FC2ブログ

【石巻市】人気のカフェを巡る旅 その2

カテゴリー: 外食:その他

ishinomakicafe2-1.jpg 
 前記事のくさんかんむりさんに続きまして、石巻のカフェ巡り2軒目は田園地帯から一気に海辺へと向かいます。牡鹿半島の付け根に近い桃ノ浦湾の蛤浜です。ほとんどの民家は東日本大震災で被災しましたが、高台に建てられた古民家が残りました。ここで、ボランティアの方々を中心とした蛤浜再生プロジェクトが展開しています。その一つが、Cafeはまぐり堂です。




 石積みの階段を上り詰め、石畳を進みますと、築100年の古民家の玄関に行き当たります。
ishinomakicafe2-2.jpg
ishinomakicafe2-3.jpg
 見晴らしの良い斜面に立地し、くさんかんむりさんとはまた違った佇まいです。





 大きな神棚のある重厚な座敷が磨かれたセンスで改装され、くつろぎの空間として広がります。庭園も管理が行き届いています。
ishinomakicafe2-4.jpg 
ishinomakicafe2-2-1.jpg
 かつては網元の屋敷だったのでしょうか。この集落の人が全員集まれるような広間です。




 まずは名物の鹿カレーセット1150円。鹿肉もじっくり煮込まれていて箸でもほぐれます。
ishinomakicafe2-5.jpg
 辛味はそれほどでもありませんがスパイスの香り豊かなカレーでした。




 こちらははまぐりセット1050円。 パンかおにぎりを選べます。
ishinomakicafe2-6.jpg
 パンですと、オリジナルののりぱんが主役のように登場します。おろしハンバーグの他に小鉢が2品付きました。




 こののりぱん、当初は混ぜ込んであるだけだったみたいですが、おむすびのようにすっかり覆われています。
ishinomakicafe2-7.jpg
 海苔の色合いからして、パンを焼いた後になにかで貼り付けたのでしょうか。パン生地はフォカッチャのような食感。




 サラダはカレーに味噌汁ははまぐりセットに付きました。
ishinomakicafe2-8.jpg
 汁物もその日によって替わるようです。




 ご当地サイダーとアイスクリーム。
ishinomakicafe2-9.jpg
ishinomakicafe2-10.jpg
 金華サイダーは実際40年前の石巻でブレークしていたマスカット風味サイダーの復刻版です。アイスクリームのカップはシュガーコーンを波打つ小鉢のように焼いた感じ。




 食後は隣の高見を見学。
ishinomakicafe2-11.jpgishinomakicafe2-13.jpg
 レトロな雑貨が販売されています。




 ここからの蛤浜が一望できます。まばらに建つ人家が津波の爪痕を物語っています。
ishinomakicafe2-12.jpg
 縁側に座って穏やかな海を見ているとあの時があったことが信じられなくなります。




 はまぐり堂さんはくさんかんむりさんとは異なり、震災復興のためのボランティア活動の一環としてチームで取り組んでいます。カレーとワンプレート料理は流行のカフェによくあるスタイルですが、蛤浜に人を集めようというしっかりとしたが一本通っています。しかしながら、にわか仕込みではない光るセンスやアイディアは仲間の持つ特技や知恵が良い形で結集したからでしょうね。そして、常に新しい物を取り入れようとする姿勢も今後の発展を予感させます。


 今回は二編に亘って、石巻で人気のカフェをレポートしましたが、流行るカフェは惹かれる食空間と美味しい料理だけではなく、全てを貫く一貫したコンセプトがありますね。狙うターゲットを決定したら、立地、食空間、料理、食器、宣伝に至るまでそのターゲットに向けた横串がまっすぐ刺さっている事が重要で、それがちぐはぐだと違和感があり、ともすると流行に便乗した紛い物に見えてしまう危険性すらあります。それと人気のあるカフェは主人やスタッフからもオーラを感じます。^^





Cafe はまぐり堂 http://hamagurihama.com/cafe/

所在地   :宮城県石巻市桃浦字蛤浜18
電 話    :0225-90-2909
営業時間  :10:30~17:00(ランチ~15:00)
定休日   :火、水曜日
駐車場   :あり
        2013年5月13日オープン


2015/11/05(木) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

【石巻市】人気のカフェを巡る旅 その1

カテゴリー: 未分類

ishinomakicafe1-1.jpg
 これも彼岸花が咲き乱れる9月中旬のことですが、仙台のカフェ関係者の方々をお呼びして石巻市内の人気カフェ2店を訪ねました。石巻にも幾つもカフェがありますが、それらの中でもずば抜けて人気のあるランチ系カフェですので、行列、品切れはよくあります。今回はわざわざ仙台からお連れしますので、1店目は開店前に並び、もう1店は珈琲が飲めれば良しとしました。




 1軒目は石巻市桃生町の田園にある古民家カフェくさかんむりさんです。
ishinomakicafe1-2.jpg
ishinomakicafe1-3.jpg
 古民家と雖もこの門構えは代官様か名主様がお住まいだったのではないでしょうか。開店30分前に到着しましたが、さすがに先客はおりませんでした。お店の方に伺いますと、本日、開店が15分ほど遅れそうとのこと。その頃に来てもらえれば、席は大丈夫とのことでしたので、周辺を散策することに。




 くさかんむりさんから街道沿いに300m進んだところにある大沼本舗(旧大沼製菓)さん。
ishinomakicafe1-4.jpg
ishinomakicafe1-5.jpgishinomakicafe1-6.jpg
 お月見を控えてのクラフトも店内に飾ってありました。こういう、季節感の演出って和菓子の店舗にはきわめて重要なことですね。しかも手作り感溢れる演出はお店の理念を伺わせます。




 さて、こちらの大沼本舗さんの銘菓はこのきびだんご。桃生町に肖った桃次郎のきびだんご。^^
ishinomakicafe1-7.jpg
ishinomakicafe1-8.jpg
 20年前に初めて頂きましたが、持ち運びやすいパッケージが気に入りました。きびだんごをどこでも食べられる手軽なお菓子にしています。しかも中には餡が入っており、くるみずんだほうじ茶の3種類があるのも魅力的なのです。




 さて、約束の時間も近付きましたので、くさかんむりさんに戻ります。先客が2名並んでいましたが、まだ、ゆとりです。で、敷地内を散策。広いです。
ishinomakicafe1-9.jpgishinomakicafe1-10.jpg
ishinomakicafe1-11.jpgishinomakicafe1-12.jpg
 敷地内に蔵や社まで建てられています。ん~~、これはやっぱり、名のある方のお住まいだったに違いない。^^




 11:15にやっとオープン、改築された高い天井の店内に案内されます。
ishinomakicafe1-12-1.jpgishinomakicafe1-12-2.jpg
 メニューはお店のHPの物ですが、3種類の日替わりオーガニックプレートがあるようですが、この日はライスプレート限定でした。





 コース料理風にキノコのスープから始まります。マイタケ、エノキダケなど数種類のキノコが使われてとても香り豊かでした。
ishinomakicafe1-13.jpg
 この食器は静岡県の陶芸家、小林ゆうさんの作品です。一つとして同じ物がない手作り感がこのカフェに相応しい。木製のスプーンも温かみを感じます。




 これが本日のライスプレート。見るからに野山のようで中を探検してみたくなります。
ishinomakicafe1-14.jpg
 尊敬するフランスのシェフ、ミッシェル・ブラスの盛り付けをワイルドにしたような独創性が見られます。ボリュームもかなりあります。スープ、コーヒー付きで1260円は値頃感もあります。




 詳しく中を歩き回ってみますと、鶏手羽やカレーも見つけることが出来ました。^^
ishinomakicafe1-15.jpg
         
ishinomakicafe1-16.jpg
                   ishinomakicafe1-17.jpg
 箸とスプーンを駆使して食べ進む必要がありますが、次はどこに行ってみようという遊び心で楽しめます。




 コーヒーの器も小林さんの温もりのあるカップ。
ishinomakicafe1-18.jpg
ishinomakicafe1-19.jpg
 ミルクやシュガーの器もレトロを感じさせます。




 こちらはバナナ・ビネガーと豆乳のドリンク。酸味は柔らかで優しい味。
ishinomakicafe1-20.jpg
 子供の頃、オレンジジュースに牛乳を入れて固まる前に飲むのにはまったことが脳裏に浮かびました。^^




 トイレも広々。清潔感に溢れます。
ishinomakicafe1-21.jpg
ishinomakicafe1-22.jpg
 額に飾られた貝殻のスケッチに釘付けになってしまいました。田園地帯で海の貝の出逢いにトイレの中でちょっとときめいてしまいました。^^




 くさかんむりさんは単なるオーガニックcafeではなく、料理、食器、食空間、立地、宣伝(HP)、店名に至るまで一貫したコンセプトが貫いています。くさんかんむりという店名は主人である鈴木さんとお姉さんのさんに共通する草冠から導いています。それがまた、オーガニックcafeの理念とも響き合って確固たる世界を創り上げています。大したものです。尊敬の眼差し。。。




大沼本舗(大沼製菓)http://www.onuma-seika.co.jp/index.html

所在地   :宮城県石巻市桃生町給人町字東町119番地
電 話   :0225-76-3213
営業時間  :9:00~18:00
定休日   :日曜日
駐車場   :なし



くさかんむり cafe http://kusakanmuri-cafe.wix.com/monou

所在地   :宮城県石巻市桃生町神取字屋敷67
電 話   :0225-76-6737
営業時間  :lunch11:00~14:00/tea14:00~18:00
定休日   :日、月、火、水曜日
駐車場   :あり(通りの反対側に数台)
       ※ランチは予約不可で、なくなり次第終了
       2013年10月25日オープン


2015/11/02(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)