スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【岩手県釜石市】復活した魚河岸食堂

カテゴリー: 外食:寿司・魚貝類定食

kamaisishokudo1.jpg
 魚河岸食堂
。。。粋な響きですよね。魚河岸は本来、江戸時代の日本橋辺りの川岸で魚専門に荷揚げする一帯をそう呼んだのでしょうけど、今では魚市場のあるエリアを魚河岸と粋に呼ぶようです。その魚河岸にある食堂ですから、きっと魚料理も多彩にあるのだろうと思うのは早計です。

 魚市場にある食堂は本来、市場で働く人たちの食事処であり、いくら水産関係者でも毎日見ている魚はちょっとと言う人も多いのです。ですので、見学者や観光客も受け入れる食堂は海鮮丼や刺身定食にも力を入れますが、利用者が市場関係者に限られる食堂の場合はビックリするほど魚料理が少ないのが普通です。




 さて、一年ぶりで岩手県の釜石市を訪れています。
kamaisishokudo2.jpg

 正面の釜石大観音様は昨年の大津波をどのような心境で見下ろしておられたのでしょうか。




  こちらは復旧してから1年が経過した釜石魚市場です。旧魚市場から約1km湾口寄りの新浜町にあった第二市場を修復しています。
kamaisishokudo3.jpg 
kamaisishokudo5.jpg

 ヤマト福祉財団の支援も受け、製氷施設や滅菌冷海水製造装置等も復旧させました。地盤沈下も数十センチあり、その分を嵩上げしています。昼時だったので水揚げは終わっていました。





 魚市場の裏側で日替り定食や食事処の幟旗を発見。この辺の嗅覚には自信があります。^^
kamaisishokudo6.jpg

 人が多数働く所には食事処がなくてはならないのです。奥のプレハブは漁協や関連会社の事務所が入る仮設施設ですが、食堂もあるようです。





 プレハブの1階にありますこの食堂は、、、えっ、魚河岸食堂さん! も、もしかしてあの魚河岸食堂さん?
kamaisishokudo7.jpg 
kamaisishokudo8.jpg

 飛び込みますと、ご主人も奥様も元気でした。あの日、遅いお客様がいて14:30の閉店を遅らせて対応していたところに地震が発生、それから店を閉めて速攻で逃げたのだそうです。ですが、お店は跡形もなくなってしまいました。



 
 こちらが、震災前の魚河岸食堂さんです(2008年8月)。

kamashoku3.jpgkamashoku4.jpg
 
水色の看板がよく目立つ平屋建てでした。4年前の夏、ここで飛び切り新鮮なイカ刺定食を頂きました。その時の様子はこちらをご覧下さい。




 発券機がなくなり、メニューも減りましたが、、麺類、定食、丼物まで一通り何でもあります。
kamaisishokudo9.jpg 
kamaisishokudo10.jpg

 市場関係者の方はラーメンに丼物やチャーハンを組み合わせていました。ご覧のように定番メニューには魚はありませんが、壁に焼魚定食の文字を発見。





 そこで焼魚(丸干いわし)定食卵焼き付き650円をお願いしましたところ、なななんと、納豆は付くわ、冷や奴が付くわでとてつもないボリューム!!
kamaisishokudo11.jpg

 これで650円はすごいですね。恐るべし、魚河岸食堂。。。




 大羽イワシの丸干し2本にそれに負けない卵焼きがどーん。サラダもしっかり付いています。
kamaisishokudo12.jpg

 卵焼きはオムレツのように見えますが、中身はありません。卵2個はしっかり使ってあります。





 丸干しイワシはいつも頭から丸かじり。骨の一欠片も残しません。ワイルドだべぇ。^^
kamaisishokudo13.jpg

 頭も良く噛んでいると骨から旨味が出てきます。内臓の苦みも大人の味わい、熟れたイワシの香りも堪りませんね。




 納豆だって冷や奴だって普通に一人前ですよ。
kamaisishokudo14.jpg

 これだけだってご飯が2膳は食べられます。




 味噌汁にも豆腐がたっぷり。
kamaisishokudo15.jpg
 
これに漬け物も付くのですから価値ある650円ですよね。





 なんと言っても最大の迫力は、この丼飯。しかも山盛り。
kamaisishokudo16.jpg

 奥さんが「足りなかったら、言ってねぇ」だって。全部残さず食べられるか困っているところに追い打ちをかけられました。^^





 釜石魚市場魚河岸食堂さんは典型的な市場関係者用の食事処ですが、遠方より営業でやって来た方なども利用しています。出来ることなら日替りの刺身定食だけは以前のように残して欲しかったです。もしかしたら、お願いすればやって頂けるのかも知れませんが、復興したばかりなので無理は言えませんね。ラーメンも自慢のようですので、今度は挑戦してみましょう。写真は撮っていませんが、食後のコーヒーはセルフですが、無料です。どこまでもすごい魚河岸食堂さんでした。




魚河岸食堂


・所在地   :岩手県釜石市新浜町1-4 釜石市新浜町仮設施設1F
・電 話    :
・営業時間  : 6:30~14:30
・定休日   :休市日
・駐車場   :あり

2012/08/07(火) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

とあ

URL | [ 編集 ] 2012/08/07(火) 10:20:06

こんにちは(^^)
朝からボリューム満点ですね(笑)

丸干しイワシ、美味しそうです

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/08/07(火) 20:17:02

>とあさん

 はい、食べた後、しばらく無口になりました。^^

 イワシの丸干しのような、日本人の原点的食品がいつまでも
美味しく食べることが出来る日本人でいたいですね。

 短小軽薄嗜好で顎が細く、胴体も薄っぺらな男子が増えてます。
それをヨサゲと思う女子も不健全なことに気付くべきでしょうね。

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2012/08/09(木) 10:24:28

釜石へ行かれてたんですね!
震災前の魚河岸食堂さんの姿をあらためて見て また悔しい思いになりました…
旧市場界隈はまだ瓦礫のままの姿でしたか?
市場関係者にとっては大事な従業員食堂ですが

やっぱ イカ刺し食いたいっすよね〜 ♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/08/10(金) 05:47:17

 >びーえむあいさん

 はい、びーえむあいさん縁の釜石に1年ぶりに行って
参りました。

 旧市場周辺の瓦礫は綺麗に片付けられ、本館の工事
(もしかすると解体かも)が進められていましたよ。

 そうなんです。旅行者としては新鮮な海の幸を刺身で
食べたいのですが、市場関係者にとっては外食するもの
ではないのでしょう。復旧復興が一段落しましたら、また、
ご主人にわがまま言って作ってもらいましょう。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/440-caa7b978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。