FC2ブログ

絶品 酒粕めし

カテゴリー: 料理:穀・粉類

sakekasumesi1.jpg
 気仙沼の方からまたまた、酒粕を頂きました。金紋両國でお馴染みの角星酒粕です。どの銘柄の酒粕かはわかりませんが、1キロもあります。これからせっせと利用していかねばなりません。以前も酒粕を使った料理開発に努めましたが、その結果、以下の教訓を得ました。


 【酒粕料理教訓】 関連記事
   
   一.酒粕は銘酒を醸す蔵元の物を求めること。
   一.酒粕料理は酒粕を前面に出さず、味に深みを与える脇役にさせる。
   一.酒粕料理は1回の食事に1品とすること。



 昨年末から酒粕と味噌を合わせた粕味噌漬け関連記事)にはまってましたが、良い酒粕なら醤油ともきっと合うはずです。今回は醤油と合わせて和風の料理に挑戦します。それは酒粕めしです。外したらご飯が無駄になるかも知れません。^^




 要するに酒粕入り炊き込みご飯です。具材はあるもので構いませんが、以下を推奨いたします。
sakekasumesi2.jpg 
 
 カレー用の豚肉角切り、人参、そしてゴボウかなと思ったのですが、ある直感が働いての水煮を使います。味付けには醤油と麺つゆを使います。我が家の炊飯用土鍋は三合炊きですので、米は3合。これの他に和風のダシ汁を用意します。




 最初に細切りにした人参と筍、豚肉を少量の油で炒め合わせます。
sakekasumesi3.jpg
 さっと火が通ったら、醤油大さじ半分で軽く味付けしておきます。




 酒粕45gを醤油大さじ2杯半、麺つゆ大さじ1杯によく溶かします。
sakekasumesi4.jpg 
 
 さらにダシ汁1カップでよく溶いておきます。




 研いだ米を土鍋に入れ、合わせ調味料を加え、定量までダシ汁を注ぎます。
sakekasumesi5.jpg 
 
 麺つゆも使い、豚肉からも旨味が出ますので、ダシ汁ではなく水でも良かったかも知れません。




 最後に炒めた具材を加えて、だし昆布を乗せれば準備完了です。
sakekasumesi6.jpg

 この状態で30分くらい置いてから炊き始めます。




 20分くらいかけて炊き上げ、さらに20分くらい蒸らします。
sakekasumesi8.jpg
 最初、蒸気が上がるまでは強火にしますが、あとは弱火にします。水分が少なくなってから火が強いと、おこげを通り過ぎて、燻煙集が全体に回る危険性がありますので。




 じっくり蒸らしたら、軽く混ぜて水分を飛ばします。
sakekasumesi9.jpg
sakekasumesi10.jpg

 なんとか、上手く炊けたようです。炊け具合もまずまずですね。




 なんとも美味そうな光景です。豚肉をコロコロさせたのは沖縄のフーチーバージューシーを意識しました。
sakekasumesi11.jpg
 これは美味い粕味噌豆腐以来のヒットですね。酒粕の苦味もほんのりと感じますが、それがまた実に佳い感じ。庄内の孟宗汁関連記事)でご飯を食べている味わいです。そうです。ゴボウを止めて、に切り替えたのは、頭に孟宗汁がフラッシュしたからです。これなら酒粕めしに合わない訳がないと。
 



 本日は久々に夕餉で米を頂きます。実はこれにも発芽玄米が入っていますが。^^
sakekasumesi12.jpg

 酒粕めしを食べているうちに、これが呼び水となっておが呑みたくなり、結局いつもの晩酌になってしまいました。^^




 酒粕を使った料理は、分量を間違うと食べ物から程遠くなります。あくまでも控えめに用いるのがコツですね。大体、米1合に付き酒粕15g以内にしておきましょう。豚肉は必須アイテムですね。ゴボウだと香りが強すぎて、この平和な茶碗国家を支配されてしまいます。人参はビジュアル的に参加させた方が良いでしょう。なお、冒頭の酒粕料理教訓のとおり、酒粕めしの時は酒粕を使った惣菜は控えましょう。^^

スポンサーサイト



2013/01/24(木) 05:00 | trackback(0) | comment(8)
| ホーム |