【美里町】牡蠣をメインに料理教室

カテゴリー: 料理:甲殻・軟体・ほや

aoukaki1.jpg
 15cmサイズの見事な牡蠣です。気仙沼市唐桑町の牡蠣作り名人、畠山政則さんが育てた2年物の牡蠣です。本日はこの牡蠣を使った三陸海の幸勉強会+料理教室の日です。美里町の青生地区での開催は2回目ですが、昨年の夏に実施した時に冬になったら是非、牡蠣でやって下さいと頼まれておりました。

 


 生憎この日は大雪で時折、ブリザードのようになりました。国道は除雪されてあるのですが、農道に入るとどこが道かよくわかりません
aoukaki2.jpg
 軽自動車が路肩の雪山に突っ込んでいました。会場となる青生地区コミュニティーセンターはまだ先です。

 


 やっと着きました。いつも感心するのですが、事務局の鈴木さんが綺麗な次第を作ってくれるのです。
aoukaki3.jpg 
aoukaki4.jpg
 いつものように水産業の復興状況報告と本日使う水産物の解説をプレゼンテーションさせて頂きます。

 


 引き続いて調理実習です。
aoukaki5.jpg
 本日のお献立は次の通りです。作り方は文末に記載してあります。


  汁 物  藻塩を使った塩竈汁
  小 鉢  若布のピリ辛炒め
  焼き物  牡蠣のクリーム焼き(グラタン)
  御 飯  牡蠣ご飯



 最初に
塩竈汁です。近年、創作された塩竈のイメージの潮汁です。
aoukaki6.jpg aoukaki7.jpg 
aoukaki8.jpg aoukaki10.jpg
 味付けには塩竈の藻塩を使っています。サンマのつみれも入りますが、鱈、豆腐、長葱などを基調にした食材を使います。





 気仙沼市本吉町蔵内のワカメを使ったピリ辛炒めです。
aoukaki10-1.jpg DSCF6520.jpg
 よく煎って水分を飛ばせば、日持ちのするお総菜となります。辛さはお好みで。




 本日の主菜である牡蠣のクリーム焼きです。
aoukaki11.jpg aoukaki12.jpg 
aoukaki13.jpg aoukaki14.jpg
 殻付き牡蠣は良く洗って鍋に重ね入れて、日本酒を注いで強火で蒸し上げます。その間にベシャメルソースを作り、ハーフシェルにした牡蠣に乗せて、オーブンで表面に焼き色を付けます。




 こちらは牡蠣ご飯を作っています。
aoukaki15.jpg aoukaki16.jpg 
aoukaki17.jpg aoukaki18.jpg
 剥きガキは塩水で良く洗って水を切り、調味液でぷっくらするまで炊いておきます。煮汁を漉して水で薄め、これでご飯を炊きます。炊き上がってから、牡蠣をご飯に混ぜるのがポイントです。 




 さあ、お楽しみの試食です。
aoukaki19.jpg 
aoukaki20.jpg
 今日は牡蠣も大きいので食べ応えもありますよ。

 


 塩竈汁は塩だけで調味した潮汁ですが、サンマや鱈からもよいダシが出ています。 aoukaki21.jpg
 これでうどんを食べたら、さぞ、美味いことでしょう。^^

 


 本吉のワカメは歯触りがしっかりしています。
aoukaki22.jpg
 蓮根や人参との食感の対比も面白いです。七味唐辛子の香りと辛さがよいアクセントになってます。

 


 牡蠣のクリーム焼き香ばしさが堪りません。
aoukaki23.jpg
 ベシャメルソースには牡蠣を蒸した時に出たエキスも加えています。

 


 牡蠣ご飯もふっくら炊けています。
aoukaki24.jpg
 濃厚な牡蠣の味がご飯の一粒一粒に染みています。^^





 これは番外。蒸し牡蠣から出たエキスを漉して薄め、かき玉汁にしました。
aoukaki24-1.jpg
 素晴らしいダシが出ています。無駄なく利用して唐桑の牡蠣を堪能しました。

 


 ビックリしたことに郷土料理の研究家である中村みき子さんが参加されていました。
aoukaki25.jpg
 中村さん達が組織する「みやぎの食を伝える会」は河北新報出版センターから「ごっつぉうさん」という宮城の郷土料理を編纂した本を出版しています。実は中村さんとは大震災の2日前に食育ボランティアの方々を対象とした講演会でお会いしています。そうです。昼前に大きな余震があった日です。あれから、実に多くのことがありました。中村さんは美里町にお住まいだったのです。そして、「ごっつぉうさん」と「ごっつぉうさんⅡ」を頂きました。ありがとうございました。勉強させて頂きます。 





 宮城の牡蠣養殖はまだまだ復興途上ですが、風評被害による価格の低迷や松島湾では高水温によるへい死など復興を遅らせる出来事が続いています。ノロウイルスの問題も厄介で、県や漁協では毎週、各水域の牡蠣を検査し、陽性反応が出れば生食用出荷を止めています。これらの情報も全て漁協のHPで公開しています。ですが、このことが返って逆効果にもなっているような気がします。

 検査には多額の費用が掛かりますが、それでも漁協が生食用牡蠣の出荷を続けるのは、全てを加熱調理用とした場合、ノロウイルスが含まれた牡蠣でも消費者に提供できることになり、加熱不十分な牡蠣フライや牡蠣鍋を食べた場合には現在以上の被害が出る危険性があるからです。


 厚生労働省の統計によりますと、昨年(2013年)の食中毒事件は931件起きており、そのうちノロウイルスによるものが328件で35.2%、うち原因が牡蠣もしくは牡蠣と推定されるものは23件でノロによる食中毒の7%、食中毒事件全体の2.5%に過ぎません。しかも、汚染された食品の喫食による感染以外にも粉塵に混じったノロを吸い込むことでも感染することもあるので、牡蠣だけを目の敵にするのは過剰反応のように思えてなりません。



 冬のお献立 作り方(4人分)


◆ 藻塩を使った塩竈汁  

 材 料
        マダラ切り身・・・・2切れ
        冷凍サンマ・・・・・2尾
        豆腐・・・・・・・・半丁
        長葱・・・・・・・・1本半
        生姜・・・・・・・・一欠片
        溶き卵・・・・・・・半個分
        藻塩(大さじ1)、味噌(大さじ1)、片栗粉(大さじ半分)、ダシ昆布、ダシパック、日本酒(大さじ2)、七味唐辛子、乾燥フノリ、柚子皮
 (作り方)
     【サンマのすり身を作る】
①  長葱半本は微塵切り、生姜は擂りおろしておく。
②  サンマは3枚におろし、肋骨を剥き採り、皮を剥ぐ。
③ ②を包丁で粘りが出るまで叩き、①と味噌、溶き卵、片栗粉を加え、よく練り合わせる。
【汁を作る】
① 水1リットルにダシ昆布とダシパックを入れて沸かす。
② 昆布とダシパックを取り出し、藻塩と酒を入れて味を調整する。
③ サンマのすり身を濡らしたスプーンですくって入れる。
④ 一口大に切ったタラと豆腐を入れて、再度、味の調整をする。
⑤ 最後に斜め切りの長葱を放して火を止める。
⑥ 戻したフノリを乗せ、七味唐辛子をかけて頂く。好みで吸い口に柚子皮を盛る。


◆ ワカメのピリ辛炒め

 材 料
        塩蔵ワカメ・・・・40g
        蓮根・・・・・・・6cm
        人参・・・・・・・6cm
        胡麻油・・・・・・大さじ1
        麺つゆ・・・・・・大さじ1
        七味唐辛子、煎り白胡麻、醤油少々
 (作り方)
①  塩蔵ワカメは水で戻して水気を切り、3cmに切っておく。
②  蓮根と人参は厚さ2mmの銀杏切りにしておく。
③  熱したフライパンで、最初、蓮根と人参を炒め、しんなりしたらワカメを加えてさらに炒める。
④  麺つゆを軽く回し掛け、炒りつける。味が薄い時は醤油を足す。
⑤  一味唐辛子を振りかけ好みの辛さに仕上げる。
⑥  小鉢に盛って、煎り胡麻を振る。


◆ 牡蠣のクリーム焼き

 材 料
       殻付き牡蠣・・・・・・・・・8個
       薄力粉・・・・・・・・・大さじ3
       バター・・・・・・・・・大さじ2
       牛乳・・・・・・・・・300ml
       白味噌・・・・・・・・・大さじ1
       柚子(小)・・・・・・・・・1個
       ホウレンソウ・・・・・・・・半束
       塩、粉チーズ、日本酒少々      
(作り方)
①  殻付きはよく洗って鍋で酒とともに殻に隙間が開くまで蓋をして蒸す。
②  隙間からバターナイフを入れて上の蓋(平らな方)を外しておく。煮汁は漉 
しておく。
③  ホウレンソウは茹でて水気を絞って小口に切り、柚子皮は擂り下ろしておく。
④  鍋にバターを溶かし、粉を炒め、冷ましてから牛乳を加えて弱火で攪拌する。
⑤  粘りが出たら、②の煮汁を加えてポッタリする位の硬さにまとめる。
⑥  ⑤に味噌と柚子皮で味と香りを付け、③のホウレンソウを加える。
⑦  ②の牡蠣に⑥を乗せて、粉チーズを振り、200℃に予熱したオーブンで焦げ目が付くまで焼き上げる。(殻が落ち着かない時はアルミ箔を丸めて敷く)


◆ 牡蠣ご飯 

 材 料
       米・・・・・・・・・・・2合     
       剥きカキ・・・・・・・16個
        ダシ昆布・・・・・・名刺大1枚
       千切り生姜・・・・・・大さじ1
       三つ葉・・・・・・・・・半束分
       千切り海苔・・・・・・・・1枚分
       醤油・味醂・日本酒各大さじ2 
(作り方)
①  米をよく研ぎ、ザルに上げておく。
②  牡蠣のむき身は塩水で洗い、水で倍に薄めた調味料で煮ておく。
③  ①の米を水で薄めた②の煮汁とダシ昆布、千切り生姜で炊き上げる。
④  飯が炊き上がったら、②の牡蠣をさっと混ぜて蒸らす。
⑤   茶碗に盛り付け、千切り海苔と三つ葉を散らす。

2014/02/24(月) 05:00 | trackback(0) | comment(6)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2014/02/24(月) 12:43:55

たしかこの本に「ソゾミのがっくり漬」って載ってませんでしたか?
すごくきれいで一瞬で心を奪われたのですが、未食です。。。
柚みそ風味のベシャメル、気になります・・・!

midori

URL | [ 編集 ] 2014/02/24(月) 13:39:52

サエモンさん、私も宮城の食を伝える会の会員です。
今は育休中ですが、みきこさん♥お元気で素敵な方ですよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2014/02/24(月) 22:04:40

 >ぺこりんさん

 今、確認したのですが、その料理見当たりません。
でも、それって美味しさをすぐにイ
メージできますね。そぞみ(ガマズミ)の透明感のある色と香りが大好きです。

 柚子味噌ベシャメル、、、最高ですよ。^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2014/02/24(月) 22:05:49

>midoriさん

 な、な、なんと。。。中村さんのご門下でしたか。
中村さんとは大震災前から時々、お話をさせて頂いていたのですが、大震災で疎遠になりました。まさか、自分の料理教室に参加されて頂けるとは夢にも思っていなかったのでビックリ仰天。教室のあと、ご自宅に上がり込み長時間、料理談義を致しました。

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2014/02/25(火) 12:34:48

サエモンさん
すみません、別な本でしたね。
食べてみたいのですが、いろいろと昔と違ってソゾミがなかなか手に入らないので作れないんです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2014/02/26(水) 07:54:40

 >ぺこりんさん
 ガマズミは秋に低山を歩き回って実を集めるしかないですね。
以前、これの果実酒をよく作ってましたが、取ってきてからの
掃除が大変で根気のいる仕事ですね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/619-d3ec5077