【山形県天童市】山形特産春の浅葱(あさつき)を料理する

カテゴリー: 料理:野菜・果物

asatuki1
  これがアサツキ(浅葱)と言っても宮城県民にはにわかに信じがたいですね。普通、アサツキというとスラッとした緑の小葱を思い浮かべます。ところが、これが山形、特に庄内地方で言うアサツキなのです。以前、呑み友であり、庄内出身のanegoさんが、この変わったアサツキを紹介していました。その記憶がありましたので、先日、山形県天童市道の駅に立ち寄った時、ああこれか!と思わず買って来た次第です。今回はこれを色々料理して楽しんでみましょう。


 

 

 


 

 天童市の国道13号にある道の駅は愛称でわくわくランドと呼ばれています。温泉もあり物産販売所や書店もあって半日は過ごせそうです。
asatuki2.jpg
 
この日は山形市の息子の引っ越しを手伝った帰り道。温泉に浸かっている時間がなかったので、サンピュアでお土産物だけを探してみます。

 

 

 


 

 生産者直売の農産物を始め、果物の加工品、地酒まで取り揃えてありますよ。
asatuki3.jpg
 
売り場の端には蕎麦や定食が食べられるコーナーもありました。 

 

 

 

 

 フルーツ王国山形を代表する果物はさくらんぼラ・フラン。家族におしどりのミルクケーキ、ラ・フランスバージョンとラ・フランスのソースを購入。
asatuki4.jpg
 
私には六歌仙のにごり酒を仕入れました。訪韓以来、マッコルリのようなにごり酒に惹かれるようになりました。^^

 

 

 


 

 そして、初めて出会った山形の春のアサツキです。ワンパック198円でしたが、思わず3パックも買ってしまいました。
asatuki15
 
家族で色々な料理を楽しむにはこれくらいは必要なのですが、細君からは案の定、また、そんなに買って来てぇ、、、の労いの言葉を頂きました。

 

 

 

 


 じっくり眺めてみますと、どれも根が曲がっています。雪の下で圧迫されて育ったからでしょうか。
asatuki6.jpg
 
実は庄内の春アサツキは、芽が出始める年明け頃から畑より掘り出され、トレーに並べてハウスの中で1週間ほどさらに芽を伸ばさせます。従いまして、太陽の方向に芽が伸びようとして、このような形になります。その後、ひげ根を取り除き、良く洗って出荷されます。切らなくてもよい長さなので、そのまま料理に使えて便利ですね。

 
 極寒期の青菜が不足する時期に少しでも緑の物をと考えた結果、産み出されたものなんでしょうね。こういう思い付きを農産として普及させ、季節の旬味として定着させた山形県民に敬意を表します。

 

 

 

 

 

 

 まずは、そのままさっと湯がいて、ダシ醤油で頂きます。
asatuki9.jpg
 
緑の葉の部分と白い球根が同時に味わえます。葉の部分がしゃきしゃきとよい歯触りで、球根からねっとりとした甘さが広がります。でも、やはり葱の仲間ですね。後からピリッとした刺激も伝わってきます。

 

 

 

 

 
 続いて、定番の酢味噌和えでは、当たり前なので韓国風に酢コチュジャン(チャジャン)和えを作ります。
asatuki10
 
韓国から持ち帰ってきたコチュジャンを酢で延ばし、甘めの白みそと辛さをマイルドにするためにマヨネーズを少々加えます。

 

 

 

 

 こんな感じになります。コチュジャンの赤味が華やかで春らしい酢味噌和えとなりました。
asatuki11
 
芥子酢味噌和えのように適度な辛みも加わった和え衣がアサツキのワイルドな味わいとよく合います。

 

 

 

 


 こちらは、中華風にエビとキクラゲと卵の炒め合わせです。
asatuki12
 
これも春らしく華やいだ色合いを意識して作ってみました。エビから旨味が出ますので、味付けは塩だけで十分です。卵は最初に粗めのスクランブルにし、取り出しておいて出来上がり際に戻します。

 

 

 

 

 今宵は山形のアサツキで天童の六歌仙にごり酒を煽ります。
asatuki13
 
それぞれ、異なる味付けですが、どれもアサツキの旨味と歯触りを楽しめます。

 

 

 

 


 次の日の朝は、残しておいたアサツキで味噌汁を作りました。これもいいもんですね。アサツキの甘味が味噌とよく合います。
asatuki14
 
煮干しでしっかりダシを取って味噌を溶き、沸騰寸前にアサツキを加えて、再び沸騰したら火を止めます。

 

 

 

 


 たまたま、立ち寄った天童道の駅で見つけた山形式のアサツキanegoさんの情報がなかったら、たぶんエシャロットかなんかだろうと通り過ぎていたでしょう。隣の県である山形ですが、まだまだ知らない食材があるものですね。このアサツキは庄内周辺が主産地のようですが、山形県で広く食べられているようですね。プロでもないのに、こういう地元に根付いた食材に巡り会えると無上の喜びを感じるのは私だけでしょうか。^^

  

 

 


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/04/03(土) 05:00 | trackback(0) | comment(5)
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2010/04/03(土) 11:39:47

私もanegoの影響で先日庄内おばこの里こまぎで買ってきました。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-192.html
こっち側のワケギとエシャロットの中間位の風味ですね。
朝飯の納豆に生で入れるにはちょっとキツイかも。
でも美味いですよね。

anego

URL | [ 編集 ] 2010/04/03(土) 11:41:03

この1パック198円は高いゾ・・と思いましたらば、
根の部分がキレイにお掃除してある。納得しました。

コチュジャン入りの和え物は、いいですね!
山菜+マヨはよく使う手でしたが、辛みを加えるのもおいしそう。
こんど試してみたいです。

意外だったのは、みそ汁。
言われてみれば、ネギ系なので使って当たり前なのに
地元(実家)では全く汁物には使ってませんでした。なぜだろう?

壽丸さんの記事にもある通り、「ひろこ」「ひろっこ」とも呼びます。
語源も気になるところです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/03(土) 17:10:34

  >風写さん

 確かにそのまま食べると辛いですね。エシャロット気分での
生食は覚悟が要ります。でも、加熱すると、タマネギのように
甘味が感じられるようになって美味しいですね。

 辛味の硫化物は生でも加熱しても効能は同じなので我慢して
生で食べなくても良いようですよ。味噌汁だといっぱい食べられるし。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/03(土) 17:12:59

 >anegoさん

 お陰様で巡り会えました。根曲がりあさつき。^^
掃除してあるものは、さっと洗ってすぐに使えて便利でした。
また、ちょうど良い長さで包丁要らず、優れた食材です。
 味噌汁の具にしないのは、あさつきを大切にしている
からではないでしょうか。主役にして旬を味わいたいのでは。

 ひろこ、ひろっこの語源は、蒜(ひる)から来ていますね。
万葉の時代から、野生の葱をひると呼んでおり、それが
みちのくで愛称の「っこ」が付き、る→ろに変化したものと
推定しています。宮城の野蒜には昔、野生の葱が沢山生えて
いたのでしょうね。現在のノビルかも知れません。

anego

URL | [ 編集 ] 2010/04/04(日) 07:32:29

ひろこは蒜から・・!ナルホドです。さすがサエモンさん。尊敬♪











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/75-e6862397