伊達焼き創製プロジェクト 始動編

カテゴリー: 料理:貝類

dateyaki1.jpg
  伊達巻きはお正月に付き物の卵とすり身を焼き上げた巻物ですが、伊達焼きとは何でしょう。巻く前の卵焼き状態を伊達焼きと呼ぶこともあるようですが、私は新たに伊達焼きという食べ物を創製したいと思っています。だいぶ前の記事になりますが、江戸前の小柱と三つ葉のお好み焼きをヒントに海鮮お好み焼き三陸風を作ってみました(関連記事)。その際、以下のような提唱をしていました。



 つまり、お好み焼きを宮城海産物を主役として作ってみたくなったのです。なにか新しい料理が出来そうな予感もします。つなぎである生地を極力抑えて、が主役の鉄板焼きのイメージです。生地は山芋と卵だけにしたらどうなるでしょうか。そうすると、もはやコナモンではなく、シーフード料理のカテゴリーとなりますね。これを伊達焼きと命名して世に問えないか、、、、新・伊達焼き創製プロジェクトの始動です。^^

 

 
 伊達焼き伊達者気質を取り入れたいので、見た目は質素でも中身は豪華で行きます。そして、海産物の他にも、里や山の幸も取り入れたバージョンも想定し、封じ込める食材の探索をしています。ただ、何でもありでは、何焼きかわからなくなってしまいますので、一応、伊達焼き定義を次のようにしてみました。 

 


  伊達焼き八箇条


一.伊達焼きとは伊達藩の選りすぐった食材を生地で焼き固めた料理なり。

一.但し、城下の庶民が入手出来うる食材を用いるべし。

一.食材を最低限の生地でつなぎ、上方のコナモンとは一線を画すべし。

一.ただ美味なる物を寄せ集めて焼き固めるものではなく、融和を尊ぶべし。

一.西洋醤油や玉酢は用いず、醤油味のタレで食材の風味を活かすべし。

一.主たる食材の脇役者として、必ず香りの物も一点加えるべし。

一.浦・里・山の食材を用いた三様を作りて持て成すべし。

一.食材の旬を出来る限り考慮に入れ、日本酒に合う料理にすべし。

 

 


  何事にも定義がないと落ち着かない性格なので、たまに定義に縛られて動きがとれなくなることがあります。でも、そこは優柔不断なO型です。その都度、定義を改正していきます。^^ では、さっそく準備にかかりましょう。今回は今が旬な牡蛎を使った伊達焼きです。

 

 


 

 

 

 

 

 まずは、工作から始まります。アルミ箔を35cmに切って、幅5cmになるように折り込んでいきます。
dateyaki2.jpg dateyaki3.jpg
 
直径10cmの缶詰を型にしてリングにし、ステープラー(ホッチキス)で止めます。そうです、いわゆるセルクル(丸型)を作っています。ただ、具がたっぷり入るのでガレットなどに使うフランス料理のセルクルより深みを付けます。セルクルの内側にはサラダ油をたっぷり塗っておきます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 生地山芋が主体です。よく洗ったあと、ひげ根を焼いて取り去ります。
dateyaki4.jpg dateyaki5.jpg
 
皮は剥かずにそのまま擂り鉢で摺りおろしていきます。セルクル二つ分で20cm位は必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここがポイント、小麦粉ではなく米粉(上新粉)を使うのが伊達焼きです。大さじ1杯半ほど加えます。
dateyaki6.jpg
 生地の硬さは好みもありますが、入れ過ぎるとふわふわ感がなくなりますので、少なめから始めましょう。コナモンではなく、あくまでも牡蛎料理ですから・・・。米粉は小麦粉とはことなる食感が魅力です。卵は1個分です。白身が沈んで黄身だけが写ってますが、全卵を使用しています。小さじ半分ほどの塩で軽く味を付けます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 さあ、焼き方に入ります。伊達焼きは宮城の食材をたっぷり使います。旬の牡蛎伊達焼き一つに5個使います。
dateyaki7.jpg dateyaki8.jpg
 
最初に油を敷いた鉄板で軽く焼き目を付けます。生地の中でも蒸されますので芯まで加熱されなくても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 牡蛎を焼いている傍らでセルクルに生地の半量を流し入れます。正確に申しますと流れません。お玉でぽったりと落とし込みます。
dateyaki9.jpg dateyaki10.jpg
 
生地を平らに均し、固まらないうちに牡蛎を並べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 牡蛎の上に仙台芹と針に切った柚子皮を散らして、残りの生地で蓋をします。
dateyaki11.jpg dateyaki12.jpg
 
飾りに小さな色紙に切った宮城の海苔を散らしました。

 

 

 

 

 


 

 

 

 頃合いを見てフライ返しで天地を返し、両面をこんがり焼き上げます。
dateyaki13.jpg dateyaki14.jpg
 
牡蛎には十分熱が通っているはずですから、軽くの焦げ目が付けば十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 セルクルを取り外し、刷毛で醤油、酒、味醂少々をさっと煮た詰めたタレを塗ります。
dateyaki15.jpg
 伊達焼きにはソースやマヨネーズは厳禁です。醤油味で粋に食べるのです。日本酒にも合うが伊達焼きの定義なのですから。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 中からふっくらとした牡蛎がごろごろ出てきます。
dateyaki16.jpg
 仙台名産ののシャッキリ感と柚子の香りも牡蛎とよく合っています。むしろ、この二者がなければ、味が呆けてしまうかも知れません。生地も牡蛎のエキスを吸って、よい味わいです。緩めに溶いた芥子や七味唐辛子も合うかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 狙い通りの作品が出来上がり、自分でも少し驚いています。前記のように、伊達焼きは海の幸に限らず、宮城の里や山のも取り入れて、どんどんバリエを作り出して行きたいと思います。ただし、八箇条は守って伊達焼きの名に恥じない物を創製していきます。やがて、これが宮城の名物として多くの人に親しまれることを夢見て次の構想に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。


2009/12/25(金) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2009/12/25(金) 05:25:11

良いですねぇ
米粉を使うところも

この大きさは標準居酒屋サイズとして、もう少し小さくして、大判焼きぐらいなら、屋台や露天で焼いたものを、歩きながら食べられる、戸建焼きじゃない、小伊達焼きになるのでは?

大判焼き器がそのまま使えるとさらに流行るかも。
伊達家の家紋入りとか。
その時は、少しタレにとろみが必要かな。

関西だと回転焼き? カジュアルすぎますか?

ふか

URL | [ 編集 ] 2009/12/25(金) 11:08:48

すばらしいコンセプトの商品ですね。
サエモンさんブログファンです。
八箇条も。そしておいしそう。
芹、柚、牡蠣・・・めまいがしそうです。

余計なお世話ですが、牡蠣焼きカットの下のテキスト、「中まで」→「仲間で」の誤植がありました。

大名マーク

URL | [ 編集 ] 2009/12/25(金) 21:54:28

サエモンさんのアイデアを支持します
「伊達焼き八箇条」を守れば県内どこでも
作れますネ

表面の海苔は全面広告
でもいいのではないですか
海苔の消費に貢献します(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/12/25(金) 22:14:12

みなさま、一括レスでご容赦願います。


 風写さん こんばんは。

 この伊達焼きの生地は山芋と少々の米粉ですので
焼いてもふんわりしています。立ち食いはちょっと難しい
かも知れません。それに関西のコナモンとは一線を画したい
ので、当面はファストフードにはしたくないのです。売れれば、
黙っててもされてしまいますからね。^^

 伊達の家紋や三日月の焼き印は伊達家のご了承を頂ければ
是非、付けてみたいですね。


 
 ふかさん はじめまして。

 ご閲覧ありがとうございます。
 思い付きなのですが、ずいぶん前から構想を
抱いておりました。コナモンではなく、伊達の食材を
つなぎ少々で固め焼く料理を。これからシリーズで
やっていきますので、乞うご期待。

 誤字のご指摘ありがとうございます。日頃、飲みながら
記事を書いていますので、けっこう、間違いがあります。
朝にチェックするのですが、漏れました。助かりますので
今後ともご指摘よろしくお願いいたします。


 
 大名マークさん おばんです。

 伊達の旬の食材を山芋と米粉でつないで焼く伊達焼き。
楽しいでしょう。コナモンじゃありませんよ。伊達の新しい
創作料理です。

 海苔はいっぱい使いたいのですが、おむすびじゃないので
加減が難しいですね。針海苔を山のように天盛りするのは
悪くないかも知れません。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/8-ec6fedb7