自家製からすみの勧め

カテゴリー: 料理:買い魚

karasumi10-0.jpg
 この画像を見て、が出た方は相当な左党、とりわけ日本酒党と言うことができましょう。これは、飲兵衛垂涎の酒肴、からすみ(唐墨)です。。。。と胸を張りたいところですが、ボラの卵巣で作った本からすみではなく、自家製のなんちゃってからすみです。でも、味はそんなに変わりませんよ。


 

 以前、天然ブリの卵巣でからすみ作りを試みたみたところ(関連記事)、申し分のない出来だったので、その後、大きな魚の卵巣が店先に出ないかとずっと待っていました。そうしましたら、やや小振りですが、スズキの卵巣が売られていましたので、今回はこれで試作してみました。

 

 

 

 

 

 

 スズキ卵巣は片腹ずつですが、140~200円。安いもんですね、これでからすみが出来たら笑いが止まりません。
karasumi10-1.jpg karasumi10-2.jpg
 
全部で4パック売られていましたが、全部買い占めてきました。^^ 

 

 

 

 


 

 

 トレーから出して並べてみますと、大きな卵巣は片腹ずつでしたが、残りの2パックは左右両方の卵巣がくっついたままでした。からすみづくりにはこの方が有り難いのです。
karasumi10-3.jpg
 
要するに3腹分計6本の卵巣が4トレーに分けられていたのでした。ただ問題は片腹ずつに分けられた卵巣は膜の一部が破けており、卵粒が多少流れ出ています。これを無事にからすみまで加工できるか不安です。それと、一番奥の卵巣はやや痩せており、産卵がすでに始まっているのかも知れません。

 
 商品としてのからすみを作る場合には、卵巣の表面に走る血管を竹串で突いて中のを抜いたりしますが、下手にやりますと膜を破ってしまいます。それに家庭で食べる場合には、表面に黒い網目が残ったとしてもNo problemですね。

 

 

 

 


 

 

 とりあえず、定法に従って塩を塗します。塩は味を左右しますので必ず天然塩を使って下さい。
karasumi10-4.jpg karasumi10-5.jpg
 
密閉容器に塩と卵巣を交互に詰め込み、冷蔵庫で1週間保存します。途中で生臭い水が上がってきますので捨てましょう。

 

 

 

 

 

 

 


 塩に漬かって締まってきた卵巣をそのままからすみにしたら塩辛くて食べられません。そこで、流水で2時間ほど塩抜きします。
karasumi10-6.jpg
 
この加減は経験が必要です。途中で味見してみれば良いのですが、卵巣の膜が破けてしまいます。適度に塩抜きした後の卵巣は引き続いて日本酒に1週間漬け込みます。この間にもさらに塩が抜かれますので、この辺も考慮して塩抜きをしなければ
なりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 酒浸しが終わった卵巣は水気をよく拭き取って、天日干しにします。雨や雪に当てないように天気予報を気にしながら10日間ほど面倒を見ます。
karasumi10-7.jpg karasumi10-9.jpg
 
バルコニーで乾燥させますので、カラスの襲来を恐れてカゴを被せておきました。夜の間外に出しておくかは判断に迷います。もし、予想外の雪に見舞われたら、それまでの苦労が無駄になってしまいますので。

 

 

 

 

 


 

 

 

 一週間もしますと、からすみらしいベッコウ色になってきます。ここまでくれば、ゴールも近いのです。
karasumi10-10.jpg
 
前回、ブリの卵巣で作った時は軽く板で重しをしたりして形を整えたのですが、今回は放置しました。それでもからすみらしい形に自然と近づいています。もっとも、食べる時は薄切りにしたり、摺り下ろしたりしますので、見栄えは自家消費の場合、気にしなくてもよいですからね。それに、片腹に分けられて、一部が破けていた卵巣も何とか形になりました。

 

 

 

 

 


 

  ほぼ10日の乾燥でからすみの完成です。仕込み始めてから25日ほどかかりました。
karasumi10-11.jpg
 
原料の卵巣が様々な形だったので仕上がりも様々です。形よく仕上がったものはスライスして、不格好なのは摺り下ろして使いましょう。さて、肝心のお味ですが、如何でしょうか・・・。

 

 

 

  

 

 

 

 まずは、慣例に則って、大根スライスとの挟み盛りです。一枚口に含んでじっくり味わいます。やった、大成功、からすみそのものです。
karasumi10-12.jpg
 
産卵期のピークの卵巣なので完熟しています。そのため、卵粒を舌で感じますが、ねっとりとした感触は出せました。前回のブリの卵巣より、スズキのは厚みがないので平べったくなりました。そこで、斜めにそぎ切りしています。

 

 

  

 

 

 

 続いて定番のからすみパスタ Spaghetti alla Bottargaです。イタリアのサルデーニャ島で初めて頂いた時、あまりの美味さにヴォーノを連発してしまいました。このパスタの作り方はこちらの記事に詳しく解説しております。
karasumi10-14.jpg
 
地中海にいながら日本食に通じるご馳走に巡り会ったのですから、感慨ひとしおでした。お土産にサルデーニャ島名産のボラのからすみBottarga di Muggine を買って帰り、帰国後真っ先に作ってみました。地中海にも日本のボラと同種のマボラ Mugil cephalus が分布することをこの時初めて知りました。

 

 

 

  

 

 

 からすみがパスタに合うなら当然、ご飯にも合います。贅沢に摺り下ろして究極のお茶漬けです。
karasumi10-17.jpg
 
鱈子より卵粒がこなれているので、旨味がすぐに全体に回ります。こんな贅沢は手作りじゃなきゃ出来ません。普通のご飯にふりかけのようにして食べても美味しかったですよ。

 

 

 

  


 ブリに続いて、スズキの卵巣でもからすみ作りに成功しました。地中海ではマグロやタラ類の卵巣でも作られるそうです。そう言えば、昨年のハゼ釣りオフの時、ちょろりさんがスペイン土産のタラからすみをご馳走して下さいましたね(こちら)。東北地方でもマダラの卵巣はよく市販されていますが、卵膜の一部が破けている場合も多く、卵粒は流れ出しやすいので扱いが難しそうです。スケトウダラの卵巣ではあまりに小さく仕上がりもお子ちゃまからすみになりそうです。また、しばらく、魚屋さんの店先に適当な卵巣が並ぶのを鵜の目鷹の目で監視しましょう。^^

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

2010/02/24(水) 05:00 | trackback(0) | comment(6)
前ページ | | 次ページ

なお

URL | [ 編集 ] 2010/02/24(水) 08:04:35

はいっ見てすぐヨダレで口ん中いっぱいになりました~(笑)
て言うかこれだけいっぱいあったらヨダレ通り越してナミダもんですょ(^_^;)
『あなたと出会うんじゃなかった…』てくらい大好きですね~(笑)

この様に何でも上手に仕上げちゃうサエモンさん…惚れ惚れしちゃうなぁ

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/02/25(木) 06:15:38

 なおさん おはようございます。

 このスズキのからすみは少しボリュームに欠けますが、
味は満足でした。干す時に神経を使いますが、冷蔵庫内で
やれば、誰でも簡単に作れますよ。
 何か適当な魚卵が売られていましたら、是非やってみましょう。

さわ

URL | [ 編集 ] 2010/02/27(土) 21:47:17

サエモンさん、こんばんわ。
またお邪魔させていただきます。

先日台湾土産のからすみを食べたばかりですが、
これも見事ですね。
私も作ってみたいのですが、天日干しをクリアできるかが、問題です。

ニシンの山椒漬けも作られてたんですね。
トップページにあるのに、見逃しておりました。
サエモンさんの料理を見てると、作ってみたいものがたくさんで、迷ってしまいます。
次のお料理も楽しみにしています。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/02/28(日) 06:50:47

さわさん おはようございます。

 からすみは思ったより簡単に出来ます。
時間はかかりますが、乾燥は天任せです。
もしかしたら、冷蔵庫内で干し上げることも
出来るも知れませんが、やはり、からすみには
太陽の光りが似合います。

 ニシンの山椒漬けは初夏のなくてはならない
旬味となり、毎年欠かさず作ってます。間もなく
ご家庭で必ず美味く作れるイカの塩辛レシピを
アップしますね。乞うご期待。

しおり

URL | [ 編集 ] 2016/07/22(金) 00:55:39

はじめまして、こんばんは。唐墨を作ってみたく色々と検索していて辿り着きました。真鱈の卵で作ろうかと思っています。一つ質問なのですが、産卵期ピークの卵だと必ず加熱してから食べないと食あたり等の心配があるのでしょうか?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2016/07/27(水) 21:08:01

 しおりさん

 ご閲覧ありがとうございます。
マダラはちょっと難しいかも知れません。マダラの卵巣の膜はかなり厚く、口当たりがよくないと思います。それに、マダラの旬である冬には卵巣の卵粒も成熟してざらついた感じになります。欲を言えば、唐墨は完熟直前の卵巣がベストです。

 それと加熱してしまったら、唐墨にはなりません。産卵ピークの卵を加熱しないと食中りになるというのは迷信です。ブリコや子持ちカズノコはまさに産卵ピークの卵ですしね。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/48-97049a23