魚食復活料理教室 七ツ森編

カテゴリー: 料理:買い魚

nanatumori1.jpg
 いま宮城の養殖ギンザケが大変なことになってます。大津波の被害で全てを失った中からやっと立ち直り始め、今年、何とか出荷を再開できたのですが、1年間のブランクと風評被害で市場を外国産のサーモンに奪われ価格低迷に陥っています。このままでは経営破綻が目に見えており、歯を食いしばる思いで復旧させた養殖ギンザケも報われません。またまた、仙台の料理教室にお邪魔してギンザケ料理をお披露目しました。




 今回は旭ヶ丘にあります料理教室七ツ森さんにお邪魔します。
nanatumori2.jpgnanatumori3-1.jpg
 
こちらは七ツ森がある大和町ご出身の浅野先生が昨年オープンさせたクッキングスタジオ兼料理教室です。素敵な一軒家で自宅レストランのような雰囲気です。



 本日の教室には、栄養士さんや食ジャーナリストさん、さらには日本酒ソムリエの方や給食を作っていらっしゃる方も参加されており、こちらも緊張気味です。さらに北仙台の食材にこだわる和食屋しんさんも来られるはずだったのですが、仕入れの関係で惜しくもドタキャン。コーヒー通ならだれでも知っている米ヶ袋の珈琲まめ坊さんも参加なされ、教室の始まる前に東ティモールの豆を挽いて美味しいコーヒーを振る舞って下さいました。



 被災地の復興状況や養殖生産物は放射性物質が不検出であることなどをご紹介してさっそく調理に取りかかります。
nanatumori4.jpg
nanatumori5-1.jpg
 
生のギンザケのフィレを見るのも触るのも初めての方も多く、慎重に捌いています。今日の献立は前回とほぼ同じですが、一品増えてますのでそのレシピを文末に記しておきます。その他のレシピこちらの記事をご覧下さい。




 まずは、副産物である皮を使ったパリパリ皮煎餅
nanatumori6.jpg
 
レンジでチンして作りますので油不要でヘルシーです。軽く塩胡椒をすればビールのあてに最高です。




 これも復興しつつある三陸ワカメサバ味噌衣和えです。
nanatumori7.jpg
 
サバ味噌煮缶を擂り潰し、新玉葱のスライスと一緒に和えています。




 葛打ちギンザケワカメのすまし汁です。
nanatumori8.jpg
 吸い口には白髪葱を浮かしています。ツルンとした食感が美味しさを増します。




 こちらが新しく加わった一品、揚げギンザケみぞれ酢かけです。レシピは文末に記しています。
nanatumori9.jpg
 
揚げたギンザケを酸味の利いた加減酢ベースのおろし酢でさっぱりと頂きます。




 メインの冷製ギンザケ棒々鶏ソースは大皿に盛り付けました。
nanatumori10.jpg 
 
葱と生姜をたっぷり使った食べるソースで頂きます。




 サーモンライスも完成していよいよ試食です。
nanatumori11.jpg
 
サーモンライスはいわば洋風手こね寿司。酢〆したギンザケをギンザケのスープで炊いたご飯に混ぜ込みます。




 それではみなさん頂きましょう。
nanatumori12.jpg
 生ギンザケは冷凍甘塩の輸入物とは違うでしょ。ふんわりとした食感を楽しんで下さい。養殖物には嫌な香りがあるという呪縛からも解かれることでしょう。^^




 こちらはワンプレートに持ったサンプルです。
nanatumori13.jpg
 
復興ギンザケワカメの海鮮ランチ、すまし汁付きです。商品化するとすれば、お値段はおいくらが適当でしょうか。^^




 これは私が持ち込んだ庭のビワ。ちょうど今、食べ頃を迎えました。
nanatumori14.jpg
 摘果作業もしていないのでやや小粒、大きさもまちまちです。みんな違ってみんないい。^^




 やおら浅野先生が即興で料理を作り始めます。
nanatumori15.jpg
nanatumori16.jpg
 
今日の料理の余り物を使った水菜とギンザケのおろし汁煮と七ツ森のシイタケの陶板焼きです。この肉厚シイタケ、内側に美味しいエキスが溜まって絶品でした。塩や醤油など好みの味付けで楽しみます。シイタケも憎き原発事故のため露地の原木栽培物が出荷出来なくなりました。ですが、現在、出回っている菌床栽培物は全く影響がありません。産地で差別するのは被災地を苦しめるだけです。積極的に利用して買い支えてあげましょう。





 現在の被災地の復興しつつある養殖生産物を使った料理教室復興状況報告会を各地に出向いて行っています。ご要望があれば、駆け付けますので是非ご連絡下さい。勤め人なので色々と制約はございますが、出来る限りのことはしたいと思います。被災地復興一次産業やその関連産業が復元しなければ成り立ちません。正しい知識を身に付けて、食べてあげることで復興を支援していきましょう。



 料理教室報告会のお問い合わせは、トップ記事(東日本大震災)の文末をご覧下さいませ。 




         揚げ銀鮭のみぞれ酢がけ(4人分)


材 料
  
銀鮭切り身200g
  小麦粉(少々)、揚げ油(1ℓ)、塩(少々)、大根(半本)、
  カイワレ大根、砂糖、酢、昆布ダシの素、鷹の爪


作り方
  ① 銀鮭を2.5cm角に切り、軽く塩をする。
  ② ビニールバッグに小麦粉と①を入れ、振り混ぜる。
  ③ 揚げ油でからりと揚げ、油を切っておく。
  ④ 水気を絞った大根おろしに加減酢(塩・砂糖・酢・ダシ汁)を加えた
    みぞれ酢を③にかけ、カイワレ大根を添え、鷹の爪を天盛りする。
   予め加減酢に鷹の爪の輪切りを浸けておく。 

 

 

2012/07/17(火) 05:00 | trackback(0) | comment(6)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2012/07/17(火) 12:21:17

みぞれ酢がけ、いいですね。
でも、こんなに銀鮭食べてたら、きっと秋鮭は食べたくなくなっちゃうような気がして心配です・・・

ユケチュウ

URL | [ 編集 ] 2012/07/18(水) 20:39:01

ご講演、楽しみにしていました。論理的かつ緻密な構成、笑いも随所に散りばめ、1時間があっという間。サエモンさんの広く深い知識と話術に魅了されました。ありがとうございました。
浜の伝道師サエモンさんの話をたくさんの方に聞いて欲しいです。

作ってみたワカメと玉葱の鯖味噌衣和え、冷製銀鮭サーモンライス添え、家族にも好評でした。これからも宮城の水産物、食べて応援します。

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2012/07/19(木) 00:26:12

先生 お役目ご苦労様でした!
講義はそのままTV収録して放送したいくらいです 
魚食普及関連でどこか力を貸してくれませんかね ほんと。

調理実習は なんだか大忙しで 正直言って笑っちゃいました♪
でも浅野先生含めてみなアットホームな感じで楽しかったですね
貴重な体験ありがとうございました!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/07/19(木) 05:54:14

 >ぺこりんさん

 この料理は夏向きで、ネウでもサバでも
美味しく出来ますよ。キュウリを一緒に擂り
おろすとみどり酢になりますね。

 普段はこんなに一遍には食べませんよ。^^
料理教室だから盛り込みました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/07/19(木) 05:55:57

>ユケチュウさん

 日頃しらふであまり話をしたことがない呑み友達
にシリアスな話をするのって、けっこう恥ずかしい
ものです。^^

 本県産ギンザケの水揚げも今月一杯でしょうね。
その後は冷凍になりますが、同じように楽しめます。
是非、買い支えてあげて下さい。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2012/07/19(木) 05:57:45

 >びーえむあいさん

 被災地復興につながる地元水産物消費のためなら
なんでもやりますよ。是非、お声がけ下さい。

 普段の教室だったら、3品を5人一組で作るので
しょうけど、今回はギンザケやワカメのPRもあった
ので盛り込み過ぎました。ですから、料理を通して
作ることが出来ず、混乱させてしまいました。もう少し、
ゆとりを持ったカリキュラムにしましょう。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/437-515a8ab5