今年初のハゼ天うまし!!

カテゴリー: 料理:釣り魚

haze13-1.jpg
 8月下旬の事ですが、東京でSEをやっているが久々に帰郷しまして、突然、釣りに連れて行けとのリクエスト。中学2年生の頃まではありとあらゆる釣りを仕込んできたのですが、それ以降はさすがに親父と遊ぶのは気恥ずかしいらしくピタッと釣りにも行かなくなりました。でも、それで良いのです。もう体に染み込んだ太公望魂は一生抜けませんから。。。^^ また、糸を垂らしたくなるものと確信していました。案の定、来ましたね。^^




 8月も中旬を過ぎれば何とか天ぷらになるハゼが釣れるので、さっそく、ハゼ釣りに連れて行きました。でも、前半戦、食いが渋く、2時間でこれだけ。。。
haze13-2.jpg

 松島湾のハゼは東京湾以南と違って、大部分が満2歳まで生きて産卵します。水温が低く、満1歳では産卵できる大きさに成長する個体はごく僅かしかなく、冬を越して、さらに成長し2年目の冬に産卵期を迎えます。これらは全て昨年生まれの1年魚。間もなく、人差し指ほどの当歳魚が五月蠅くなります。




 渋調だったハゼも潮が満ち始めと途端に食いが良くなり、パタパタと数が伸びました。
haze13-3.jpg

 初物のハゼです。一人5尾もあれば十分なのですが、20尾ほどになりました。イシモチが1尾混じってます。





 サイズは大体15cm前後、天ぷらにはまだ少し小型です。
haze13-4.jpg 
 
でも、1年ぶりのハゼ天ですので、小さくても1尾1尾大切に捌いて天ぷらにしましょう。美味しく食べて殺めた命を弔うのが私流。




 15cm以下の小型ハゼは背開きにするのが大変です。その場合、このような松葉におろします。
haze13-5.jpg

 江戸前の天ぷらネタで有名なメゴチはこのようなおろし方をして揚げています。 片身を開いたあと、もう肩身の骨外しが楽になります。




 左は背開き。右が松葉おろし
haze13-6.jpg

 もちろん、松葉型に揚がっても味には変わりはありません。^^




 一年ぶりのハゼ天です。緑色の巻物は外道のイシモチの紫蘇巻き揚げです。
haze13-7.jpg

 も大喜び、子供の頃に毎年食べてきた味ですからね。東京ではこちらで食べていたような新鮮な魚食べられず、苦労しているようです。それはそうですよね。釣り立ての魚で育ててきたのですから。。。^^




 おまけですが、この夏はまっているズッキーニの辛子漬けです。
haze13-8.jpg

 半月切りにしたズッキーニに塩をして下漬けします。その後、薄めた麺つゆに練り芥子を混ぜたもので本漬けします。キュウリとは異なる独特の食感が夏の肴やご飯に最適です。



 
 ハゼ釣りはこれからが本番です。さらに成長も続け、今月は20cm級も混じるようになってきます。20cmを超えると3尾もあれば、天丼が出来るようになります。さらに11月頃になりますと深場に落ちますが、25cm級ジャンボハゼも釣れ、これは刺身にすることも出来ます。ハゼ釣りと言いますと、初心者でも楽しめる簡単な釣りのように思われていますが、それは発生の多い年や食い気のある群れに遭遇した時のことで、今年のような年は10尾釣るにも苦労します。結構、ハゼ釣りも奥が深くて極めるには一生掛かりそうです。^^

2013/09/05(木) 05:00 | trackback(0) | comment(6)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2013/09/05(木) 12:29:20

いいですねー!
うちも何回か行きましたが、サッパリでした。
ハゼ天食べたいなぁ。
ズッキーニもおいしそうですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/09/05(木) 20:41:09

 >ぺこりんさん
 今年のハゼは湧きが少なかったのか今一数が集まりません。
何回か場所を変えて、ポツポツ釣れるところを探し回る感じです。
一箇所で数十釣れた年もあったんですどねぇ。

 生のズッキーニを食べる最高の方法ではないでしょうか。。。

URL | [ 編集 ] 2013/09/06(金) 13:59:00

サエモンさん、 こんにちは!!  良いですね。
息子さんとのハゼ釣り~  親父としての勝利は?何より
息子さんのつりに嬉しかったのでは?

松島の高城橋の上は昔釣り場のメッカでしたよ~

ズッキーニの?食べ方?はフライや、バター焼きなどシンプルな
食べ方が美味しいですよん。  でも生ですよね。
ラッキョウ漬けの元に付け込んでも上手いと思う!

ハゼ店、私も食べたいよ。  さばくの大変そう

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/09/07(土) 09:01:59

 >華さん

 確かに子供の頃、貞山運河や高城川の河口でいくらでも釣れた
ように記憶していますが、最近は数も減ったのかなぁ。
たまに数十尾釣って帰ると、捌くのがうんざりすることもありますね。^^

URL | [ 編集 ] 2013/09/07(土) 10:20:14

こんにちは!!  サエモンさん。

生のズッキーニの最高か?分りませんが夕べから
参考になるかわかりませんが少し考えました。

暑さにもより、料理法が色々に。。
ズッキーニをカナッペ風に見立てクリームチーズと沢庵混ぜ
乗せる。 これは好みの具材で工夫する。
他は薄く切り塩もみし、ワカメやジャコの酢の物などに
後は、サーモンと玉ねぎとのマリネに一応これくらい

すみません。 サエモンさんの味への探求心には
何時も感心します。 

サエモン@青森

URL | [ 編集 ] 2013/09/07(土) 20:42:25

 >華さん
 色々考えましたね。^^ こういう場合、簡単なのは
似たような食材と変換してしまうのです。たとえばキュウリ。。。

 とすれば、糠漬けや三五八漬けもすぐに連想できますね。
千切りにして鰻や穴子と巻き寿司にしても美味しそう。
これはパンで巻くのもアリでしょう。

 加熱すれば、ナス的な要素もありますので、揚げ田楽もイケるかも。
揚げズッキーニのポン酢おろしもヨサゲですね。料理は本当に
楽しいですね。 (^。^)
 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/568-e37fd0d7