復旧の日まで(8)【支援物資の到着】

カテゴリー: 3.11震災関連

 相変わらず、炊飯器やホットプレートなどの電化製品での調理が続いていますが、地震から11日目の3月22日に、やっと水道が復旧しました。朝、お隣さんから給湯器から水が噴き出していると起こされ、水道の復旧と給湯器の故障を知ります。水道が使えるようになったのは有難いのですが、給湯器内の水が凍結してどこかを破裂させたようです。ガスの復旧見込みは立っていませんが、それまでに直さないと風呂に入れません。急いで修理をお願いしました。ところが、同じケースが多発しており、部品がいつ手に入るかわからないとのことでした。現代的な生活は一度崩れると立て直しにずいぶん時間を要するものです。





 震災から12日目、宅配便がサービスセンター留めだと輸送可能と先日知って、上京中の妻に支援物資をお願いしました。数日前より、東北自動車道が緊急自動車以外にも開放されたようです。
jisin8-1.jpg

 まるで玉手箱です。飢えているだけに逸る心を抑えるのが大変です。発送の際には、道路事情が悪く、いつ届くかわかりませんと言われたそうですが、しっかり翌日には届いています。



 
 箱の中にはぎっしりと食料品衛生関連用品が詰まってます。
jisin8-2.jpg

 こちらからのリクエストで生野菜と野菜ジュース、マルチビタミン、マスク、ウエットティッシュなどをお願いしていました。野菜はこちらのスーパーなどで手に入るようになってはいますが、営業時間制限があり、値段も高いのです。


  



 その後、弟や友人から続々と物資が届き、カップ麺だけでも田舎のお店以上の品揃えになってしまいました。
jisin8-3.jpg

 いくらなんでもこれは多すぎます。寝坊して弁当が作れなかった時の備蓄程度があればよいので、飲料水の受給を代行して下さったご近所さんや食料供給事情が悪い地区の友人に配って回りました。

 





 これから、南風の頻度が高まると福島第一原発から放射物質の飛来が多くなると思い、気休めですがマスクを所望しました。
jisin8-5.jpg

 風呂はおそらく一カ月は入れない見込みなので、体を拭くためのウエットティッシュが便利です。赤ちゃんのおしりふき用のが大きくて使いやすかったですね。メントール入りのティッシュは顔を拭くとスッキリします。消毒薬化膿止めは備蓄があったのでバンドエイドだけをお願いしました。外で仕事をすることも多いので破傷風が恐ろしいのです。




 それにしても、この度の震災が厳寒期や盛夏でなかったのが、不幸中の幸いでした。降雪や氷点下の続く時期ですと避難所も過酷すぎますし、また、昨年のような酷暑では、食料も腐敗が速く、食中毒感染症も多発していたでしょう。

 

 




 今まで悲惨な風景ばかり見てきましたので、心も少し荒み気味。を愛でるゆとりもありませんでした。
jisin8-6.jpg 
jisin8-7.jpg

                                      (4月2日撮影)
 休息日に庭に出てみるとこんな花たちが咲いていました。黄色から咲き始めるクロッカス(上)、この後、が続きます。清楚なニホンスイセン(下)も可愛らしい。派手さはありませんが、嫌味がないので好みです。花たちを眺めていますと少しの間、現実から離れることが出来ます。





 地震から11日目で水道が復旧し、を蓄える必要がなくなりました。これだけでも精神的にずっとらくになります。日中、働いていますとなかなか支給を受けに行けませんので。食料も宅配便がサービスセンター留めとはいえ、届くようになり、近所のスーパーも夕方まで営業するようになったので飢えの恐怖からも逃れることが出来ました。風呂はなくても何とかなるものです。震災前まで毎日入っていたのが贅沢だったようにも思えます。給湯器が治っても入浴は少し間隔を開けて入るようにしたいと思います。



2011/04/09(土) 06:00 | trackback(0) | comment(11)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 07:16:23

たっぷり届いた支援のカレー、ごはん、カップラ、ほぼ食べてしまったところであの余震!うかつでした。朝、停電でコンビニは弁当売ってくれず。やっぱり非常食はちゃんととっておかないとダメですね。

sobajin

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 10:12:16

不自由な中にもたくましく ? 生き抜くすべを発揮しているサエモンさんに敬服。
sobajin もかなりサバイバルはと自認していますが負けそうです。
即席物もそのままが続くと辛いものがありますよね。
インスタントラーメンなんかスープと麺を分けて他のものとアレンジすると目先が変わりますよ。
頑張ってください。

さかな

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 11:11:22

軽く濡らしたタオルを電子レンジで加熱すると簡単に蒸しタオルが作れます。
ウェットティッシュで体を拭くより気持ちよくさっぱりしますよ。

私もかなりの期間職場の汚泥、ガレキ撤去にあたりましたが、破傷風の予防接種を受けておいて良かったとしみじみ思いました。
特殊な職場に勤務しているおかげです。

なお

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 13:07:31

またスーパーやコンビニ…
崩れた商品を元に戻すまで開店しませんよね…
スタンドもまた行列みたいだし…

近々?成田から『チェリーブラッサムマン』がやって来るとか来ないとか。楽しみだな。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 21:05:51

 一括レスをご容赦下さい。

 ぺこりんさん

 大きな地震の後には数カ月に亘って
大きな余震があるようです。スマトラでも
最大余震は二か月後でした。くれぐれも
油断のないようにして下さい。


 sobajinさん

 背に腹は替えられず、その場その場で最良の
方法を選んで食べています。極力、添加物の多い
保存食は食べないようにしていますが、適当に
利用してます。先日の余震でまた、振り出しに
戻りました。(涙)


 さかなさん

 職場、大変でしたね。こちらも浸水しなかった
二階部分を使えるようになるにも半年は掛かるようです。

 そうですよね。寒い時に冷たいティッシュは辛いです。
電気さえ来ていれば、レンジタオルもありでしょう。

 破傷風の予防接種は日頃受けておくべきですね。海外派遣
が多かった時分にはよく受けていたのですが、昨今は手薄
でした。



 なおさん ご無事で何より。

 やっと生活を立て直してきたのに、また、
突き落とされた感じですね。水道はかなり長引く
との噂も流れています。疲れますが、頑張りましょう。

 花見男ですか? なんともお気楽ですなぁ。

なお

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 22:48:29

サエモンさん!!違います違います!!

おおさんが気をつかってくださって「何か送るから」と連絡頂いたから「モノはいらないからおおさん自身が物資として来てください」とお願いしたんです。
来てくれたことで集まれる人が集まってお花見の様に集まれる場=きっかけになりますから。という意味で「チェリーブラッサムマン」とワタシが勝手に命名しただけですョ ^0^;

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 22:51:39

 なおさん

 了解です。^^

さちお

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 23:22:32

余震にも負けず、知恵袋のようなブログを公開してくださり、ばたばたの暮らしの中で一息つかせていただいています。
今回の余震(どう考えても宮城県沖地震と考えていますが)のときは、秋田市にいました。こちらもかなり揺れて停電しました。
月曜に仙台へ戻ってからアパートの中を見るのが怖いです(T_T)

桃猫

URL | [ 編集 ] 2011/04/09(土) 23:30:31

サエモン先生
外でお仕事が多いとのことで、破傷風はもちろん頭にいれてお仕事されていると思います。
お料理されて栄養は吸収していると思いますので、大丈夫なこと願っています。
破傷風は症状がでてから病院に受診は遅すぎますのでぜひ予防注射をしてくださいね。地震によって医師は破傷風を頭にいれて診断をすることでしょうが、実は医師が見逃す病気の一つです。地震によりかたずけをして筋肉痛では?と誤診されることが多いです。目の前で患者を観察してきたからこそ言わしていただきました。
人により2日以内に命にかかわります。
どうぞお体無理なさらずにお仕事してください。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/04/10(日) 18:49:44

さちおさん おばんです。

 
 本当に本震に迫る規模の地震で単発なら大地震でした。揺れ方も
本震とは少し違うようで、前回崩れなかったところがやられていたり
しました。

 悔しいのは、休みの度に少しずつ、積み直してきた本棚が一気に
元の状態に戻されたことです。せめて、突っ張り棒をかけるまで
待ってもらいたかったです。(涙)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/04/10(日) 18:51:29

 桃猫先生 こんばんは。

 破傷風の追加接種は受けておくべきでした。と言っても、日常では
開発途上国へ派遣される時以外には受けたこともありませんでした。
とにかく瓦礫の中を歩く時は釘やガラスの破片を踏まないよう細心の
注意をしています。瓦礫に近づくことは、今後も続きそうですので、
折を見て接種したいと思います。

 例年なら、畑を起して堆肥を鋤き入れる季節なのですが、今年は
なかなか精神的なゆとりがありません。夜に記事をまとめるのが唯一
の慰みです。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/280-f54c77e6