鴨のスライスがいくつも沈んでいました。
umezawa9.jpg
 表面には鴨の脂が浮いて、それが汁の保温効果にも役立っているようです。甘さのすっきりした実に良い塩梅の汁です。

 

 

 

 

 

 この蕎麦の冷やって、寒い季節には良い物ですね。
umezawa10.jpg
 鴨の脂が蕎麦と絡んでざるとはまた違う豊かな味わいが嬉しくなります。

 

 

 

 


 


 最後の締めは、やはり蕎麦湯です。本格的な蕎麦を食べた後のお楽しみはこれですね。
umezawa11.jpg
 ざると違って、鴨汁の蕎麦湯は旨味が濃厚でご馳走ですね。

 

 

 

 

 


 三度目の正直で飛び込んだ手打ちそば梅澤さん。ごく普通の住宅で気取らないお蕎麦を頂いていますと緊張感がほぐれ癒されます。お蕎麦も肩肘張らないで頂くことができました。宮城にも自宅をお店にした蕎麦屋さんが増えていますが、こちらは草分け的存在でしょうね。近くには万葉の里伊藤かりんとう店もありますので組み合わせて巡ると楽しいでしょう。

 

 

 

 

 

手打ちそば梅澤

 

  • 所在地  :宮城県黒川郡大和町鶴巣鳥屋半福寺60-26
  • 電話        :022-343-2882
  • 営業時間 :11:00~なくなり次第閉店
  • 定休日    :月曜
  • 駐車場    :庭に2台 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

2010/04/19(月) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

タイガー

URL | [ 編集 ] 2010/04/19(月) 07:44:03

お久しぶりです。いつもブログ拝見させていただいてます。梅澤の蕎麦おいしいですよねちょっと値段が高いかな?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/19(月) 20:51:55

 タイガーさん おばんです。

 ご無沙汰しておりますが、今週末には呑めますね。^^

 梅澤さん、ご存じでしたか。私はやっと念願叶って敷居を
跨ぐことが出来ましたよ。仰るとおり、ボリュームの割りに
やや高めですね。麺食いの山形県人だったら怒り出すかも
知れません。^^
 大和町には自宅でやっている蕎麦屋さんが増えましたね。
晴れたらいいねさん、おさださんも良かったです。

ぷく

URL | [ 編集 ] 2010/04/20(火) 13:44:03

こんにちは。梅澤さん、ずっと気になっていましたが目的地に行く際看板を目にするだけで何となく入れずにいました。今回内装やお品書きが見れてモヤモヤが晴れました。今度行ってみようと思います。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/20(火) 21:24:34

  ぷくさん おばんです。

 蕎麦屋らしさを感じない普通の住宅の居間で
食べているような感覚でした。細めで少し柔らかい
蕎麦は本当にスルスル入ってしまいます。大盛に
しないと物足りないかも知れません。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/86-b244ab29