スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【塩竈市】ひがしものと秋の地酒を楽しむ会

カテゴリー: 外食:その他

kamei1.jpg
  この記事も先月のイベントですが、塩釜小売酒販組合さんの主催による塩竈の地酒とひがしもの(厳選されたメバチマグロ)を歴史的建造物である亀井邸で楽しむ会が開催されました。ひやおろし秋あがりだけでもハッピーなのにそれにひがしものが付くのですから、まさに盆と正月ですよ。^^




 最初に塩竈の老舗の酒蔵見学から始まります。塩竈には浦霞の佐浦さんと四季の松島や於茂多加男山の阿部勘さんがあります。
kamei3.jpgkamei2.jpg
 この二つの蔵見学には何回参加したことでしょう。見学だけだったらもう十分なのですが、それにお酒がセットになりますので。。。^^




 阿部勘さんに行く途中で必ず足を止めてしまう処があります。この香りが堪りません。
kamei4.jpg
 いつも魅力的に魚を焼いている松野鮮魚店さんです。この季節ははらこ飯もありますね。




 酒蔵見学を終えて楽しむ会の会場である亀井邸に向かいます。
kamei5.jpg
 東参道を少し登った所に亀井邸は建てられていますが、下から見上げると和洋併置式住宅の洋館部分がよく見えます。




 玄関からお邪魔します。今日は二階にも席が作られているそうです。
kamei6.jpg
 亀井商店(現総合商社カメイ)さんの隆盛を象徴する建築物です。




 一階の隅にかつての塩竈のジオラマがありました。
kamei7.jpg
 かつては塩竈神社の前辺りまで千尋淵という入江でした。でもこれは、昭和初期の塩竈でしょうか。




 さて、待ちに待ちました開宴です。これは豪華な酒肴ですね。^^
kamei8.jpg
 ひがしものの他にも沢山のご馳走です。これらに一人当たり五合の秋の酒が呑めて4,000円はお値打ちですよ。




 これらは松野鮮魚店さんの仕出しだそうです。
kamei9.jpg
 食べ切れるでしょうか。ボリュームあり過ぎです。^^




 それにしても天下のひがしものが発泡トレー。。。
kamei10.jpg
 牛で言えばA5クラスの目鉢ですよ。これではスーパーの解凍マグロだなぁ。(^_^;)  でも、美味かったなぁ。さすが、ひがしもの、選び抜かれた最高の生マグロでした。




 季節のはらこ飯も付いています。
kamei11.jpg
 さすが松野さんです。。。しっかりフォロー。^^



 
 赤魚の煮付けも日本酒には合いますよね。
kamei12.jpg
 かつては塩竈にも北転船がスケトウやこのような赤魚類を水揚げしたのでしょうね。それを材料に水産加工業も栄えました。



 
 この穴子の蒲焼が美味かった。
kamei13.jpg
 ひがしものが主役なのにこんな美味しいものを出しては駄目ですよ。^^




 本日のもう一つの主役。塩竈の秋の酒です。
kamei14.jpg
 魚の町塩竈で愛されてきた地酒です。魚に合わない訳がありません。




 阿部勘さんの専務自らお酌をして下さいます。
kamei15.jpg
kamei16.jpg
 この純米大吟醸の原酒が素晴らしかったです。




 佐浦さんも秘蔵の山廃純米大吟醸ひらのを出してきました。山田錦を40%までに精米した品格のある吟香が見事。
kamei17.jpg
 冨谷課長が席を回って解説して下さいます。時間と高度な技術が要求される山卸廃止酛での醸造は芸術にも近いものがあります。




 
 実に充実したひがしものと秋の地酒を楽しむ会でした。このような酒肴に恵まれた塩竈はもっと全国的に知れ渡るべきなのですが、なにかPRが弱いように思えます。平安時代の都人が憧れた塩竈です。京都でもっと宣伝しても良さそうですね。私たちは味覚と美的センスが抜群のイタリア人塩竈の虜にしてしまおうと画策しております。^^



2015/11/26(木) 05:00 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2015/11/27(金) 12:24:12

本マグロよりメバチが好きです。ひがしものは確かにおいしいですが、魚でも米でも、ブランド至上主義的な考えやブランド管理の方法に?を感じるときもあります。ひがしものには?の部類に入ってほしくはありません。
ひがしものの名前で儲けようとせず、その価値を守り高めるように努めてほしいと切に願います。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2015/11/28(土) 10:29:44

ぺこりんさん

同じトロでもバチトロの方が脂がきめ細やかですね。ひがしものは業界用語で古くからあるものを一般にも広めたものです。
中にはブランド化事業に乗っかって、作り出された何ちゃっても かなり見られます。地元に根付いていないものはやがては廃れるでしょう。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/751-d67d49d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。