仙台銀座おやどでプチ青森(中央@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

oyado1.jpg
 東北新幹線青森開通記念美味探索ツアーまであと一週間となりました。 少しでも青森の情報を得ようと青森ご出身の女将さんがやっているお店で青森とゆかりの深いお方にお付き合い願い、呑みながらも情報収集に努めました。そのお店は仙台銀座のおやどさんです。おやどと言っても宿ではありませんよ。



 
 仙台銀座は仙台駅間近のビルの谷間に残された呑兵衛のサンクチュアリです。^^
oyado2.jpg
oyado3.jpg

 どういう時代になってもこのような昔ながらのエリアは温存したいですよね。何でも近代的なビル街にしたら、日本や仙台の特色がなくなってしまいますよ。
 




 さて、おやどさんの献立ですが、津軽の郷土料理はこちらのように7品。
oyado7.jpg

 定番の貝焼き味噌や切り込みや飯寿司もありますね。これは楽しみです。メニューには帆立貝味噌焼きとなってますが、これでは味噌を付けながら焼いたホタテのように思われますが、青森名物の卵味噌の一種です。


 

 お通しも青森の郷土料理、生姜味噌おでんです。
oyado8.jpg

 これの歴史は意外と浅く、戦後からと言われています。青函連絡船を待つ人に温まってもらうため、温を上げる効果のある生姜がたっぷり入れた味噌でおでんを食べさせたのが始まりと言われています。
 




 こちらはホッケの飯寿司です。ニシンが切れていてホッケとなりました。まずはじょっぱりで始めます。
oyado9.jpg
oyado10.jpg
 
あら、これは干物のように硬いですね。塩乾品のホッケを麹に漬けたのでしょうか。でも、噛むほどに深い味わいが染み出てきますね。
 



 続きまして、身欠き鰊とキュウリの相盛りです。
oyado11.jpg

 キュウリは季節外れですが、この身欠き鰊の口直しにはぴったり。身欠き鰊もこのようにそのまま切ってつまみになるのですね。スルメのように噛み締めながらお酒と合わせます。
 



 それでは、少し温かい物も。青森の郷土料理でも人気ベスト3に入るホタテ貝焼き味噌です。
oyado12.jpg
oyado13.jpg

 味噌味の汁でホタテを炊き、そこへ溶いた卵を流します。親子丼のようにそのまま固めるのではなく、よく撹拌して、ふんわりとした感じに仕上げます。これ、ご飯にかけたら絶対美味い、間違いない。
 




 これは赤蕪と菊芋の漬物。
oyado14.jpg

 青森から送ってもらっているそうで、菊芋のパリパリとした食感が爽やかでした。
 



 

 じゃ~ん、なぜか突然ワインです。^^
oyado15.jpg

 実は女将さんは大のワイン好き。ワインの目利きも確かです。これはシチリアのCORVOのロッソ、大衆的な価格ですが、酸味、渋味、甘味も良くこなれて佳いワインです。
 



 

 ワインのあてはこれです。味噌味のピッツァ。
oyado16.jpg

 これが実に生地に合うのです。味噌はチーズとも合いますので、上手い具合に取り持ってくれています。


  
 
 青森遠征の準備として、仙台で青森の郷土料理を頂ける居酒屋さんを探していてこちらのお店を探し出しました。バンド活動をしている物静かなご主人とやり手の女将さんが良いコンビでした。付き合い頂いたお連れ様からも、女将さんからも青森の貴重な情報を頂きました。20時頃にはお客さんも増えて席も埋まりました。青森ご出身の方々でしょうか。みなさま、楽しそうに呑まれていましたよ。


 


津軽の休み処おやど


・所在地  :仙台市青葉区中央3-9-18 蕉風ビル2F  
・電 話   :022-263-3750 
・営業時間 :17:30~23:30  
・定休日   :日曜日  
・駐車場   :なし





← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。   

2011/01/09(日) 05:00 | trackback(0) | comment(9)
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2011/01/09(日) 07:35:48

よぐわがねしたって、仙台さも津軽がらけっこう人いっちゅんだべな。
東京さも青森の人やってる店あるぃえども、
いなが懐かしたきゃぐ多くて結構はやっちゅんだろぉ。
やっぱしこどばいんだべな。ほっとすっきゃ。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/01/09(日) 15:54:12

  ちょろりさん 

 半分くらいしかわかりません。^^

 津軽弁とウチナー口(沖縄方言)はスペイン語とイタリア語より
離れているんでしょうね。文法は同じでも単語や発音がまるで違います。

 そういえば、東京から戻ってきて間もなく、浜の青年部を連れて、
青森に視察に行ったことがありました。引率者の私が青森で
道を訪ねても全く分からず、見かねた若いのが代わったのですが、
頭を掻き掻き、「おらもわがんねぇ」と戻ってきました。^^

 今週末はいよいよ青森ですね。早く津軽弁をBGMに郷土料理
を堪能したいです。
 

 

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2011/01/09(日) 20:07:35



はっきりしたことは分からないけれど、
仙台にも津軽地方からかなり人の流れもあるんでしょうね。
東京にも津軽出身の方がやっているお店があるんですけど、
田舎のことを懐かししむお客さんが多くて結構流行ってるみたいですよ。
やっぱり(故郷の)言葉が良いんでしょうね。安心するものね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/01/10(月) 09:19:40

  ちょろりさん

 ありがとう。やはり半分しかわかっていませんでした。^^
たしか、口もあまり大きく開けないで発音するのでしたね。
それも余所者には聞き取りにくい要因のようです。

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2011/01/10(月) 13:51:04

師匠 ちょろりさん こんにちは!
青森の旅 好いですねえ~ 羨ましい♪

我が家は出費のピーク
お兄ちゃん成人式、娘大学入学&免許(バイク&車)&バイク購入
お父さんのお小遣いはどうひねっても出て来ません(笑)

こちらのお店で津軽弁だけでも聞きに行きましょうかね
我が家愛飲のCORVOも入っているようですしね♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/01/10(月) 19:28:52

  びーえむあいさん

 おばんです。青森遠征残念です。
我が家は一人扶養家族から抜けましたので、少し
楽になりました。この就職難、さらなる進学を望まれたら
どうしようかと夫婦でドキドキしていました。^^

 こちらのおやどさん、やり手のママさんとミュージシャンで
ありながら内気なご主人がいい雰囲気ですよ。
CORVOは庶民の味方で、本当に有難いです。^^

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2011/01/11(火) 17:55:36

>びーえむあいさん
青森ツアー不参加は残念でしたが、次の企画でお会いしましょうね。
津軽弁、南部出身の私はヒアリング習得に半年かかりました。
スピーキングは難しいです。^^

kazu

URL | [ 編集 ] 2011/01/11(火) 18:00:48

う~む。味噌味のピザねえ。それを赤ワインでとは・・・

津軽弁は、沖縄言葉と同じく通訳がいりますね。
農協組合長の言葉は分かるのですが、農家の方は分かりません。
それでも、想像で原稿書きました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2011/01/11(火) 20:48:49

kazuさん こんばんは。

 味噌味のピッツァというより、味噌の風味も加わった
と言った方が適切だったかも知れません。味噌はチーズと同じ
発酵食品。共通点はありますので、それなりに融合します。

 確かに青森に単身赴任になったら、半年はパニックでしょうね。
でも、私は美味しい物探しで幸せでしょう。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/240-3ab5c3a8