スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【山形県河北町谷地】冷たい肉蕎麦の故郷を訪ねる

カテゴリー: 外食:蕎麦

kahoku1.jpg kahoku9.jpg
 前記事で東仙台にある冷たい肉そば専門店をご紹介しましたが、妙に上品に感じて違和感も覚えました。肉そば発祥の地であるかほく(河北町)を店名にされているので、原点に近いとは思うのですが。。。残念ながら、今まで河北町肉そばを食べたことがありませんでした。隣接する東根市、天童市、西川町などではさんざん食べてきたのですが、もっと野趣のある力強い蕎麦だった記憶があります。まず蕎麦がもっと黒い田舎蕎麦でつゆももっと濃い甘辛味だったはずです。元祖はこのように上品なのか、それとも仙台人向けにモディファイしているのか、居ても立っても居られなくなり、峠を越えて調査してきました。^^



 ここで山形の肉そばについて、少し触れておきましょう。河北町HPによりますと、その昔、居酒屋というものがなく、蕎麦屋がその代わりをしていたそうな。馬肉の煮込みで酒を呑み、〆に板そばを食べるのが河北町の旦那衆の定番だったとか。ある時、残った煮汁に蕎麦を入れてみたら、なんということでしょう。いまだかつて経験したことのない味わいになっているではありませんか。



 そこで、蕎麦屋さんも改良を加え、そばが伸びにくいように冷たいつゆを張ったそうです。ただ、大戦が近づくと、は軍用に徴用され、馬肉も手に入らなくなったため、鶏肉に替えてみたところ、これがまたイケた。お客の評判も良く、戦後は鶏肉を使った肉そばが定着し、現在に至っています。河北町は人口2万人弱の小さな町ですが、谷地地区を中心に肉そばを食べさせるお店が20軒ほどあります。今回はその中でも一世紀近く創業を続けてきた二つの老舗の暖簾を潜りました。そのために朝食を抜いて立ち向かいます。^^




 さて、気になる調査結果ですが、最初に二大老舗の一つ一寸亭本店(ちょっとていさんを訪問しました。大正5(1916)年の創業、元祖冷たい肉蕎麦のお店です。
kahokuniku1.jpg 
kahokuniku2.jpg

 開店の11時少し前には着いたのですが、既に待合席には10人ほどが座ってます。上の写真は食べ終わって出てきた11時20分頃の状況ですが、駐車場は満車、待合席は埋まって、立ちの行列まで出来ていました。しかも県外ナンバーが目立ちます。恐るべし、一寸亭。。。




 入店すると、店主が小気味よく座席を捌いていきます。おすすめメニューの他にも献立は意外に多く、ソースカツ丼やラーメン類もありましたよ。
kahokuniku3.jpg

 でも脇目も振らず、無心に冷たい肉そば(並)650円をオーダー致します。大盛りを頼む方も多かったですね。さすが麺食い王国、山形。^^




さっそく運ばれてきました本場河北町谷地冷たい肉そばです。
kahokuniku4.jpg

 外見は近隣市町のものとほとんど差がありません。ただ、葱の周囲に固まりかけた鶏脂を発見。麺量は200g位でしょうか。そんなに多くは感じません。副菜はつぼ漬け風の大根でした。なお、テーブル上の薬味は一味唐辛子でした。




鶏肉はやや薄めですが、親鶏ですのでコリコリとした食感で、噛むほどに旨味が溢れてきます。
kahokuniku5.jpg

 ももと胸を取り合わせて5枚でした。期待していたほど多くはありませんね。




そして、蕎麦ですが、やはり、色黒の田舎蕎麦でした。
kahokuniku6.jpg

 かなり硬めでよく噛む必要があります。太さもそれほど太くなく、食べやすい中太ですね。




一寸亭さんの肉そばの最大の特徴はこのでしょうね。
kahokuniku7.jpg

 敢えて浮かせているといった感じです。ラーメンで言えば醤油味こってり系?? 少なくとも周辺市町も含めて冷たい肉そば界では、断トツのこってり加減ですね。スープ自体はがっちりダシが利いていて、味付けもメリハリが付いていますが、決してこってりではなく、飲めるくらいのスッキリなのですが、水面を漂う半流動体のがスープの間に立ちはだかります。100円増しのおろし肉そばというのもあり、結構出ていましたね。のくどさをスッキリさせるのでしょうけど、なんかおかしいな。かつてはも貴重な栄養だったのでしょうね。



 さて、1軒目の一寸亭さんをクリアーし、次の老舗に向かいますが、若い頃と違って連食は応えます。それに、通常の肉そばは740Kcalくらいはありますが、あの肉そばはもっとハイカロリーでしょう。スープを飲み干してはいませんが、700Kcalは摂取したはずです。そこで、町内を5000歩程歩いて200Kcal消費、その後、温泉に小一時間浸かって240Kcal、合わせて440Kcalほど消費させました。^^ 




 こちらは温泉施設のひなの湯です。なんと入浴料がたったの250円。いいなぁ山形は。
kahokuniku8.jpg

hinano1.jpghinano2.jpg
 結構混んでいたので、浴室内の写真はひなの湯HPよりお借りしました。浸かって休んでお茶飲んで、また浸かって休んでお茶飲んでをゆっくり繰り返します。シャンプーやドライアーなどの装備はありますが、寝っ転がれる畳の部屋は全て有料でした。




 さて、お腹も少しこなれたところで、2軒目の老舗、いろは本店さんを訪ねます。こちらも一寸亭さんとほぼ同じ頃の大正9(1920)年創業です。
kahokuniku9.jpg 
kahokuniku10.jpg

 午後2時頃だったのですが、駐車場はまだ8割方埋まってます。こちらも絶大な人気ですね。いろはさんは本店の他に支店と分店が河北町谷地内にあります。店内では若い女性店員さんがファミレス風の発声で案内してくれました。^^




メニューの構成や値段は一寸亭さんとよく似ていますが、ソースカツ丼のようなご飯ものはないようです。
kahokuniku11.jpg kahokuniku12.jpg

 一寸亭さんと大きく異なるのはきしめんではなくてうどんがあることです。もちろん比較のために冷たい肉そば普通盛650円をお願いします。



 
 これがいろは本店さんの冷たい肉そば(普通盛)です。一寸亭さんより少し鶏肉が多いかな。 
kahokuniku13.jpg
 もさほど目立たず、ごく普通の顔立ちです。鶏と長葱だけのシンプルな具、薬味も一味唐辛子ですね。




 鶏肉は肉そばの特徴である硬いけど味のある親鳥です。やはりももと胸を使っており、味付けもしっかりしています。6枚乗ってます。
kahokuniku14.jpg

 6枚乗ってますが、一寸亭さんより少し薄くなったような気もします。この鶏は一度加熱して冷やしてから薄切りにしているのでしょうか。生の鶏をこのように切るには冷凍物の半解凍状態でしか出来ないように思います。




 蕎麦はもちろん色黒の田舎蕎麦、一寸亭と同じく中太ですが、決定的な違いは縮れが付けてあることです。
kahokuniku15.jpg

 ラーメンの縮れ麺のように打った後に揉み込むのでしょうか。当然ながら、麺つゆの絡みはこちらの方がずっと良いですね。




 つゆに浮かぶ脂球は透明です。温度も一寸亭さんよりは高めですね。
kahokuniku16.jpg

 分厚い固まりかけたが浮いていないので、つゆを安心して飲むことが出来ます。味付けは甘味塩味がしっかりしています。


 さて、調査結果ですが、今回は冷たい肉蕎麦発祥の地山形県河北町谷地でも特に歴史の深い老舗の2軒で食べて参りました。たった2軒ですが、それぞれの支店分店を含めると、消費される肉そばの多くの割合を占めている思われます。そして元祖の地における肉そばの共通点はこうではないでしょうか。。。


 ① 麺は中太色黒の田舎蕎麦でかなり硬めに茹でられている。
 ② つゆはがっつり鶏だしが利いており、醤油ベースの甘辛い味付けである。
 ③ 具となる肉は老鶏のももと胸を薄切りし、しっかり煮染めてある。
 ④ つゆの温度はキンキンに冷たいわけではなく、ほんのり冷たい。
 ⑤ 鶏以外の具は長葱だけ。卓上の薬味は一味唐辛子。
 ⑥ お値段は普通盛で650円前後。


 という点からしますと、東仙台の冷たい肉蕎麦専門店かほくさんの商品は、の麺は現地よりかなり白くなっており、のスープのダシや味付けもやや淡泊、の具材は少な目ですが容認範囲、その他の少なさ等からいろは系肉そばを仙台人に向けに改良されているのではないかという結論に達しました。世界の中国料理や寿司はその国の嗜好によって様々な形に変わって普及しています。それは仕方がないことですが、現代は本場の味を求める人も増えています。そういうお店が地元を離れても経営できると良いのですがねぇ。。。
 



一寸亭本店


・所在地   :山形県西村山郡河北町谷地所岡2-11-2
・電 話   :0237-72-3733
・営業時間  :11:00~15:00/17:00~19:00
          土・日・祝 11:00~19:00
・定休日   :水曜日
・駐車場   :あり



いろは本店


・所在地   :山形県西村山郡河北町谷地中央2-1-15
・電 話   :0237-72-3175
・営業時間  :11:00~18:30(売り切れ次第終了)
・定休日   :木曜日
・駐車場   :あり



温泉施設 ひなの湯


・所在地   :山形県西村山郡河北町谷地字下野269番地
・電 話   :0237-71-0333
・入館時間  :6:00~22:00
・料 金   :大人 250円
・定休日   :第二木曜日
・駐車場   :あり 

2013/08/29(木) 05:00 | trackback(0) | comment(7)
前ページ | | 次ページ

URL | [ 編集 ] 2013/08/29(木) 13:33:44

こんにちは!!  サエモンさん。  暑さも少し薄れ、 秋を感じる季節になりました。   昔、夫が山形にいたとき、肉蕎麦良く食べてたようで
家で鶏ガラから出し鶏作ってくれましたが? 味が決まらず出しつゆの
肉蕎麦になりサエモンさんの様に追求することなく、二度目は無く。。。

利府にも、肉蕎麦系が食べれるので 一度食べに行きましょう。
旦那は、いろはさんがお好みの様ですが 宮城でも食べれるのはいいね

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2013/08/29(木) 14:12:56

そばに縮れ・・・昔のどんべえ以外で初めて見ました!
冷たい肉そばはおいしいですよね。そういえば、私立病院の裏の通りの荒町に出る直前左の店にも冷たい肉そばのメニューがかかってたような・・・気になります。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/08/30(金) 07:02:07

>華さん
 ダシひきはプロでも最も気を使う仕事ですから、
そう簡単には出来ないでしょうね。老鶏のガラだけ
ではなく、正体を感じない程度の節や昆布なども
使っているのではないでしょうか。
 利府にも肉蕎麦が食べられる店があるのですか???

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/08/30(金) 07:03:04

>ぺこりんさん
 このお店では縮れ麺が最大の特徴とか。地方の
名物料理も進出した土地で生きていくためにその土地の
好みに変わっていくのですね。

URL | [ 編集 ] 2013/08/31(土) 11:25:06

サエモンさん。こんにちは!  すみません。利府街道?燕沢付近と
勘違いしコメントしました。 御免なさい。

華北の肉蕎麦のサエモンさんの食べ比べの感想など素晴らしいですね。
今度は?何の食べ比べをするか楽しみにしてます。

mer

URL | [ 編集 ] 2013/09/01(日) 08:05:20

冷たい肉蕎麦レポ、興味深く読ませていただきました。
以前一寸亭支店や東根で冷たい肉そば食べてから虜になってしまいコメントせずにはいられませんでした^^;
肉そばのスープは鶏のアブラも大きな役割を果たしているんですね。でも鶏油にしては色が黄色っぽくないようにも見えますが…
親鶏の硬くて味わいのあるもも肉は出来ればお酒と合わせてみたいです^^
旨そうなレポを見てたら今すぐ食べに行きたくなってしまいました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/09/01(日) 16:00:16

 >merさん
 一寸亭の肉蕎麦、ラーメンと同じであの脂が癖になってしまうのかも
しれませんね。もしかしたら、冷やして固めた脂を回収して調味してから
トッピングとして最後に垂らしているのかも知れません。
 この冷たい肉蕎麦も本来は酒の肴ですので、お酒飲みながらもヨサゲで
す。河北町は電車で行けないのが、残念。。。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/566-303f359f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。