【大崎市岩出山】充電③ 山菜三昧2011

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

sansai2011-1.jpg
 泊り込みの被災地支援の前に鳴子方面にリフレッシュと気力の充電のため、日帰り温泉ミニツアーに出掛けました。前々記事福の湯さん、前記事で手打ちそばのもみじ野さんをご紹介しましたが、実はその途中にあ・ら・伊達な道の駅に寄っています。もちろん目的は農産物直売所で旬の山菜を買い求めるためです。




 あ・ら・伊達な道の駅にある農産物直売所は新鮮な山菜や野菜が格安の値段で手に入ります。 
sansai2011-2.jpg

 生産者の名前が書かれた製品だけにどれも丁寧に扱われています。豆腐や漬物などの農産加工品も充実しています。


 

 今は山菜の真っ盛り。実に多くの種類が並びられており、嬉しくなります。 
sansai2011-3.jpg
sansai2011-4.jpg

 お馴染みのタラの芽やコゴミ、ワラビだけではなく、ちょと聞きなれない名前も山菜も発見できます。


 

 ずいぶん買ってしまいましたが、どれも安かったです。
sansai2011-5.jpg

 左上から時計回りで、タラの芽200円、コシアブラ150円、クワデ200円、イワダラ300円、シドケ200円でした。一人暮らしを忘れていつのつもりで買い込んでしまいました。


 

 これがクワデと呼ばれるもの。袋の外からは確認できませんでしたが、枝の付け根に膜状の葉があることからクワダイ、つまり、ヨブスマソウのことですね。
sansai2011-6.jpg

 クワダイが訛ってクワデになったようです。デッカイがデッケーのように、みちのくに限らず、ai になることは普通です。このクワダイ、管状の茎がシャキシャキして、ちょっとフキに似た爽やかな香りがあります。



 そして、こちらがイワダラですが、外見はショウマ類そっくりです。 
sansai2011-7.jpg

 詳しく調べてみたところ、ヤマブキショウマのようです。トリアシショウマは食べたことがありますが、これは初めて。1本茹でて味や食感を確かめると、癖のないポクポクした茎がこってりした味付けに合いそうです。


 
 さっそく、調理に取り掛かります。まず、シドケとクワダイはお浸しに。濃い目のダシを取って醤油で味付けした調味液に茹でたシドケとクワダイを小一時間浸しておきます。5種の山菜のダシも作りました。
sansai2011-8.jpg
sansai2011-9.jpg
 紛らしいのですが、山形の郷土料理ダシは野菜を細かく切って醤油をかけたものです。これを香り豊かな山菜で作ると絶品です。アクのある山菜はさっと湯がいてから、切り込みます。

 
 

 イワダラ(ヤマブキショウマ)は、同じく山形の郷土料理、孟宗汁にヒントを得ました。 
sansai2011-10.jpg

 孟宗汁
はタケノコを味噌と酒粕で煮たものですが、この味がイワダラに合いそうなので、鶏もも肉ともみじ野さんで頂いた冬前記事)も加えて煮込んだら味噌味の雉鍋のようなご馳走になりました。


 

 定番の天ぷらはタラの芽とコシアブラにもみじ野さんの冬です。
sansai2011-11.jpg

 塩で食べると山菜の香りが引き立ちます。食べ応えのあるタラの芽より、香りの爽やかなコシアブラの方が好みです。タラの芽は水耕栽培の香りのない物が出回っていますので要注意です。


 

 本日は山菜尽くしの夕餉となりました。
sansai2011-12.jpg
 
それぞれ個性のある山菜をしっかり味わいながら盃を進めます。年一度はこれをやらないと季節の移り変わりを実感できません。

 
 

 普段、夜にご飯を食べないのですが、どうしてもこれをやりたくて炊いてしまいました。5種類の山菜ダシのっけご飯です。 
sansai2011-13.jpg
 
やはりダシに一番合うのは炊き立てのご飯です。夏野菜のダシとは違って香りが強いのですが、ご飯との相性は抜群です。清々しい香りが鼻を通り抜けます。

 

 
 今日一日、日帰り温泉お蕎麦、それに山菜料理でたっぷり楽しみ心身ともに充電でき、すっかりリフレッシュしました。このあと、寝袋と食料を持って、三陸沿岸の被災地に支援に参ります。三陸沿岸の被災地では主要な道路は走れるようになり、仮設住宅も少しずつ建設されているようですが、ライフラインの完全復旧はまだまだ先となります。仮設住宅が建てられない地域では他への集団避難も行われているのは報道の通りです。被災の少ない内陸部では震災が過去の物となりつつありますが、沿岸の被災地では今もなお復旧途上なのです。
 

 



 あ・ら・伊達な道の駅


・所在地  :宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
・電  話  :0229-73-2236 
・営業時間 :9:00〜18:00(農産物直売所)
・定休日  :年中無休
・駐車場  :普通車:89台、大型車:11台、身障者用:2台

2011/05/23(月) 05:00 | trackback(0) | comment(8)
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2011/05/23(月) 05:53:27

季節を感じられる食べ物はいいですね。

私も先週、仲間と山菜取りに行きました。
飽きるほど天ぷら食べて満足です。

しかし、サエモンさんは調理法の引き出しが多いなあ。
一緒に食べたいです~。^^

とあ

URL | [ 編集 ] 2011/05/23(月) 11:36:03

こんにちは(^^)
山菜を食べると「春だなぁ」って思います
堪能してますね、うらやましい

どんこが肉厚で美味しそうです

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2011/05/23(月) 12:10:49

いわだら、おいしそうですね。久しくお目にかかってないです。昔はよくツナと一緒に炒めて食べさせられました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/24(火) 05:36:12

 ちょろりさん

 かつてはよく山菜取りに山を歩いたものですが、最近は温泉と蕎麦を
組合せ、買って帰って来るパターンが多くなりました。年ですねぇ。^^
 あの節は、大変ご苦労をさせてしまって申し訳ありませんでした。
いつか、美味しい酒肴で語り合いたいですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/24(火) 05:38:19

 とあさん

 春には山菜や筍、秋には木の実や茸。四季折々の自然の味覚を
楽しみに待つ生活が大好きです。一年中ある食材は便利なのですが、
自然に対する感謝を忘れてしまいますよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/24(火) 05:40:05

 ぺこりんさん

 いわだら、ご存知でしたか。香りより歯触りを楽しむ珍しいタイプの
山菜ですね。仰る通り、炒め物にも相性が良さそうです。下味を付けて
油通しした千切り牛肉とこっくりオイスターソースで炒め合わせたら
どうでしょう。

lucky

URL | [ 編集 ] 2011/05/24(火) 12:03:50

私も山菜大好きですが、イワダラ、クワダイ、初めて見ました。
どんなお味でしょうか。東北は本当に魅力的です。
山菜のダシなんて悶絶しそう(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/24(火) 21:45:14

 luckyさん こんばんは。

 イワダラはあまり香りがありません。どちらかというと
歯触りを楽しむ山菜でしょう。一方、クワダイはシドケ
と同じキク科だけにフキに通じる香りがあります。

 山菜のダシ、この季節限定です。是非、試されて
悶絶して下さいませ。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/296-3d10d701