FC2ブログ

新蕎麦と日本酒を楽しむ会 in とりっこ

カテゴリー: 外食:蕎麦

sobakai1.jpg
 本日は朝から緊張しっぱなし。まだまだ、未熟な蕎麦打ちですが、文化横丁とりっこ文店の親方におだてられて、新蕎麦と日本酒を楽しむ会を開催する運びとなりました。もう、こうなれば、開き直って恥を曝すしかありません。どうせなら、参加者の皆様にも蕎麦を勉強していただこうと簡単な資料も作ってみました。




 会場であるとりっこ文店さんには開会の4時間前に入店。諸々の準備があります。
sobakai2.jpgsobakai3.jpg
  とりっこ文店さんは比内地鶏の専門店。ランチタイムには比内地鶏の親子丼やラーメンが頂けます。いま、ランチパスポートにも参加していますよ。




 テーブルの上に蕎麦打ちセットを広げます。
sobakai4.jpg
 今回は北海道産のキタワセソバの新蕎麦粉で打ちます。




 当初、新蕎麦と綿屋を楽しむ会でご案内しましたが、綿屋以外にも宮城と秋田の銘酒を各種揃えて頂きました。
sobakai5.jpg
 これらをキャッシュオンで楽しんで頂きます。




 これは私が準備した牡蠣味噌です。会場でバーナーで炙って蕎麦屋の焼き味噌風に仕上げました。
sobakai6.jpg
sobakai7.jpg
 味噌と味醂を混ぜ合わせて炒め、胡桃、長葱、茹でた牡蠣の微塵切り、胡麻などを混ぜ込みます。牡蠣殻に詰めて牡蠣の味噌煮をトッピングしました。




 こちらはとりっこさんの前菜。
sobakai8.jpg
 蕎麦屋のつまみ六点盛りです。美しいですね。




 初対面の方々もおりますので、自己紹介を行いましたところ、、、
sobakai9.jpg
 なんと、ネット上ではハンドルネームを重々承知の方がこの方だったのかというサプライズもあり、大いに盛り上がりました。




 とても蕎麦を打つ状況ではありませんが、恥を忍んでパフォーマンス。^^
sobakai10.jpg
 時間を短縮しようと加水量を減らしたら、生地が硬くてなかなかこねられない。延しも手短にやったら、厚すぎで細めに切っても田舎蕎麦にしかなりませんでした。まだまだ、人前で打てるレベルではないようです。もっと真面目に修行しましょう。(><)




 とりっこさんのつまみは続きます。これは自家製の寄せ豆腐。
sobakai11.jpg
 水切りしていないのでクリームのようです。




 とっりこさんの人気メニュー、比内地鶏のつくねに温泉卵。
sobakai12.jpg
 これ絶品です。とろりとした黄身を付けながらパクつくともう夢心地です。^^




 BMIさんお手製のチクチクぱんだ。
sobakai13.jpg
 モアモアの綿を針で突いていくと固まっていくそうです。それにしても器用なものですね。




 ここで天ぷらが登場。海老も良かったけど、穴子が秀逸。
sobakai14.jpg
sobakai15.jpg
 この穴子、ご参加頂いた佐藤様がご自分で釣って来られたものでした。サイズも食べ頃で美味しかったです。御馳走様でした。




 このイベントを企画されました。とりっこの今野親方。
sobakai16.jpg
  お酒も各種ご用意頂き、ありがとうございました。腕不足で申し訳ありませんでした。




 さて、最後に打ち立て蕎麦で締めて頂きます。
sobakai17.jpgsobakai18.jpg
 やっぱりアップで見ると、切り幅がいい加減だなぁ。リズムに乗っている時は揃うのですが、乱れ始めると気が動転してしまいます。




 いやいや、打ちながら冷や汗が吹き出しました。打ち方はまだまだ未熟ですが、粉は新蕎麦ですので、味は佳かったのではないかと思っています。蕎麦つゆも本味醂と丸大豆醤油で本返しを仕込み、だしにはアゴの焼き干しも使いましたのでかなりイイ線に行っていたと自負しております。それにつけても、早く安定した蕎麦打ちが出来るようになりたいものです。

2014/11/06(木) 05:00 | trackback(0) | comment(5)

【気仙沼市】第4回K-tour 4/4

カテゴリー: 外食:その他

Ktour4-4-1.jpg 
 第4回K-tourの最終日、といっても一泊二日ですが。^^ 翌日は開店と同時にK-portに飛び込みます。第3回K-tourでは、ここでオーナーである渡辺謙さんとの対面を果たしたのでした。大体、月1回は来られているそうなんですが、さて今回は如何なりますでしょうか。




 本日は快晴。こんな日はテラスの席がお薦めです。
Ktour4-4-2.jpg 
Ktour4-4-3.jpg

 前回、謙さんが座っていた席に陣取りました。




 これはアイスキャラメルモカだったかな。。。?
Ktour4-4-5.jpg

 ドリンクも300~480円と良心的です。




 私はカプチーノ。アートのおまけ付きでした。
Ktour4-4-6.jpg

 いつもですと、ピッツアやパンケーキ、まかない丼などもシェアしながら頂くのですが、この後、唐桑で海の幸を食べに行くので我慢しています。^^




 と、その時。一台の車がテラスの前を横切り、お店の裏に停車しました。こんな所に止めるのは従業員かあの人しかおりません。


 でた! 失礼。お出でになりました。渡辺謙さまです。前回に引き続き快挙です。一瞬のことで写真を撮ることも出来ませんでした。まさか、お店の中でくつろいでおられるさまを撮るなんてとても出来ません。それにしても何という幸運なのでしょうか。これは第5回K-tourも大いに期待できそうです。^^



 さて、さまのご尊顔も拝見できましたので、一行は唐桑に向かいます。名勝巨釜半造の折石です。
Ktour4-4-7.jpg 
 
海の色が青々としています。きっと海底はアワビの宝庫でしょうね。




 ここは鮪立漁港です。岸壁の嵩上げは終わったようですね。
Ktour4-4-8.jpg 
 
海岸近くの家は全て津波で壊滅しています。




 高台にこんな石碑が。。。「地震があったら津波の用心」。
Ktour4-4-9.jpg

 これは昭和三陸地震による大津波の後に立てられたものです。三陸の海辺に住む以上、人生に1~2回は津波を経験します。それでも便利さに負けて海岸近くに家を建ててしまうのですね。同じ鮪立でも高台の家はしっかり護られています。




 さて、盛屋水産さんが経営する民宿つなかんさんに到着しました。民宿は立派な唐桑御殿です。
Ktour4-4-10.jpg 
Ktour4-4-11.jpg

 盛屋水産さんは家族経営の養殖漁家です。早くからいわゆる6次化をしており、カキ、ホタテ、ホヤの養殖から加工販売までこなしており、この度は民宿まで経営する運びとなりました。名前の「つなかん」ですが、鮪立の菅野さんが経営するからです。鮪=TUNAなので。。。^^




 早速、ガイド役の私以外はビールで乾杯。うらめこしぃ~。。。何語?
Ktour4-4-12.jpg 
 
ランチは完全予約制で、今回はお料理2500円でお願いしています。




 海の幸満載のお弁当です。
Ktour4-4-13.jpg

 海の幸は自ら養殖した物をその日に水揚げしていますので、これ以上の鮮度はありません。




 まだ活きている帆立や牡蠣、揚げ立ての牡蠣フライに牡蠣のディップ、気仙沼ホルモンもちょこっと付いてきました。
Ktour4-4-14.jpg 
       Ktour4-4-16.jpg 
             Ktour4-4-15.jpg

 帆立は海の上で食べるのと変わらない新鮮さです。餅のような弾力があります。たまに宅配寿司などで、とろける帆立に遭遇するとその日一日ブルーになります。^^




 なんと、秋刀魚の塩焼きまで。。。
Ktour4-4-17.jpg 
 
この腹を切らないで焼く方法は腹腔内の脂肪が身に回り、ジューシーに焼き上がるのです。秋刀魚はさすがに自分で漁獲した物ではないでしょうけど、抜群の鮮度でした。写真は取り忘れましたが、これらに自家製の香の物、味噌汁、デザートの梨が付きました。




 チミ達。。。とうとう蒼天伝まで頼んでしまいました。
Ktour4-4-18.jpg

 今度はこちらで合宿だな。^^




 第4回K-tour、今回も幸運に恵まれました。天気も良かったし、さんにも会えたし、料理も素晴らしかった。このツアー、今回で4回目となりましたが、まだまだ気仙沼の魅力をご紹介仕切れておりません。次回は厳寒期の気仙沼の美味をご紹介したく、あえて2月中旬に開催したいと思います。ならではの海の幸や郷土料理もありますので、奮ってご参加下さい。^^




K-port http://www.k-port.org/


所在地   :宮城県気仙沼市港町1-3
電 話   :0226-25-9915
営業時間  :10:00~19:00(金土祝日前~21:00)
定休日   :無休
駐車場   :あり



民宿つなかん http://moriyasuisan.com/booking


所在地   :宮城県気仙沼市唐桑町鮪立81
電 話   :0226-25-9822(完全予約制)
営業時間  :民宿なので24時間
定休日   :不定休
駐車場   :あり

2014/11/03(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)