(9) 伝統的マッコリ居酒屋

カテゴリー: 未分類

makoruri1.jpg
  前記事に引き続き、慶尚南道の晋州市からのレポートです。慶尚大学のJ先生と仕事の後に一杯やろうということになり、何が飲みたいと訪ねられたので、マッコリ(マッコルリ)と即答しました。日本では女性にも人気のマッコルリですが、韓国ではあまりメジャーではないようです。韓国で普通に飲まれているのは焼酎(ソジュ)やビール(メクチュ)だそうです。それでも、晋州には伝統的なマッコルリ専門店があるそうで、案内して頂きました。


 

 

 

 


 そのお店は晋州市国分町のようなメインストリートから少し入った薄暗い通りにありました。
makoruri2.jpg makoruri3.jpg

 なんだか、病院か理髪店のようなエントランスなんですが、マッコルリを飲ませる居酒屋なんだそうです。

 

 


 

 

 

 店内も不思議な装飾で、日本の海の家のような東南アジアの大衆食堂のような空間です。
makoruri4.jpg
 
やり手のオモニが店を仕切っており、てきぱきとオーダーをこなしていきます。

 

 


 

 

 

  お酒はマッコルリの他にもあるそうですが、今宵はマッコルリで通します。
makoruri5.jpg
 
ハングルですが、左端の민족주民族酒という意味でマッコルリなどの伝統酒のことだそうです。

 

 

 

 


  当然ながら、居酒屋さんでもお酒をオーダーしますと、料理(パンチャン)は勝手にどんどん出てきます。
makoruri6.jpg
 
キムチやナムルはパンチャンの必須アイテムで今まで登場しなかったお店はありません。日本の沢庵や白菜漬けでもここまでは登場しませんね。

 

 

 

 


 マッコルリはこのような鉢で供されます。1升は軽く入っているようです。これでたったの6000W(480円)。
makoruri1.jpg
 もうお気付きですか。白濁していませんね。こちらのお店ではマッコルリ上澄液を飲ませてくれるのです。早い話がどぶに対して清酒なのですが、絞ったのではなく上澄みなのです。それでも完全に澄み切ったわけではなく、霞がありますね。色も少し黄ばんでいます。

 本来、マッコルリマッ(粗く)+コルリ(絞る)という意味ですから、上澄みマッコルリには入らないのでしょう。このお店では民族酒と掲げてありますので正しい標示してますね。

 

 

 

 

 


 このように柄杓(ひしゃく)と言いますか、お玉と言いますか、大きなレンゲのような匙で茶碗のような盃にすくい分けます。この大匙、かつては瓢箪(ひょうたん)を縦に割ったものだったようです。
makoruri7.jpg
 
なんとも大胆な光景です。度数の違いはあれ、日本のお猪口と徳利がままごとのように見えてしまいます。肝心のお味ですが、市販のマッコルリより雑味匂いも強く、味噌で言えば、農家で作った田舎味噌のような感じです。上澄みにも係わらず、上品さに欠ける垢抜けない味なのですが、それが不思議と好感触なのです。

 

 マッコルリはせいぜい高くてもアルコール度数が8%程度なので、すいすい飲めてしまいますが、大量に飲むと当然ながら後でまとめて酔いが襲ってきます。こちらのお店のマッコルリは開放的に作っていますのでガスが抜けていますが、ボトルや缶に詰められた物は微炭酸になっていて、これまた、飲み口が良いのです。

 

 


 

 

 

 

 酒の肴もどんどんエスカレートしてきます。オカラの入ったチゲのようなコンビジや具沢山のチヂミが出てきました。
makoruri8.jpg makoruri9.jpg
 いくら何でも無料ではなく、きっと酒代に含まれているのでしょうね。これが韓国のスタイルなのですが、何度経験してもやはり途中で不安になります。コンビジは豆腐を作っているお店ではよく出てきます。この店ではきっとスンドゥブ(おぼろ豆腐)も美味しかったのでしょうね。

 

 


 

 

 


 これこれ、思い出しても辛さが口を襲います。焼いた干し鱈唐辛子だくの餡をかけたような料理ですが、辛いのなんのって酔いが覚めましたよ。^^
makoruri10.jpg makoruri11.jpg
 
目の前でオモニが鱈をハサミで切って骨を抜いてから、よく混ぜてくれます。この料理、ミョンテチンというらしいです。

 

 

 

 


 


 こちらも激しく唐辛子していますが、生エイの和え物でカオリチンという料理です。
makoruri12.jpg
 
韓国ではエイがよく食べられます。このカオリと呼ばれるアカエイだけでなく、日本の北海道や東北でも食べているガンギエイの仲間(ホン)も市場にたくさん並んでいました。この後、ソウルでこのホン壮絶な料理に出会うとは、この時は全く知るよしもありませんでした。^^

 

 

  

 

 

 

 日本ではマッコルリというと、どぶろくのような白濁した物という認識でしたが、このお店のような上澄みを飲ませるお店もあることを今回の訪韓で初めて知りました。結局、マッコルリの鉢を数回お代わりし、料理も7~8品出されても、一人当たり1000円くらいだったように記憶しています。驚きの安さですね。それにコンビニやスーパーにもペットボトル入りや缶入りのマッコルリも売られており、それがお茶より安かったりするのです。いやいや、韓国は飲兵衛にとって天国ですよ。^^

 

 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。 
2009/03/09(月) 05:00 | trackback(0) | comment(8)
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2010/04/01(木) 18:46:21

サエモンさんこんばんは。
韓国レポート、毎回楽しく読んでいます。

マッコルリの上澄みだけ飲ませてくれるなんて贅沢ですね。
日本の濁酒も「まずは上澄みの美味しいとこからっと…」
という感じで最初に飲むこともあります。その後濁らせて飲みますけど。
ちなみにこのお店では沈殿のほうのはどうなってしまうのでしょうね?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/01(木) 21:46:13

  ちょろりさん おばんです。

 毎度、ご閲覧&コメントありがとうございます。
韓国レポート。。。書きながらも短い間によく食べたものだと
驚いています。^^

 マッコルリは元来、清酒を絞ったあとの粕に水を加え、二番
発酵させた物のようですね。現在ではちゃんと最初からマッコルリ
として醸造するようですが。

 マッコルリの沈殿物。。。こちらのお店では絶対無駄にして
いないと確信できます。韓国の方の食べ物を無駄にしない姿勢は
高度成長期以前の日本人と同じです。次の仕込みに混ぜ込むか、
きっとチゲや漬け物に有効利用するのでしょうね。

風写

URL | [ 編集 ] 2010/04/02(金) 06:08:10

私も韓国料理にはマッコリですね。
軽いのであまり残らないし。

仙台のお店でもだいたい柄杓スタイルで出てきます。
でも裏を覗くと紙パックからついでるんですけどね。

韓国では自家醸造も許されているのでしょうか?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/02(金) 06:31:55

  風写さん おはようございます。

 仙台でもこのようなデカ鉢と柄杓で供されるのですか。
焼き肉屋で何回か飲んだことありましたが、ボトルでした。
あまり高級な焼き肉屋に行ったことがないので・・・。^^

 韓国における自家醸造ですが、私も気になって先生に
伺ったのですが、ニヤニヤ笑って、いい加減なんですと
言ってましたから、許可制か申告制なんじゃないでしょうか。
イタリアのハウスワインのように従量制の課税でも数量は
いい加減なのと同じなのかな。

風写

URL | [ 編集 ] 2010/04/02(金) 08:37:24

例えばこの記事を見てみて下さい
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=2040403
ハンミラという店ですが、もうなくなったそうです。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=1277413

あと韓国伝統料理 亮 でも柄杓だったと思います。
四合ぐらいですけどね。

近所の七輪炭火焼肉専門店 大韓民国もそうでした。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=1583311

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/04/02(金) 21:41:40

  >風写さん

 本当だ。仙台でもマッコリを鉢+柄杓で出す店は
結構あるのですね。ハンミラッさんは行ってみたかったですね。
韓国の方の経営らしく本格的です。惜しかったです。

 大韓民国さんの記事には、ちゃっかり私もコメントしていました。
それなのにマッコルリのことを忘れていたのは、当時はまだ、韓国行きの
プランもなかったからでしょう。

 今度、本格的な韓国料理店でマッコルリがっつりやりませんか。^^

風写

URL | [ 編集 ] 2010/05/07(金) 06:15:47

韓味楽に連れてってくれたF沢さんに、同じような家庭的韓国料理店の現在のベストチョイスを聞いてみたら、「扶餘」だそうです。

ぱんださんのブログに出ている店ですね。
今度行ってみましょうか。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/05/07(金) 06:24:33

 >風写さん

 了解です。扶餘はもと百済というお店だったのですね。
ビビムネンミョンが美味しそうですね。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/74-f53b4ad6