煮貫と煎り酒

カテゴリー: 料理:農産加工品

irizake1.jpg
 この二つの液体は一体何でしょう。醤油とおのようにも見えますが、違います。これらは今から300年以上前の日本で最もよく使われていた調味料なのです。醤油が江戸の庶民に広まるのは享保年間(1716~1735年)以降のことであり、それまでは蕎麦つゆにも醤油は使われていませんでした。今回はそれらを実際に作ってみて、現代の食事に適用できるかを検討してみました。


 まず最初に上の写真の左側、煮貫(にぬき)から作ってみます。
irizake2.jpg
 赤味噌をその3倍量くらいの水に溶かします。


 15分くらい置いてから漉していきます。
irizake3.jpg
irizake4.jpg
 そうしますとやや薄い醤油のような物ができます。これを生垂れ味噌と言います。 


 これに半量程度の日本酒と鰹節や昆布を加えて半分位になるまで煮詰めます。
irizake5.jpg
     irizake3.jpg
          irizake7.jpg
 再度、漉したら煮貫の完成です。

 いやいや、これは素晴らしい。味噌の香りは残りますが、甘味のない蕎麦つゆのようです。
irizake8.jpg
 大した量ではありませんが、煮沸滅菌した瓶で冷蔵保存します。


 続いて、もう一方の薄黄色の液体ですが、これは煎り酒と言います。
irizake9.jpg
irizake10.jpg
 材料は日本酒と梅干し、それに鰹節や昆布などです。これも半量になる位まで煮詰めますが、梅干しを潰して風味を酒に移します。

 煮貫と同じく漉したら煎り酒の完成です。
irizake11.jpg
irizake12.jpg
 程よい塩味と酸味で上品な調味料となっています。ダシも利いていますので、このまま酢の物に使えそう。

 同じく瓶に入れて冷蔵保存です。
irizake13.jpg
 酸味はありますが、白身魚の刺身に合いそうな予感。


 まずはそれぞれの個性を把握するために白石温麺で味わってみます。蕎麦よりも煮貫煎り酒の味わいが分かりやすいと思ったからです。
irizake14.jpg
 煮貫はまさに麺類にぴったり。味噌の香りも仄かなので蕎麦でも行けそうです。実際、醤油が普及するまではこれが蕎麦つゆとして使われていたのですから当たり前ですね。煎り酒は酸味があるので蕎麦には向かないと思いますが、このような小麦系の温麺や素麺には最適ですね。実際、梅酢を入れた麺つゆもありますし。


 さて、刺身との相性ですが、カツオ、スルメイカ、ホヤで試してみます。さて、その結果は。。。
irizake15.jpg
irizake16.jpg
 驚いたことにそれぞれ煮貫煎り酒もどちらでも美味しく頂けました。イカやホヤに梅酢が合うのは想定内でしたが、カツオも柑橘酢が合うように煎り酒にもよく合います。煮貫は醤油の代用ですから何にでも合います。ただ、煎り酒は鰹節の香りが表に出てくるのでイカや白身の魚には邪魔な感じもします。たぶん、昆布のダシだけにすればよいのでしょう。



 江戸時代の調味料は実によく工夫されていました。煮貫煎り酒があれば、大概の物は食べられるでしょう。ただ、刺身には若干、塩味が足りないかも知れません。たぶん当時の味噌梅干し塩分濃度は現在よりもっと高かったはずです。特に我が家の梅干しはヘルシー志向の細君が漬けますので、通常の半分程度の塩分濃度ではないでしょうか。従って、さらに煮詰めるかを補うかの改良が必要です。しかし、刺身用と麺つゆ用の調味料が同じ塩分濃度というわけには行きません。ですので刺身用に調製して、必要に応じて薄めて使うのが良さそうです。(^-^;


2016/07/18(月) 05:00 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2016/07/19(火) 12:24:59

煮貫は初めて聞きました(@_@)いろんな調味料があるんですね。
先日PTAの行事に味噌作りを提案したら、諸事情のため却下され、仕方なく子供と一緒に作ってみました。ネットに「6ヶ月熟成」とありたじろいでいたら、暑いので1ヶ月程でほぼ味噌状態になっています。
ただ、足した煮汁の量がちょっと多かったようです。コツとかご存知でしたら教えてくださいm(_ _)m

サエモン

URL | [ 編集 ] 2016/07/21(木) 06:58:01

 ぺこりんさん

 いつもコメントありがとうございます。
煮貫は江戸時代中期以前は最もメジャーな調味料でした。
垂れ味噌とも呼ばれており、現在もタレという言葉は残っていますね。

 味噌作りですか。。。私では経験不足なので、専門家を紹介しましょうか。今年は亀の尾の米麹で仕込んでいましたね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/790-e7fb5dd3