【大崎市古川】老舗の沖縄料理店でタコライスとウチナースバ

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

okinawasoba1.jpg
  国道4号線を北上し、古川の街を過ぎた辺りの左手に大きな沖縄そばの看板を目にしたことがある方は多いと思います。普段は日中しか通り過ぎないのですが、先日、夜走った時、闇の中に赤く煌々と輝く沖縄そばの文字が目に飛び込んできました。そして、夏の虫のようにすぅーっと吸い込まれてしまったのです。^^

 

 

 

 

 


 このお店の名前は、そのまんまの沖縄そばさん。ずいぶん昔からあるお店です。遠くからでも沖縄そばのネオンが目に入ってきます。
okinawasoba2.jpg okinawasoba3.jpg
 
東北で最も古い老舗のお店とのこと。初めて入ったのはもう20年以上前ですね。名前の通り、ウチナースバも食べられますが、沖縄直送の食材で作る本場の沖縄料理も頂けます。

 

 

 

 

 


 店内は居酒屋さんのような造りですが、所々に沖縄の民芸品や散在します。沖縄銘菓サーターアンダギーやチンスコウなども販売されています。
okinawasoba4.jpg
 カウンター、テーブル、小上がりなど合わせて45席、夜でも結構お客さんが入っています。

 

 

 

 

 


 メニューを眺めますと、そば類と定食ものが主体ですが、一品料理もありました。
okinawasoba5.jpg okinawasoba6.jpg
 
お値段はちょっと高めですね。私は通常、軟骨ソーキの入ったソーキそばか、ラフテーの乗った三枚肉そばを注文するのですが、今日は夜なので豪華に両方が楽しめる特製そばを頂きます。

 

 

 

 

 

 

 細君は壁に貼られたジーマミー豆腐タコライスが気になるようで、両方を注文しました。
okinawasoba8.jpg
 
おばぁが作ったさぁ~に釣られました。^^ ジーマミーとは地豆すなわち落花生のことです。タコライスは比較的新しい沖縄料理で、メキシコのタコスの具をご飯に乗せたものですね。

 

 

 

 

 

 

 


  
 これは珍しいナーベラーがありますね。沖縄の食用ヘチマです。味噌煮かチャンプルーでしょうね。
okinawasoba7.jpg okinawasoba9.jpg

 箸袋の裏には沖縄方言(ウチナーグチ)が書いてありました。料理を待つ間の暇つぶしにちょうど良いですね。^^

 

 

 

 

 

 


 
 これがジーマミー豆腐480円です。豆腐となっていますが、胡麻豆腐の親戚ですね。
okinawasoba10.jpg
 
つまり、胡麻の変わりに生の落花生を磨り潰して、葛などのデンプンで固めたものです。胡麻豆腐より淡白で爽やかです。ただ、かけてあるタレがみたらし餡のように甘く、ジーマミーのほんのりした甘味をかき消します。これは、山葵で醤油をちょっと垂らして食べた方がよいように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらが細君のタコライス880円。一見するとサラダにしか見えません。^^
okinawasoba15.jpg
 
お盆に載っているアニメキャラ柄の筒はジュースではなく、ケチャップとチリソースでした。

 

 

 

 


 


 


 掘り起こすと草むらの下から豆無しのチリコンカルネのようなミートソースと溶けたチーズが乗ったライスが出てきます。
okinawasoba17.jpg okinawasoba18.jpg
 
チリソースをかけて掻き混ぜながら食べ進みます。なんかとっても米軍好みのジャンキーな雰囲気ですが、たしかにはまる食べ物ですね。これは家でも簡単に作れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは私の特製そば1030円です。30円は消費税3%時代の名残でしょうか。副菜は春雨の酢の物と柴漬けでした。春雨は昔から変わりませんね。
okinawasoba11.jpg
 
麺もソーキそばや三枚肉そばよりは多めなので、夕食替わりには都合が良いですね。ちゃんとコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)も添えてくれています。カマボコや紅生姜もウチナースバの必須アイテムですね。

 

 

 

 

 


 


 このトロトロに煮込まれた三枚肉(豚バラ肉)の美味しいこと。
okinawasoba12.jpg
 
皮が付いているから食感も独特で美味しいのです。ご飯の乗せて食べてもよさげですね。

 

 

 

 

 

 

 

 こっちがソーキなのですが、軟骨の入った軟骨ソーキです。軟骨もトロリと煮込まれています。
okinawasoba13.jpg
 
ソーキは豚のスペアリブですが、コラーゲンたっぷりの軟骨が入った部分は軟骨ソーキと呼び、本ソーキと区別されます。軟骨ソーキは肋骨の先端分の軟骨とそれを取り囲むアバラ肉のことなんです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 そして、この。本場沖縄のより美味しいのです。ヤマトンチュー好みにかなり改良されています。
okinawasoba14.jpg
 
ウチナースバの麺は、もっとボクボクした感じなのですが、この麺はプリンとした弾力と透明感があります。これが、この地で長年人気を集めている秘訣なのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 


 みちのくでも草分け的存在の沖縄料理店沖縄そばさんは今も健在でした。少し高いとか接客が良くないとか色々批評もあるようですが、まだ仙台にも本格的な沖縄料理店がない時代から沖縄料理をこの地で提供し続けてきた実績は絶賛されるべきだと思います。しかも、タコライスなど近年の沖縄のトレンドも積極的に取り入れている姿勢も評価されるべきでしょう。

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/01/21(木) 05:00 | trackback(0) | comment(9)
前ページ | | 次ページ

wakame

URL | [ 編集 ] 2010/01/21(木) 07:59:19

古川にこんな素敵な沖縄料理屋さんがあるのですね!
サエモンさんのお蕎麦、ソーキも豚バラも入っていて超豪華ですね!!
おいしそーーo(^▽^)o

昨日、たまたまTVでタコライスがやっていて、相方にタコライスってタコ入ってないんだねー?これおいしそう、作って。
と、言われたのですが(;_;)サエモンさん、タコライスのお手軽な作り方、ご存知ですか?涙

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/01/21(木) 21:37:52

wakameさん こんばんは。

 古川の沖縄そば、ご存じなかったですか。
4号線を北上すると、否が応でも目に飛び込んできます。

 タコライス、、、かつて沖縄通いしている頃は見たことも
なかった新産物です。作り方はこちらのお店でしか食べて
いないので、よくわかりませんが、挽肉をタコスパウダーで
炒めるのが手っ取り早いのでしょう。でも、クミンを利かせた
ソース味でもよいと思いました。

 ライス、ミートソース、チーズの順に積み上げるですが、
チーズを十分にとろけさせるには、ここで一旦レンジでしょうね。
その後、キャベツやレタスの千切りトマトの細々じゃないでしょうか。
サルサかチリソースは必要ですね。今度、自分でも色々試してみますね。

inakanoturisi

URL | [ 編集 ] 2010/01/22(金) 20:05:50

初めてコメントさせていただきます。

ほんとにここのソバは美味しいですよね!
本場のソバの戻りきっていない「どんべ○」のような食感がいまいち好きになれないのですが、ここのはコシもあって!!

運転手ではないときは、島らっきょうで軽くオリオンビールを飲んで、〆でソバなんてことをよくします。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/01/22(金) 20:37:48

 inakanoturisiさん 初めまして。

 ご閲覧ありがとうございます。
はい、こちらの麺はウチナースバより我々には美味しく感じます。
”戻りきっていない「どんべ○」”には笑ってしまいました。^^

 でも、沖縄の太陽を浴びて、空気を吸って過ごしているあの麺が
フィットしてくるのですよ。今でも、たまにあの麺が食べたくなります。

 inakanoturisiさんは釣りをなされるのですか?
私も釣り師の端くれです。旧ブログ(別館)のカテゴリーで釣り魚を
ご覧下さい。釣った魚の料理をアップしております。

おお

URL | [ 編集 ] 2010/01/22(金) 21:16:08

タコライス、要はタコスの具とレタス・トマトをゴハンにかけただけ。
金武町キャンプハンセン前のお店が元祖です。
ワタシ、食べに行ったことがあります。

数年に一度は無性に食べたくなるので取り寄せて作ります。
レトルトのタコライスの具とサルサソースは売ってます。
サルサソースはたっぷりめ、チーズはチェダーチーズが基本です。

でもやはり向こうで食べるのが一番です。そばも。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/01/23(土) 07:02:56

  おおさん 情報ありがとう。

 タコスの具だとすると、チリコンカルネになりますよね。
チリコンカルネにはよく豆が入っていますが、タコライスの
場合に豆が入ることもありますか?
 入ってもよいのなら、チリコンカルネの缶詰がやまやに
売っているので、簡単に出来ます。サルサもおいてあるし。

 それと、チーズはご飯と炒めた挽き肉の余熱だけで
とろけますか? こちらのお店ではトロトロに溶けており、
チーズを乗せてから加熱しているとしか思えませんでした。
それとも薄いシートタイプのチーズなら溶けるのかな。

 すみません。タコライスが産まれる前の沖縄しか知らない
もので・・・。ご教示よろしくお願いします。

おお

URL | [ 編集 ] 2010/01/23(土) 10:08:14

中途半端な書き込みをしてしまいました。
サエモンさんのお問い合わせでよーく考えてみたのですが。。
何せウチナー(沖縄)はテーゲー(適当)なので。

基本は熱々のご飯にタコスミート、チーズ、レタス、トマトを盛り、ソースをたっぷりかけて混ぜまぜしながら食べるだけです。

まずは具とソースですが。
普通は「タコライス専用」を使います。
チリコンカルネは使ったこと無いのでわかりません。スミマセン。

一番お手軽なのはレトルトの具を使うこと。
ワタシは定番の「オキハム」製を一緒に取り寄せます。
http://okiham.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=663651&csid=0
http://okiham.shop-pro.jp/?pid=17444296

また、タコライス専用スパイスを売っているそうで挽肉にスパイスを混ぜながら炒めるとより本格的?のようです。

チーズですがとろけてません。
種類は決まっていませんが、細長く刻むことです。
いわゆる「スライスチーズ」のイメージです。

おお

URL | [ 編集 ] 2010/01/23(土) 10:16:30

追記します。
野菜ですが、こちらのお店はプチトマト、キャベツ、レタスを使っているようですね。
普通はトマトのスライスとレタスを刻んでたっぷり盛ります。
キャベツは使いません。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/01/23(土) 11:04:53

 おおさん 色々ありがとうね。

 そうか、チーズは溶けていなくてもいいのですね。
こちらのお店では、貼り紙にトローリとろけると書いてありましたが、
ヤマトンチュウ好みに改良したのですね。スバも透明感と弾力が
あって、ウチナースバ以上に美味しいのです。

 オキハムのタコライスパックを一度買って、味を再現してみたく
なりました。でも、タコライスは暑い季節がしっくり来るようにも
感じます。露地の野菜が収穫できる頃にやってみますね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/29-33145717