聖護院蕪のスープ

カテゴリー: 料理:野菜・果物

kabusoup0.jpg
 前記事に引き続き聖護院蕪の話です。大きく形よく育ったはすでに蕪寿司に仕込み、残った小型のを日々利用してきましたが、とうとう、が降りるようになりました。こうなりますと、大根も凍みてしまい、不味くなります。慌てて掘り起し、冬囲いにします。でも、鮮度のいいうちに楽しんでおきたいので今日はのスープです。
 




 大根も霜が当たる前に、掘り出して地面に埋めてしまいます。
kabusoup1.jpg kabusoup2.jpg
 
葉を落として、その葉に挟むようにして、土をかけます。これで一冬、利用し続けます。
 




 さて、今日はのスープです。鶏もものぶつ切りでダシを取ります。
kabusoup3.jpg
 なんだか、鶏の方がメインに見えますが、本日はあくまで蕪が主役です。
 




 鶏もものぶつ切りをベイリーフやパセリの軸、野菜くずと煮込みます。
kabusoup4.jpg
 沸騰させてアクをこまめに取っていきます。最後にを加えてもう一度アクを取り濾しておきます。
 


 主役のとそのを微塵切りにします。は美味しいので大量に使います。
kabusoup5.jpg
 彩りに人参にも参加してもらいます。
 



 スープに刻んだ野菜類を加えて煮込みます。
kabusoup6.jpg
 野菜は、え~っ、こんなにたくさん?? と言うくらいでちょうど良いです。日本料理だと色を活かして、さっと煮ですが、欧米ではじっくり煮込みます。その方が口当たりは良くなります。
 





 出来上がりはこんな感じです。柚子皮を浮かして季節の香りを添えます。
kabusoup7.jpg
kabusoup8.jpg

 さっぱりとした野菜たっぷりのスープです。体が癒される優しい味に仕上がりました。
 




 さて、ダシを取った鶏ももですが、そう簡単に旨味は抜け切りません。もう一品作ります。
kabusoup9.jpg 
 
 アチェート・バルサミコと醤油、味醂を詰めて、蒲焼風のタレで炒り付けていきます。鶏ガラより家庭ではこの方が一石二鳥ですね。
 





 こんな感じで温野菜とともに盛り付けました。
kabusoup10.jpg
kabusoup11.jpg
 蕪や人参の他にプチベールという葉菜も使ってみました。蕪や人参は上記のスープで煮ています。プチベールも同様にさっと茹でました。鶏を炒り付けたフライパンに残ったソースを牛乳とマヨネーズ少々で伸ばして煮詰め、野菜にかけています。
 





 畑の冬支度で掘り起こしたでちょっとしたご馳走になってしまいました。^^
kabusoup12.jpg

 市販の小蕪でも美味しく出来ますので、是非、やってみて下さい。ただ、葉っぱが萎れていない蕪を求めないと駄目ですよ。





 上の写真左上のペースト状のものは、フライパンにへばりついたソースを無駄にしないために、お湯を加えて煮立て、そこへパンを加えて練ったものです。こってりした蕎麦がきみたいな感じです。これにより、排水に流し込む負荷も減らせますし、旨味たっぷりのソースも無駄にすることなく利用し尽くせます。^^ 是非やってみて下さい。 






  ↓ ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/12/21(火) 05:00 | trackback(0) | comment(5)
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2010/12/21(火) 12:51:37

あれ、肉は?と思ったら2品になるなんて!
私もバルサミコとしょうゆに砂糖とか蜂蜜足して甘めのソースで肉を食べるの好きです。あと酢豚にバルサミコ入れたりもします。
しょうゆと相性いいんですかねー

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/12/21(火) 21:00:38

  ぺこりんさん

 いつもコメントありがとうございます。
バルサミコに蜂蜜を加えて酸味を緩和するのは
プロのテクニックですね。私は味醂でやってます。
 
 私は相当前からバルサミコ+醤油+オリーブオイル
のドレッシングをサラダに使ってました。合うのですよ。^^

lucky

URL | [ 編集 ] 2010/12/22(水) 18:18:49

二品出来ちゃうのがなんとも嬉しいレシピですね^^
義父の畑に蕪ができてますから、それでやってみたいと思います。
聖護院大根を育てておられるなんて羨ましい!
関東ではなかなかお目にかかれないものですから、
久しく食べていません。。甘くて美味しいですよね♪

lucky

URL | [ 編集 ] 2010/12/22(水) 18:21:32

あっ間違えました「大根」じゃないですね。
「蕪」でした・・・(^^;スミマセン

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/12/22(水) 20:36:31

 luckyさん こんばんは。

 我が家でチキンのスープを取る時は
鶏ガラでやることはほとんどありません。
骨からのダシだけより肉も加えた方が
美味しいのは西洋でも同じ認識です。
 であれば、手羽元や手羽中でやれば
一石二鳥ですよね。^^

 聖護院蕪、今年は上手くできました。
やはり暖かい年の方が向いているのかも
知れません。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/229-da90443b