FC2ブログ

【青森味探訪】① 黒石つゆ焼きそばと三内丸山遺跡

カテゴリー: 外食:他麺類

aomori13-1-1.jpg
 先週の金曜日、遅ればせながらの夏休みを一日頂き、2泊3日の小旅行に出掛けました。まだまだ暑いので、本州の最果てを目指します。東北自動車道を北上し、間もなく安代ジャンクションを左に舵を切って青森方面に向かいます。




 途中、休憩で寄った岩手県内のSAではお土産販売所に「あまちゃんコーナー」が出来ていました。^^
aomori13-1-2.jpg 
aomori13-1-3.jpg aomori13-1-4.jpg

 凄い経済効果ですねぇ。10種類近いお菓子が並べてあります。「あまちゃん」も今月でクライマックスですが、これらのお菓子は来年の今頃、生産されているのでしょうか。そして、宮城が生んだ天才クドカンの名作も使い捨てになるのでしょうか。




 青森市街に入る前に途中下車(外道?)で黒石インターでおりました。
aomori13-1-5.jpg

 ほどなく、田園地帯の遥か向こうに岩木山が見えてきました。ピークがいくつかに分かれていますが、独立峰は美しい。



 
 黒石途中下車の目的はもちろんこれ、近年、にわかに有名になった黒石のローカルフードつゆ焼きそばです。
aomori13-1-6.jpg aomori13-1-7.jpg
 
町はずれの秋元食堂さんを訪ねます。昔ながらの食堂ですが、地元の方にこよなく愛される焼きそば専門店です。焼きそば専門店が存続しているこの街も魅力的。^^




 焼きそばがメインで、350円から750円まで100円刻みでサイズ区分されています。幟旗まで出ているつゆ焼きそばは端っこに並と大が2つ。。
aomori13-1-8.jpg

 店内にはテーブルが4卓ほどありますが、全てがセルフサービス。女性二人が厨房で働き、カウンターでの受け渡しになります。




 初めてなので、噂のつゆ焼きそば並と焼きそばの450円を二人で頂きます。
aomori13-1-9.jpg

 つゆ焼きそばには副菜も付いてきます。この間、何人かのお客さんが入ってきましたが、みなさん、焼きそばのテイクアウトで、店内でつゆ焼きそばを食べる方は一人もおりませんでした。少し不安が。。。




 まずは焼きそばから頂きます。キャベツも豚肉もたっぷり入り、縁日の焼きそばとは別物です。
aomori13-1-10.jpg

 2段階目の450円は1玉半といったところでしょうか。黒石焼きそばとして十分世に出せる個性と味です。




 寒い地方らしく、薬味には一味唐辛子を推奨しています。
aomori13-1-12.jpg

 麺が特徴的で乾麺のうどんのように、やや幅広の平打ちです。しかも蒸し麺ではなく、茹でているような食感です。ソースの味もリンゴの甘みを感じ、この麺と相まって、実に秀逸なソース焼きそばです。

 



 さて、問題のつゆ焼きそばです。想像よりも具沢山でした。
aomori13-1-13.jpg 

 2色のナルトにもやしや長葱、それに大量の天かすなどが所狭しと乗せられています。つゆに埋もれた焼きそばにも通常通りのキャベツや豚肉が使われています。ボリューム満点な麺料理です。




 今さら、麺を持ち上げても仕方ありませんが、問題はスープでしょう。ソースと和ダシの不協和音。。。
aomori13-1-14.jpg  

 一体この料理は何になりたいのだろう。。。焼きそば専門店で雪に埋もれた極寒の冬に、少しでも温かいものを食べさせてくれという、切実なリクエストだったのでしょうか。ソース味のスープって、今までもやろうと思えばどこの家庭でも出来ましたよね。でも、根付かなかったわけは、述べる必要もないでしょう。シェアしながら食べるはずだったのに、妻は一口食べて、私に押し付けました。(-.-)




 つゆ焼きそばで口がだるくなりましたが、この胡瓜の漬け物が口をさっぱりとさせてくれます。
aomori13-1-15.jpg 

 焼きそばとこれで食事にしたかったなぁ~。この奇抜なアイデアの商品は本当に地元の人に愛されているのでしょうか。まだ暑い季節ですので、たまたま、この日食べる方がいなかったのでしょうか。個性的ゆえに町興しにされたのでしょうか。多くの疑問が残ったつゆ焼きそばでした。 (・。・;




 さて、一般道を北上し、青森の田園風景を楽しみながら、三内丸山遺跡にやってきました。
aomori13-1-16.jpg 

 前回訪れたのは、大震災の二カ月前でした(雪の三内丸山)。この遺跡は紀元前14,500~1,000年まで続いた縄文時代の中期に出現、1,500年間ほど繁栄したとされてます。6本の巨大木柱の建築物がこの当時の建築技術を物語っています。




 この巨大木柱建築物は、復元された場所にはなく、発掘現場は屋内に保存されています。
aomori13-1-17.jpg 

 正確に4.2m間隔で配置され、柱を立てた穴の中から炭が見つかっており、腐食防止のため柱の底部を焼いたものと考えられています。縄文人凄いぞ!!




 こちらは集会所もしくは冬期の集団生活場所と考えられている大型竪穴住居
aomori13-1-18.jpg 
aomori13-1-20.jpg 

 長さ32m、幅9mあります。個別の竪穴住居(下)が6畳ほどしかありませんから、こちらには300人以上収容できます。




 内部は通常の竪穴住居より深く、1.5m位掘り下げてあります。
aomori13-1-19.jpg 

 このことからも、冬期に地温によって暖を確保したのではないかと推定されています。雪に埋もれる冬は集団生活の方が有利だったんでしょうね。




 これらは湿気やネズミに強い高床式倉庫
aomori13-1-21.jpg 

 この一帯はかなり湿気が強かったと推定されています。穴を掘るとすぐに水が溜まるそうです。それだけ水に恵まれていたとも言えますね。




 さんまるミュージアム(博物館)でさらに学習を続けます。リアルに作られた縄文人が迎えてくれます。
aomori13-1-22.jpg aomori13-1-23.jpg 
aomori13-1-24.jpg aomori13-1-26.jpg

 右下の家族の風景は親子三代の想定ですが、平均寿命が30歳前後だったのでごくまれな事例とされています。




 表情がある縄文犬と発掘された翡翠ヒスイ)の装飾品。
aomori13-1-27.jpg aomori13-1-28.jpg
 
 この翡翠は糸魚川(新潟県)産と推定されており、この当時の交易がすでに日本列島レベルであったことが伺えます。物流の主体は海運だったとも考えられており、三内丸山の巨大木柱建築物はランドマークや灯台の役目もあったのではないかと推定されています。




 ちょっと萎えたつゆ焼きそばと新たな発見もあった三内丸山遺跡青森の旅はまだ始まったばかりですが、この後の展開が楽しみです。中身の濃かった3日間でしたので、6回に分けてご報告致します。青森、すごいっすよ。(^_^)/




秋元食堂

・所在地   :青森県青森県黒石市青山84-2
・電 話   :017-252-7315
・営業時間  :10:00~14:00
・定休日   :水曜日
・駐車場   :店の前に5~6台
 

 

三内まほろばパーク「縄文時遊館」
 
・所在地   :青森県青森市三内丸山305
・電 話   :017-781-6078
・開館時間  :9:00~18:00(10~5月 ~17:00)
・休館日   :年末年始
・駐車場   :有り(無料)

2013/09/12(木) 05:00 | trackback(0) | comment(10)

今年初のハゼ天うまし!!

カテゴリー: 料理:釣り魚

haze13-1.jpg
 8月下旬の事ですが、東京でSEをやっているが久々に帰郷しまして、突然、釣りに連れて行けとのリクエスト。中学2年生の頃まではありとあらゆる釣りを仕込んできたのですが、それ以降はさすがに親父と遊ぶのは気恥ずかしいらしくピタッと釣りにも行かなくなりました。でも、それで良いのです。もう体に染み込んだ太公望魂は一生抜けませんから。。。^^ また、糸を垂らしたくなるものと確信していました。案の定、来ましたね。^^




 8月も中旬を過ぎれば何とか天ぷらになるハゼが釣れるので、さっそく、ハゼ釣りに連れて行きました。でも、前半戦、食いが渋く、2時間でこれだけ。。。
haze13-2.jpg

 松島湾のハゼは東京湾以南と違って、大部分が満2歳まで生きて産卵します。水温が低く、満1歳では産卵できる大きさに成長する個体はごく僅かしかなく、冬を越して、さらに成長し2年目の冬に産卵期を迎えます。これらは全て昨年生まれの1年魚。間もなく、人差し指ほどの当歳魚が五月蠅くなります。




 渋調だったハゼも潮が満ち始めと途端に食いが良くなり、パタパタと数が伸びました。
haze13-3.jpg

 初物のハゼです。一人5尾もあれば十分なのですが、20尾ほどになりました。イシモチが1尾混じってます。





 サイズは大体15cm前後、天ぷらにはまだ少し小型です。
haze13-4.jpg 
 
でも、1年ぶりのハゼ天ですので、小さくても1尾1尾大切に捌いて天ぷらにしましょう。美味しく食べて殺めた命を弔うのが私流。




 15cm以下の小型ハゼは背開きにするのが大変です。その場合、このような松葉におろします。
haze13-5.jpg

 江戸前の天ぷらネタで有名なメゴチはこのようなおろし方をして揚げています。 片身を開いたあと、もう肩身の骨外しが楽になります。




 左は背開き。右が松葉おろし
haze13-6.jpg

 もちろん、松葉型に揚がっても味には変わりはありません。^^




 一年ぶりのハゼ天です。緑色の巻物は外道のイシモチの紫蘇巻き揚げです。
haze13-7.jpg

 も大喜び、子供の頃に毎年食べてきた味ですからね。東京ではこちらで食べていたような新鮮な魚食べられず、苦労しているようです。それはそうですよね。釣り立ての魚で育ててきたのですから。。。^^




 おまけですが、この夏はまっているズッキーニの辛子漬けです。
haze13-8.jpg

 半月切りにしたズッキーニに塩をして下漬けします。その後、薄めた麺つゆに練り芥子を混ぜたもので本漬けします。キュウリとは異なる独特の食感が夏の肴やご飯に最適です。



 
 ハゼ釣りはこれからが本番です。さらに成長も続け、今月は20cm級も混じるようになってきます。20cmを超えると3尾もあれば、天丼が出来るようになります。さらに11月頃になりますと深場に落ちますが、25cm級ジャンボハゼも釣れ、これは刺身にすることも出来ます。ハゼ釣りと言いますと、初心者でも楽しめる簡単な釣りのように思われていますが、それは発生の多い年や食い気のある群れに遭遇した時のことで、今年のような年は10尾釣るにも苦労します。結構、ハゼ釣りも奥が深くて極めるには一生掛かりそうです。^^

2013/09/05(木) 05:00 | trackback(0) | comment(6)

【山形県】山形のお惣菜でカッパ焼酎

カテゴリー: 未分類

yamagata13-1.jpg
  今回は手抜き記事です。ストーリー性もありませんが、お付き合い下さい。前記事の通り、先週末、山形県河北町に冷たい肉蕎麦の調査に行ってきました。その帰り道で、山形の味覚をいろいろ買い揃えて、晩酌をしているだけの事なんですが、最後にサプライズもありますので、お楽しみに。^^




 河北町から宮城に戻る途中で、東根市の文四郎麸さんに寄りました。
yamagata13-2.jpg yamagata13-3.jpg
 
創業は文久年間ということですから、かれこれ150年お麩屋さんを営んできたことになります。お麩やお麩料理の製造販売だけではなく、お麩懐石の料理店も経営されています。




 これは以前も食べて美味しかったので、また買ってしまいました。お麩の空揚げです。
yamagata13-4.jpg
 
文四郎麸のお麩はグルテン含有量が多いので、焼き麩でも下味を付けて丸めて揚げるとまるで肉のような食感となります。店内でも試食できます。



 こちらは板麸牛蒡巻ですが、炊いている間に崩れたものや端切れの部分のお買得品です。
yamagata13-5.jpg

 空揚げと違って、トロントロンの食感です。甘辛味なのでご飯にもぴったり。




 これも山形名物、鯉の旨煮です。JAの産直店よってけポポラで買いました。
yamagata13-6.jpg

 いわゆる旨煮より、かなり甘露煮に近づいています。濃い味付けのため身も締まっています。骨まで食べられるほどではありませんでした。




 これもポポラで買った木綿豆腐。薬味たっぷりの冷奴で。
yamagata13-7.jpg

 茹でて叩いたモロヘイヤも混ぜながら食べるとビタミン類の補給にもなります。




 これらは昨日のお惣菜の余りです。
yamagata13-7-1.jpg 
     yamagata13-8.jpg 
          yamagata13-9.jpg
 
上から鰹のハラスの炙りマリネ、菜園のきゅうりとナスの塩揉み、夏野菜たっぷりのラタトゥイユ





 山形を思い出しながら、郷土料理に舌鼓を打ってます。カッパ焼酎も爽やか。
yamagata13-10.jpg

 今日は山形で肉蕎麦を2杯も食べてきましたので、一通り味見したら、もうお腹いっぱい。^^





 じぇじぇじぇ!! ボランティアでやって来ました復興料理教室が情報誌“りらく”の9月号で紹介されました。
relax1.jpg

 現在、書店で発売中(500円)です。産直市場やカフェの特集もあって盛りだくさん。




 山形肉蕎麦調査の副産物でやってます。ところ変われば、料理も変わる。旅をしながら埋もれている郷土料理を発見できると嬉しくなります。昨今は県民ショーB1グランプリなどで知られざる味も掘り起こされていますが、狭いようでも日本は南北に長く、歴史もありありますので、まだまだ未発掘の料理があるはずです。1年くらいかけてじっくり食べ回りたいですね。^^


 
 

 

創業文久年間 文四郎麸 http://bunshiro-fu.com/


・所在地   :山形県東根市六田2-2-20
・電 話   : 0237-42-0117
・営業時間  :8:00~18:30
・定休日   :不定休
・駐車場   :店の裏にもあり



よってけポポラ http://jahigashine.or.jp/index.php?id=6


・所在地   :山形県東根市中央東3-7-16
・電 話   :0237-41-0288
・営業時間  :9:00~17:30(11~6月 9:30~)
・定休日   :不定休
・駐車場   :あり

2013/09/02(月) 05:05 | trackback(0) | comment(7)