FC2ブログ

Information

カテゴリー: 未分類



お知らせ

 
   恐れ入りますが、少し落ち着くまで記事の更新を
休ませて頂きます。
再開後はこれまでのようにご閲覧よろしくお願い致します。
m(..)m

左衛門尉
 
   

  
 【追記】

saigo0.jpg
   野山の新緑が日を増すごとに萌え上がり、生命の息吹を感じます。にも関わらず、記事の更新が滞っており、申し訳ありません。
 



saigo1.jpg 実はGW前半に入院中だった父が永眠いたしました。今年、数えで米寿を迎える予定でしたが、数ヶ月足りませんでした。ここ数年、入退院を繰り返し、4月のお花見の直前には肺炎が悪化して回復することなく旅立ちました。前日までに東京から子や孫が全員駆け付け、最期も母や私たち夫婦が看取りました。

 
酸素マスクに点滴で体中、管だらけでしたが、亡くなる12時間前までは意識もしっかりしており、飯時になると「この病院の横に美味しい中華料理屋があるから行っておいで」と自分はもう食べることが出来ないのに我らのことを気遣うのです。私の親だけに食べ物屋のことをよく知ってます。私が生まれるまでは仙台以外で暮らしたことがなく、先祖代々の仙台っ子でしたから、隅々までリサーチ済みなのでしょう。
 



saigo2.jpg 早速、行ってみますと昭和を感じさせる典型的な中国料理店でしたが、接客がしっかりしており、日替わりのワンコインメニューまであって、大変良心的なお店でした。父は食べ歩きも好きでしたが、自分でもよく料理していました。神戸で暮らした数年間も珍しい関西の料理を自宅で再現するのが楽しみで、完成までに家族は不思議な食べ物を食べさせられました。 

 若くして通産省から民間にトラバーユしたのは良かったのですが、Fコンツェルンの斜陽とともに人生も陰りを見せ始めました。会社も変わり、生活も苦しくなり、母も夜中まで働いていました。私も自宅から通える学費の安い学校以外は進学できない状況に追い込まれます。


saigo3.jpg  退職後には事業を起こしましたが、今度はバブル崩壊により負債を抱えて破綻。その後は生き地獄となっていきます。極度のストレスから胃癌となり胃を全摘、落ち武者のようになって東京から故郷の仙台に戻ります。清算を済ませた後は慎ましながらも穏やかな生活にやっと戻れました。

 後半は苦労だらけの父の人生でしたが、最期は家族に看取られ、安らかな幕切れとなりました。美味しいものをお供えしますので、ゆっくりとお休み下さい。私も残務処理が終わりましたら、また、執筆を始めたいと思っています。 
スポンサーサイト



2012/05/08(火) 05:00 | trackback(0) | comment(18)
| ホーム |