スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

秋鮭と舞茸のリゾット 美味しいよ♪

カテゴリー: 料理:穀・粉類

rissot1.jpg
 今年の夏の猛暑で海水温も高めに経過しました。9月に入り、秋鮭(シロザケ)が帰ってくる季節を迎えたのですが、北海道では例年の半数以下の漁模様。宮城ではどうなるか気掛かりなところですが、大豊漁だった昨年、一昨年と比較しますとやはり半数以下となってます。しかし、市中には野菜のように高騰することなく、出回ってくれていました。今日は北洋から帰ってきた秋鮭舞茸を使ってリゾットを作ってみました。



 リゾットの主な材料は3人分で秋鮭の切り身(小)3切れ、舞茸一塊、米1.5カップです。
rissot2.jpg
 
これらにニンニクと玉葱、パルメザンチーズ、塩胡椒となります。写真にはありませんが、チキンスープ(ブイヨンの素でも可)を1リットルほど用意しておきます。


 は洗いませんので、気になる方は無洗米を使って下さい。なぜ洗わないかと言いますと、乾いた米は最初に触れた水分を吸ってしまってあとからのスープが入りにくくなると料理界ではされていますが、若干疑問も感じます。実験している時間がないので、今日は定法に従って作ります。





 まず、最初にニンニクと玉葱の微塵切りをオリーブオイルで炒めます。
rissot3.jpg
 
この時、焦げ付かせますと仕上がりが醜くなりますので弱火で時間をかけて炒めて下さい。



 玉葱に透明感が出てきたら手で千切った舞茸と賽の目に切った秋鮭の身も炒め合わせます。
rissot4.jpg

 まだ何も下味は付けていません。味は最終段階で調整します。





 鮭舞茸にさっと火が通ったら、生米を炒め合わせます。
rissot5.jpg

 最初に具材を端によけて、空いたスペースでコメが透明になるまで炒めます。焦げ付きやすいのですが、なるべく油を足さないで弱火でやりましょう。





 引き続いて、チキンスープをワンカップ位ジャーッと注ぎます。
rissot6.jpg
 
これから20分ほどの神経戦が始まります。リゾットだけはこの間、他の仕事が出来ません。付きっ切りの面倒が必要とされます。




 
 決して掻き回さず、底の焦げ付きを防ぐ感じでヘラを動かします。
rissot7.jpg
 
粘性が高くなって、底にくっ付き始めたらスープを足します。最初にザプザプにスープを入れておけば良いのではと疑問が生じますが、全くその通り。いつか実験してみます。



 大体20分くらいで米に硬い芯がなくなります。仕上げにパルメザンチーズを加えて塩と胡椒で味を調えます。 
rissot8.jpg
 
よく世間ではパスタやリゾットはアルデンテAl denteに仕上げるとしていますが、決して芯が残っている状態で食べることではありません。イタリアの食卓でも食べる時にカチッと感じることはありませんでした。芯が消えた瞬間を捉えて食卓に運べばベストコンディションになるのです。歯に感じるアルデンテはそのような歯応えのことです。さて、米が煮えた時、多少水分が残っていてもパルメザンチーズが水分を吸い、強い粘着性で全体をまとめてくれます。





 こんな感じで名残のバジリコを飾ってみました。
rissot9.jpg
 
ビジュアル的には形の良い鮭の切り身や舞茸を天に盛っても良さげですが、食べては細々混じっていた方がずっと美味しいですね。




 秋の味覚、秋鮭舞茸をふんだんに使ったリゾットを作ってみました。リゾットは決して雑炊ではありません。生米をパスタに見立てて、スープで炊いた料理です。パスタをスープで炊いたフィデウア(Fideua)というスペイン料理がありますが、共通する調理法です。今回はチキンスープで炊きましたが、をホールで買った時は頭や中落ちで取ったダシでリゾットを作れば、の純粋な美味しさを堪能できることでしょう。







← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/10/18(月) 05:00 | trackback(0) | comment(4)
前ページ | | 次ページ

愛酒る会

URL | [ 編集 ] 2010/10/19(火) 13:02:32

こんにちは
似たもの作りました。(似てないのかな?)
ドリアです

秋鮭に塩・コショウをふって、焼く
玉ねぎ・シメジをオイル・白ワインで炒め、
そこにごはん+ブイオン+粉チーズをパラパラ
適当に塩・コショウ

皿にもって、秋鮭+ブロッコリ+とろけるチーズでチン

カロリー高いと娘達は言ってましtが、ペロリでした

リゾットとは根本的に違うんでしょうね

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/10/19(火) 20:55:22

  愛酒る会さん おばんです。

 ん~、、、、かなり美味しそうですが、
それは焼き飯のチーズのっけレンジ蒸しかなぁ。。。。


 ドリアは本来、ご飯にベシャメルのっけでオーブンです。
現在はバリエーションが多くて混沌としてますが・・・・


 リゾットは記事のように生米をスープで煮たものです。
雑炊やお粥よりコメの一粒一粒が生きてます。ただね、
作るのが面倒なんですよ。時間と暇がある時にどうぞ。

愛酒る会

URL | [ 編集 ] 2010/10/19(火) 22:20:47

ちょっと手抜きでした。
ごはんにポタージュスープ(市販品)もまぜまぜして
オーブンレンジでチンです

それにしても手抜きですよね

まずは、自己満から徐々に。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/10/21(木) 06:28:09

  愛酒る会さん

 要は美味しければよいのですよ。
ポタージュ混ぜご飯のドリアももう一工夫で
商品になりそうですね。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/tb.php/202-f07fb176
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。