スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

名残のバジルでガパオライス

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

gapao0.jpg
 このオーバーライスはタイの料理で日本ではガパオライスとかガパオご飯とか呼ばれています。日本人にも馴染みやすい料理ですが、本来、ガパオと呼ばれるホーリーバジルが使われる料理名にガパオが付きます。鶏のバジル炒めパッ・ガパオ・ガイですし、それをオーバーライスにしたガパオライスガイ・パッ・ガパオ・ラートカオ・カイダオ(もしくはパッ・バイ・ガパオ・ガイガップ・カイダオ・ラートカオ)です。訳すと鶏のガパオ炒めぶっかけご飯目玉焼き添えでしょうか。日本ではタイのホーリーバジルが手に入りにくいので、広く栽培されているスイートバジルで代用します。辛さも少し強めにして残暑を克服するため体に喝を入れましょう。





 鶏のバジル炒めを本場のように作るにはバジルだけでなく、その他のハーブ類や調味料も揃えなければなりません。そこで便利なのが、タイから輸入される調味ペーストです。
gapao1.jpg

 本日はこのペーストでまず、鶏のバジル炒め を作り、オーバーライスのガパオライスに仕上げます。鶏は挽肉ではなく、胸肉一枚を使います。




 まずは胸肉を出刃包丁で粗く叩きます。つくねを作るわけではないので、あまり細かくしなくて結構です。
gapao2.jpg

 日本は便利でミンチが普通に売られていますが、海外ではお店に頼んでミンサーにかけてもらうか、自分でこのように叩きます。でも、この不規則な粗さが美味さでもあるのです。




 トマトやシシトウ、オクラも適宜に切っておきます。
gapao3.jpg

 スイートバジルは入れすぎますと結構香りが鼻に来ますので二人分で片手に軽く一杯にします。




まず、ニンニクの香りを出したオリーブオイルで鶏肉を炒めます。
gapao5.jpg

 胸肉は硬くなりやすいので短時間でサッと炒めます。




まだ鶏肉に完全に火が通っていない頃合いに野菜、ちぎったバジル、ペーストを加えサッと混ぜ合わせます。
gapao6.jpg

 味見をして塩だけで調整します。せっかくシーユーダムナンプラーの味わいが壊されないよう、醤油やソースなど余計な味は加えないようにしましょう。




これが鶏のバジル炒めパッ・ガパオ・ガイです。
gapao7.jpg

 ピリッと辛く、バジルの風味も利いて食欲を湧き上げてくれます。これをアテにビールも好いのですが、やはり相性がよいのはご飯でしょうね。




目玉焼きと一緒にご飯に乗せてガパオライスの完成です。
gapao8.jpg

 本場のは目玉焼きがもっとカリカリに焼かれて、黄身も崩れていたりしますが、日本人の感性にはノーマルな半熟目玉焼きが合ってます。




そして、こう食べるのです。半熟目玉焼きの円やかさがスパイシーなパッ・ガパオ・ガイに優しさを与えてくれます。
gapao9.jpg

 よくこういうオーバーライス物を食べる時に最初に全体を混ぜてしまう向きと少しずつ混ぜながら味の変化を楽しむ向きがおりますよね。子供の頃、初めて関西に移り住んだ時、食堂でカレーライスを最初にぐちゃぐちゃに混ぜてから食べる大人がいて激しいカルチャーショックを受けたものです。しかも生卵入りですから、その衝撃も尋常ではありませんでした。


 どっちみち、ご飯と馴染ませて食べるのですから合理的と言えば合理的なのかも知れませんが、子供ながらも一度も真似することはありませんでした。今にして思うと関西に多い在日韓国人からビビンバの食べ方を伝授されたのでしょうか。でも、中華丼(飯)ではやってなかったようにも記憶していますし、大阪には最初から混ぜてあるカレーライスを出す有名なお店(自由軒)もありました。


 私は少しずつ混ぜながら食べるのが楽しみなので混ぜる喜びを取られたカレーライスにお金を払うことはないでしょう。話しが戻りますが、ガパオライスだって最初から味が均一になってしまったら、食べ進みながら味の変化を楽しむことが出来ませんし、半熟卵の黄身の美味しさがご飯に紛れて感じられなくなってしまうような気もします。ま、これも好きずきなのでどう食べてもよいのですが・・・。   あ、卵かけご飯は私も混ぜるな。^^

2012/09/12(水) 05:00 | trackback(0) | comment(7)
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2012/09/12(水) 08:24:12

おはようございます。

オーバーライスに限りませんが、日本人(たぶん韓国や中国の人も同じ)には、ご飯を美味しく食べるためのおかずというのが、欧米人の食事と著しく異なる大きな特徴だと思うのです。洋食におけるパンやパスタはちょっとポジションが違いますよね。

だから、おかずとご飯の残量を常に計算しなら食べ進むことが重要なんですが、カレーを一気に混ぜちゃう人は、きっと過去に悲しい思い出があって、計算も苦手で、それなら平均値で、と言うことになったのかなぁ、などと想像します。

ちなみに私も、TKGとビビンバ以外は混ぜませんが、知り合いでカレーに納豆を入れる人がいて、これは最初に混ぜたほうが良いかも。私は挑戦するのも気が引けますが。

とあ

URL | [ 編集 ] 2012/09/12(水) 09:28:14

わ~、おいしそうっ
ワシワシ食べれそうですね~

目玉焼きがのっているご飯ものって
どうしても心が奪われます(笑)

anego

URL | [ 編集 ] 2012/09/12(水) 12:26:58

個人的にはケモケモご飯が大好きなので、最初からそうであっても文句はありませんが
やはり最初は白飯の状態で登場して欲しいですね。
飯と具の自分なりのベストバランスを探るのも楽しいですから~^^

ガパオに限らずタイ飯は本当に魅力的。日本の料理にはない香りや刺激に出会うと
いままで眠っていた別の感覚が呼び起こされるようでテンションがあがります。
ランナーズハイじゃなくって、イーターズハイ♪

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2012/09/12(水) 12:30:12

私はカレーのごはんを少しずつルー側に寄せて、いかに皿につくルーを少なくして食べれるかに喜びを感じますね。最後はせっかく皿ピカピカにしたのに、ルーだけおかわりしちゃって台無し!っていうのがよくあるパターンです(^ ^)
卵かけご飯は混ぜないかも・・・

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/09/13(木) 06:59:54

 共通する内容なのでまとめてレスさせて頂きます。

 要するにご飯に乗った、もしくは添えられた具やソースを
卓上で混ぜご飯に調理するか、一口ずつ口の中で混ぜるかの
違いだと思います。

 前者は味が均一化された五目寿司やリゾットのようにして
食べたいという欲求から来るのではないでしょうか。大阪では
既に混ぜ込んだカレーが古くから商品化されており、実質的な
美味しさを求める大阪人に愛されています。

 一方、後者は盛り付けられた美しさを維持しつつ、ご飯と
具材の組み合わせを楽しむ食べ方で、風写さんが指摘するように
オーバーライスであってもご飯とおかずの関係を意識しています。
ですが、口中調味という米食文化圏特有の食べ方で一口ずつ混ぜて
いるわけです。アジア以外の外国人はそれを知らないので白米は
苦手です。

 ただ、オーバーライス物で卓上調理するのは、カレーライスと
ビビンバ以外そう多くはないでしょう。カレーを全部混ぜて食べる
のは現在関西でも少数派で、行儀が悪いものとさてています。
もしかすると、自由軒の混ぜカレーが先で、あれはあれで美味しい
から真似て卓上調理したのかも知れません。

 ビビンバのビビムは混ぜるという意味で直訳すれば混ぜご飯
です。料理として完成しておらず、コチュジャンを加えながら
自分なりの調味を卓上でするものです。

 さすがの関西人もちらし寿司や中華丼を混ぜたりはしません
ので、やはり自由軒カレーへの憧れがカレーライスの卓上調理
へと導いたと私は推察しています。

 >風写さん

 白飯は口中調味するか、強い味のおかずの余韻で食べる物で
日本人でも白飯だけを黙々と食べる人はいませんね。日本では
古くから惣菜とご飯を銘々に配膳しますが(鍋以外)、中国や
東南アジアでは丼や大皿盛りをみんなで突きます。自分のご飯
とのバランスを考えるのは日本人が最も特異なのかも知れません。

 >とあさん

 混ぜながら食べる関係上、半熟が理想的なのですが、タイ
では意外と硬い場合もあったりします。^^

 >anegoさん

 庄内のケモケモは、けもす=かます から来ているのですよね。
つまり混ぜ混ぜご飯。子供に食べやすくしてあげる親の愛情から
来たのかと思ったりしています。

 タイ料理はなぜか食べると遺伝子に共鳴します。日本人のルーツ
は渡来弥生人と在来の縄文人とされていますが、縄文人が南方から
来たという説もあります。我々の遺伝子にははるか東南アジアの
記憶が残っているかも知れません。

 >ぺこりんさん

 カレーライスに限らず綺麗に食べるのはかつての日本人の礼儀
であり作法でした。皿に残ったルーを舐めるのはさすがに出来
ませんが、じゃじゃ麺のようにお湯やスープで飲み干すのは習慣化
させたいですね。洋食のソースをパンで拭くように。
 

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/09/16(日) 06:08:40

『Antenna』運営チーム 菊池様

 御社のサイト、閲覧させて頂きました。
正直、魅力的で便利そうと感じています。
ただ、キュレーターとしての参画の意味がわかりません。
単なるリンクことではないでしょうか。
メアドの公開もまだ信頼関係もなく、避けたいと思います。
宜しければ、詳細はこちらのコメントにアップして頂けない
でしょうか。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/09/18(火) 06:30:13

『Antenna』運営チーム 菊池様

 主旨はわかりましたが、どのような縛りを受けるのか不明です。
契約内容を見てからの判断になります。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/453-a9f6e7c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。