マツモと塩辛の出合い(貝焼き編)

カテゴリー: 料理:海藻

keyaki1.jpg
 学生時代、秋田出身の先輩と一緒に呑んでいる時に「茄子のかやき食いてぇなぁ」と懐かしそうに言ったのが妙に心に残っていました。もちろん、茄子はわかりましたが、かやきの意味がずっとわからずにいました。その後、ずいぶん経ってから、かやき貝焼きであることを知ります。貝焼きとは秋田や青森で昔から作られてきた鍋の代わりに大きめなホタテガイの殻を使った鍋物のことでした。それが転じて鍋物全体かやきと呼んでいるそうです。さらに訛ってかやきけやきと発音することもありますね。宮城でも貝殻のことをけんこということがあり、貝っ子が転じたものです。


 

 さて、これからが本題。ちょくちょくお邪魔させてもらっているあぶかもさんのブログでマツモのことが話題となった時、塩辛ダシのマツモ貝焼きが美味しかったと仰っていました。なるほど、それは美味そうだとマツモが出回る季節をずっと待ってました。先日、マツモが安く売られていましたのでさっそくいっぱい作った塩辛前記事)で貝焼きを試してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 マツモはみちのくではよく知られた春の海藻ですが、他の地方ではほとんど知られていません。
keyaki2.jpg
 
このような褐色な金魚藻のような海藻です。ちゃきちゃきとした歯触りで粘りもあり、春の磯物としては高価な部類に属します。

 

 

 

 

 

 


 このような小さな枝がいくつのあるマツバボタンやシバザクラのような容姿です。
keyaki3.jpg keyaki4.jpg
 
加熱しますと右のような緑色に変身し、メカブのような粘りが出てきます。

 

 

 

 


 
 

 密閉容器いっぱいに作ったイカの塩辛、今日はこれが脇役です。
keyaki5.jpg
 
スルメイカ3杯で作りましたが、20cm角の容器にほぼいっぱいとなります。生臭くない塩辛の作り方は前記事をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 


  まず、大きめのホタテガイの貝殻に酒を入れて沸かし、それに塩辛を投入します。
keyaki6.jpg
 
ホタテガイの殻は深みのある方を使います。卓上火鉢がない場合は、カートリッジガスコンロに金網を乗せて下さい。

 

 

 

 

 

 

 塩辛が溶けてよく馴染んだらマツモを入れながら食べていきます。
keyaki7.jpg
 
マツモは煮過ぎると、歯触りも風味も色合いも悪くなりますので、しゃぶしゃぶのように食べていくのがベストです。イカの身もチリチリとしてよいつまみになりますね。^^

 

 

 

 

 


 塩辛のダシが効いた汁もさることながら、それを吸ったマツモがこんなに魅力的な味わいになるとは想定外でした。
keyaki8.jpg
 
このマツモの食べ方は私の中では最高得点をゲットしましたね。それに、なんとも粋な食べ方ではありませんか。江戸文化である小鍋立てにも通じるし、マツモをその場で最高に美味しい状態に加熱しながら食べることができます。それに塩辛のダシってこんなに美味いものだとは知りませんでした。生のイカ腑では絶対に出せない旨味ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 いやはや、今回は塩辛の凄さとマツモの素晴らしい食べ方との出合いに打ち震えております。^^ それに実にみちのく的な食べ方ではありませんか。このマツモ塩辛貝焼きは是非多くの人に知ってもらいたいと思います。それにマツモの旬である早春にしか食べられないのも良いですね。正にみちのくを代表する旬味です。マツモ塩辛貝焼きでみちのくの地酒、、、私の味暦の三月に堂々第一位でランクインです。^^

 

 

  

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

2010/03/06(土) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2010/03/08(月) 12:16:51

まつもおいしいですよねー!
私も食べたくて土曜日に朝市で買ってきました。
でも、わたしにとってはちょっと貴重品なので、新しい料理にチャレンジはとてもできませんねー。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/03/08(月) 20:52:01

  ぺこりんさん おばんです。

 まつもの歯触りが最高ですね~。
こんな食感の海藻は他に知りません。
このマツモは夜のスーパーの見切り品で
ワンパック150円で売っていました。思わず
3個買いしてしまいましたよ。^^

abukamo

URL | [ 編集 ] 2010/03/13(土) 05:55:30

うわぁ、これこれ、これですよ!まさに、春の味。
このおいしさは食べたことのある人にしかわからないだろうと思います。
これ、たしかに自家製の塩辛で作ったら最高でしょうね。
画像見ただけでクラクラします。^^
悲しいかな、こちらではマツモは手に入りません。
でも、これは取り寄せではなく採れる場所に行って食べたいものなのです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/03/13(土) 07:02:32

  abukamoさん おはようございます。

 教えて頂いたマツモの塩辛貝焼き、目から鱗の
美味しさでしたよ。身近にある海藻ながら、このような
食べ方を知りませんでした。みちのくに住んでいながら
お恥ずかしい限りです。

 いま、こちらはマツモやフノリの最盛期。釣り竿担いで
是非いらして下さい。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/53-78138919