庭の花と弁当

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

tubaki1.jpg
 ソメイヨシノ
はもうとっくに散ってしまいましたが、少し遅れて椿の花盛りを迎えます。椿の花の見頃も意外と短いもので、先に咲いたものから茶色く枯れて枝に残ったりして見栄えが悪くなります。この写真は我が家で一番大きく育っている紅色桃色二色咲きの椿です。一本の木に二色の花が咲き、両色の斑入りや絞りも合わせて咲き乱れるゴージャスな品種です。日頃、悲惨な被災現場ばかり目にしていますので、少しからエネルギーをもらいたいと思います。




 上は岩根絞り、下は白椿です。白椿の品種はたぶん大城冠だと思います。
tubaki2.jpg 
tubaki5.jpg

 岩根絞り
は鮮やかな紅色と白のコントラストが魅力です。成長が遅く、20年経っても腰くらいの高さのままです。白椿は清楚で気品がありますが、すぐに花が茶色く枯れてみすぼらしくなります。小まめに枯れた花を取っていけば良いのでしょうけど、大変な手間なのです。




 八重と一重の紅色の椿。八重はバラの花のような西洋椿の一品種、たぶんバレンタインデー(上)、一重の猪口咲きは侘助(下)です。
tubaki6.jpg 
tubaki7.jpg

 侘助
は同じく一重のヤブツバキに近いのでしょうか。中国から伝わった別種との交配種とも言われていますが。小輪ですが、簡素さが茶人好みと言われる所以なのでしょう。




 がらりと変わって、こちらは小さな八重の花をいっぱい咲かせた庭桜(ニワザクラ)です。
tubaki8-1.jpg

 低木で1mにもなりません。毎年、椿と同じころに可愛らしい花をたくさん咲かせます。桃色の着物を着た元気いっぱいの童女のよう。





 さらに話ががらっと変わって恐縮ですが、最近、はまっているかにかまレタスマフィンです。^^
tubaki9.jpg

 もっちりマフィンをさっとトーストし、日本の生んだイミテーションフードの草分けかにかまレタスマヨネーズを乗せて挟んだものです。ベーコンやチーズよりしっとりしていて、淡白で飽きが来ないのです。でも、これを本物の蟹肉で作ったらどんなに美味いのでしょう。作り立てより、ラップやホイルに包んで、1時間くらい置いた方が全体が馴染んでより美味しくなります。




 最近、弁当にもこれを持って行っています。これ一つじゃ足りないので、小さなカップ麺かカップスープを付けています。
tubaki10.jpg

 震災からひと月余りはガソリンも手に入らず、車以外に交通手段がなかったので、家の近くの関連事務所に勤務させられていました。従って、食事を作る時間も結構あって、朝にご飯を炊いて弁当を作っていましたが、今は救援や自衛隊の車で大渋滞の道路を2時間弱かけて通勤しており、弁当や食事が手抜き気味です。あまり添加物の多い食品を摂り続けるのは不安があるのですが、この生活に慣れたら、徐々に改善したいと思います。





 宮城の復旧は始まったばかりですが、通勤経路の空き地には仮設住宅がどんどん増えていきます。道路も応急工事で凸凹ですが、主要な道路は完全に走れるようになりました。ところで、この道路のヒビや亀裂ですが、多い道と少ない道がはっきりしています。カーナビを見ながらふと思ったのですが、東西に走る道路は横切る亀裂が多いですね。今回の地震で東日本が乗っている北米プレートが東へ延びたとされています。太平洋プレートに押さえ付けられて縮まっていたのが一気に解放されたのですから、南北方向に無数の亀裂が入ったのでしょう。地球規模の地殻変動を繰り返す地面の上に人間の社会が張り付いているのですから、壊れるのも当たり前なのですね。

2011/05/12(木) 05:05 | trackback(0) | comment(6)
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2011/05/12(木) 05:49:31

椿の花、綺麗ですね。

どうも普段は、枯れていたり落下した椿ばかり目にする機会が多く、ちょっと悪いイメージがあるのですが、キリっと咲いているところは本当にゴージャスです。

昔京葉の湾岸道路が出来たあと、数年で波を打つようになってしまいました。先日久しぶりに東北道を走ったら同じようになっていました。

福島の土湯峠に上がる道路も、数年前にバイパスが貫通したばかりですが、今回通ったら何箇所も、亀裂で通行不能の場所がありました。

昔ながらの自然に沿った道路よりも、大きく人の手が加わった橋や道路のほうが、今回のような地震の被害が大きいのかもしれません。

人が学ぶことはまだまだ残っているということですね。

kazu

URL | [ 編集 ] 2011/05/12(木) 19:05:54

おお!見事な源平咲きですね。

マフィンはパスコの超熟、よく食べます。イーストフード、乳化剤使ってないので・・・
今度、カニカマ買ってみようかな?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/12(木) 20:27:12

  風写さん おばんです

 花を眺めている時は災害のことを忘れますので、
気持ちのリフレッシュにもなります。

 私も同じ頃、湾岸を走り回っていましたが、できた
直後だったので、波乗り道路になったのはその後なんで
しょうね。

 東北自動車道も福島県の南部で凸凹が激しかったように
思います。やられやすい地盤があるのか、施工の問題なのか、
原因はきちんと調べておくべきですね。

 漁港の岸壁も近年作った丈夫そうなものも多くの箇所で傾いたり、
沈下しています。想定外とは言え、自然の力の前には脆いものです。
 

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/12(木) 20:39:02

 kazuさん こんばんは

 源平咲き。。。不思議ですね。
接ぎ木だったら、枝ごとにきっちり分かれるはずですが、
散らばっており、その中間の絞りや斑入りまで存在します。
源平の間にも裏切り者や日和見がいたみたいです。^^

 生物学的にはキメラ現象のようなのですが、その中間の
形態まで表現されているのは個体内における遺伝子の
連続的な変化としか思えません。動物だったら、怖いですけどね。

kazu

URL | [ 編集 ] 2011/05/14(土) 00:45:42

キメラ現象初めて学術用語知りました。
鳩でモザイクって色がごちゃごちゃ混じってるのいますね。
これもキメラ? ダジャレ言いたくなったけど、やめます。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/05/14(土) 23:30:27

  kazuさん こんばんは

 そう簡単にキメラれない。。。でしょう。^^

 キメラと種内の色彩変異は違いますね。ハトや猫のように
生まれた子供の色が違うのは、その種内にそれらを表現する
遺伝子が保有されていて、組合せで表現型が決まります。

 キメラは違った遺伝情報を持った組織がある個体に出現する
もので植物では接ぎ木でも作ることができます。免疫がある
からできないと思いますが、忙しい人に猫の手が移植出来たら
キメラかな。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/291-adf196d1