【気仙沼市】18年ぶりのあじ蔵

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

ajikura15.jpg
 今日は大変懐かしい気仙沼の居酒屋さんで宴会です。その店は主人が本物、手作りにこだわり、一見加工品に見えるものも国産の食材から作っています。もちろん緑提灯もぶら下げていますよ。さらに無添加、無農薬、有機栽培の食材で料理するよう努めているそうです。ハーモニカなどの気仙沼郷土料理が食べられるのも魅力です。


 かつて、県外から気仙沼のサメ漁業を調査に来られた方々にサメのコース料理を食べさせようと多くの店に相談したのですが、全て断られました。それも当然で当時、気仙沼ではもうかのホシ(ネズミザメの心臓)は食べても、肉を食べる習慣はほとんどありませんでしたから。諦めかけていた時にこのお店から電話がありました。「自分も研究してみたいので挑戦させて下さい」。嬉しかった。




 そのお店はあじ蔵さんと申します。大震災の時はおそらく床上浸水だったはずです。
ajikura1.jpg

 気仙沼に来てからもなかなかお邪魔する機会ができず、18年ぶりのご主人との対面となりました。果たして覚えていてくれたでしょうか。^^




 厨房の奥の方にチラッとご主人の姿が見えます。帰り際に驚かせましょう。^^
ajikura2.jpg

 この店は座敷で宴会をやるより、カウンターでご主人と食材を語りながら、気仙沼の郷土料理でやるのが適しています。




 本日は5000円で飲み放題。となると、どうしてもこういう料理も出てきますね。
ajikura3.jpg

 揚げ物も全て手作りですから、加工品より優しい味付けですね。




  刺身の盛り合わせは文句なし。画像が若干ブレてしまいました。m(..)m
ajikura4.jpg

 ホタテも活貝ですし、メカジキの鮮度も抜群です。




 こちらは、青菜の巻き物にまぐろの串焼き。
ajikura5.jpg ajikura6.jpg

 家庭料理のようなホッとする味わいです。




 豚トロ炒めと鉄火巻き豚トロは豚の頬から肩にかけての肉ですね。コリッとした食感が面白い。
ajikura7.jpg ajikura8.jpg

 鉄火巻きには、とろみを付けた詰めのようなものが掛けてありました。そのまま食べられるようにの配慮でしょう。醤油じゃシャリがふやけてしまいますからね。




 自家製の餃子とマグロの春巻き。
ajikura9.jpg ajikura10.jpg

 これらも優しい味です。餃子がカリッと焼かれていなかったのが残念。。。春巻きの中はすり身のマグロ、ソーセージのような食感でした。




 こちらのお店の楽しみは、こういう飲み放題メニューではなく、気仙沼独自の郷土料理を頂くことです。
ajikura11.jpg

 壁に貼られたメニューの数々。どれも一度は食べてもらいたいですね。




 メカトロ、あざら、もうかの星にハーモニカ。。。これに夏はマンボウ、冬はドンコなんかも加わりますね。
ajikura16.jpg ajikura12.jpg
ajikura13.jpg ajikura14.jpg

 もしかしたら、以前のようにサメ料理もやってくれかも知れません。




 宴会が引けてから、ご主人の内海貞夫さんと18年ぶりに会いましたが、ちゃんと覚えていてくれました。隆生丸の親方と同じく、拙著も大切に使っていてくれており、こっち方が感激してしまいましたよ。今度は一人で来て、カウンターでじっくり蘊蓄聞かされながら、ハーモニカあざらで地酒をチビチビやりたいですね。




あじ蔵 http://ajikura.org/


・所在地   :宮城県気仙沼市田中前1-3-6 
・電 話   :0226-23-3996
・営業時間  :17:00~22:00
・定休日   :火曜日
・駐車場   :あり

2013/05/02(木) 05:05 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

とあ

URL | [ 編集 ] 2013/05/02(木) 10:03:04

う~ん、おいしそうですね~
やっぱり海の近くはいいなぁ

ハーモニカ、機会があったら食べてみたいです

サエモン

URL | [ 編集 ] 2013/05/02(木) 15:43:38

 >とあさん

 ハーモニカは宮城県内でも手に入るのは気仙沼だけでしょう。
仙台の国分町辺りの居酒屋でハーモニカを食べさせるところが
あると聞いたことがありますが、確認しておりません。
 ぜひ、気仙沼へお越し下さい。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/531-692981dc