スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

山形の肉そばが食べたくなって

カテゴリー: 料理:麺類

teutinikusoba1.jpg
 このところ、色白の細打ち蕎麦を目指して練習してきましたが、その対極にある田舎蕎麦を打ってみたくなりました。田舎蕎麦と言えば、山形の板そばが有名なんですが、私は肉そば、すなわち冷たい鶏そばが大好きです。発祥地とされる山形県河北町でも老舗を回ってその真髄に迫ろうとしました(肉そば発祥の地をたずねて関連記事)。その結果、いくつかの法則性も発見できました。

 それはさて置き、製粉会社から田舎蕎麦粉が届きましたので、早速打ってみましょう。




 蕎麦打ちの前に蕎麦と共に大切な具材とつゆを調製します。
teutinikusoba1-2.jpg teutinikusoba1-3.jpg

 具となる煮鶏ですが、本場では噛み締めるほどに味が湧き出る老鶏を使っていますが、残念ながら手に入りません。そこで、通常の鶏もも肉を自家製蕎麦つゆで煮込み、味の染みた肉をキッチンペーパーで包んでから軽く重石をして冷蔵庫で一晩寝かせておきました。こうすると、肉が締まり、なんとなく本場と似てきます。煮汁は蕎麦つゆとだし汁に合わせて冷やしておきます。




 さて、蕎麦粉ですが、左が田舎蕎麦粉。いつもの常陸秋そばの二番粉と比べるとココアのように見えますね。
teutinikusoba2.jpg 
teutinikusoba3.jpg

 この田舎蕎麦粉、玄そばを殻ごと挽いた挽きぐるみでその破片が黒い微細粒となって混ざっています。ソバの実は外皮に近い部分ほど色は濃くなりますが、風味は強くなります。




 では、田舎蕎麦を打っていきますが、先週、打った常陸秋そばと比較してみましょう。
teutinikusoba4.jpg gobotenspba5.jpg

 練った生地の色は粉の時と同じく差が歴然ですが、ホシがさらに目立ってきます。こねる時の香りも強く感じます。




 切りは田舎蕎麦なのでいつもより太めしています。切る時にホシが刃にカチカチと当たります。
teutinikusoba6.jpg gobotenspba6.jpg

 噛み締めて食べる蕎麦であり、喉越しを楽しむ江戸風細打ちとは異なります。




 茹で上がった蕎麦もまるで別物。とても同じ蕎麦とは思えません。
teutinikusoba8.jpg kamojiru13-1.jpg

  そうなんですよ。蕎麦はイタリアのパスタくらいに多様性があるのです。粉の配合や打ち方を変えれば、無限の広がりがあります。ですから、どちらが美味いとか論じること自体が無益なんですね。私は色白な江戸風細打ちもごつい田舎もどちらも大好きなのです。で食べる蕎麦も佳し、で食べる蕎麦も好しと言ったところでしょうか。^^




 さて、冷たいつゆを張って、煮鶏と長葱、異例ですがさっと湯がいたも乗せてみました。
teutinikusoba9.jpg

 これの薬味は一味唐辛子が定番ですが、七味の香りで試しています。煮鶏もよく締まって本場に近くなってます。もっと脱水した方がそれらしくなるかも知れません。




 う~ん、やはり山形の肉そばはいいなぁ。酒が欲しくなります。^^
teutinikusoba10.jpg

 よく噛み締めると蕎麦の香りが鼻腔に広がります。顎は疲れますが、色白細打ちではここまでの風味を楽しめません。




 風邪気味の妻には温かい肉そば田舎蕎麦はそう簡単には伸びないので慌てて作る必要はありません。
teutinikusoba11.jpg

 冷たい肉そば同様、一旦冷水で締めた蕎麦を再度湯掻いてから温めたつゆに放します。冷たい肉そばとは別物になりますが、これはこれで美味しく、伸びにくいので食べる方も落ち着いて頂けます。^^




 初めて挽きぐるみ田舎蕎麦を打ってみましたが、切りの時のカチカチ感に最初、ビックリしました。茹で時間もよくわからないまま1分ちょいで引き揚げてみましたが、ドンピシャでした。太さも太さなのでかなり融通が利く感じです。江戸前の蕎麦と違って、田舎蕎麦は農家に伝わる郷土料理でもあるわけですから蕎麦打ちにも高度な技術は必要がないようです。このごつい田舎蕎麦には鶏のダシがガッツリ利いた山形肉そばは最高の組合せと言うことが出来ますね。

 今回、温かい肉そばも試してみましたが、やはり肉そばの醍醐味はですね。そばのコシが食べ終わるまでしっかり維持されます。これでコップ酒もヨサゲです。(^o^)

2015/02/18(水) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

ぜっきー

URL | [ 編集 ] 2015/02/18(水) 10:51:48

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。さて老鶏ですが、ウジエスーパー(当方は中山店)にて親鳥という表示で脂身の黄色い、味の濃い鶏肉を売っており入手しましたので参考まで・・。

サエモン@気仙沼

URL | [ 編集 ] 2015/02/18(水) 20:54:27

 >ぜっきーさん

 いつもご閲覧ありがとうございます。
 そうですか。ウジエーさんで親鳥が買えるのなら助かります。
出来れば、丸で欲しいのですね。
ところで、その肉は加熱調理した後、通常に食べるには
硬すぎる位の食感がありましたでしょうか?

ぜっきー

URL | [ 編集 ] 2015/02/19(木) 09:03:49

自分はスープ用に3時間ほど煮込んで食しましたが、結構食感は残っておりました。ただ、味はほぼ抜けておりましたが・・。肉蕎麦の場合はそこまでは煮込まないで使用するのでしょうね。余談ですが、地元の食材に興味がありネットサーフィン中にサエモンさんのブログを見つけたのですが、先日共通の知人がいることが判明いたしました(笑)

サエモン@気仙沼

URL | [ 編集 ] 2015/02/19(木) 20:14:08

 >ぜっきーさん

 ありがとうございます。
3時間煮込んで噛み応えがあるのなら、肉そばの具に
ピッタリです。今度、近所のウジエーさんを探します。

 さて、共通の友達と言いますと、釣り関係か、呑み関係か。。。
どちらも大切なお付き合いさせて頂いております。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/706-903b0fc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。