FC2ブログ

【気仙沼市】気仙沼ホルモン発祥の店焼肉くりこ

カテゴリー: 外食:焼鳥焼肉・ホルモン

kuriko0.jpg
 みなさん、気仙沼ちゃんって覚えていらっしゃいますか? 今を去ること30数年前、フジテレビ系列で放送されていた欽ドン(欽ちゃんのドンとやってみよう!)に出演していた気仙沼出身の女性タレントですね。朴訥な気仙沼弁が大変受けました。その後、彼女は地元で結婚して気仙沼大島でアインスくりこという民宿をやっていたのですが、3.11東日本大震災の大津波で被災し、現在、再建中です。アインスくりこの前身、民宿くりこが当初、経営していたのが気仙沼ホルモン発祥の店とされる焼き肉くりこです。


 お店のHPによりますと、気仙沼ホルモンの創始者(助六さん)は元々三重県の鰻屋さんだったらしいです。遠洋漁業で栄えていた気仙沼に移り住み、昭和36年に独自のホルモン焼きを始めたとのこと。北の港町で敢えて関西系のホルモンという着眼点が素晴らしいですね。ただ、開店当初の店名は助六であり、くりこはその後継なのか、同時に始めたのか、よくわかりませんでした。いずれにしろ、この気仙沼ホルモンが有名になったのは近年ことで、ご当地グルメB級グルメのブームによって掘り起こされました。また、気仙沼ホルモンという名称もその頃に付けられています。


 


 焼き肉くりこは気仙沼の田中前地区にあり、やはり津波により浸水しています。
kuriko2.jpg kuriko3.jpg

 ですが、この地区に到達した津波の破壊力は衰えていたので、泥水の浸水程度で済んでいます。焼き肉くりこも約1カ月で営業を再開しています。くりこは近年、お店を改装し、いわゆるホルモン屋のイメージを一新して、女性にでも安心して入れる郊外焼肉レストラン風の造りになりました。





 気仙沼ホルモンは、シロモツ、トンタン、ハツ、ガツ、レバーなど、複数の生ホルモンをミックスしてニンニク味噌で味付けしてから焼いて食べるものです。
kuriko3-1.jpg

 最近はレバーを嫌うお客さんも多いようで、その対応に苦労の後が見えますね。隣の席の若いカップルもレバーなしで発注していました。確かに以前、豚レバーホルモンの喫食を原因とするE型肝炎ウイルス食中毒が発生しており、厚生労働省も注意喚起文書を出しています。さらに昨年は牛肉の生食(ユッケ)により腸管出血性大腸菌O-111による食中毒事件が世を震撼させました。これに加え、牛は肉だけではなく、牛レバーの内部からもO-111が検出されたことが報告されており、厚生労働省は牛レバーの生食も止めるように呼びかけています。



 残念ながら、これらは鮮度の問題ではなく、畜産動物や野生の食用獣類が生きたままウイルスや細菌に感染することが原因なので、検査体制が十分に機能するようになるまで生食は控えた方が無難かも知れません。もちろん、気仙沼ホルモンは焼いて食べるものですから問題ありませんが、中心部まで熱を通すことが必要です。と言いつつ、宮崎では鶏刺を食べてきましたが、独自に養鶏もやっている軍鶏(ぐんけい)さんですから、きちんと検査もされているのでしょう。




 テーブルには無煙ロースターが装備されています。ホルモンが到着する前に千切りキャベツとつけタレが用意されました。
kuriko4.jpg

 かち割りワイン400円が気になったのでオーダーしますと、普通に氷が入っていました。^^ 最近、ワインとホルモンのマリアージュがお気に入りなんです。




 気仙沼ホルモンはこのように数種類のパーツがミックスされています。
kuriko5.jpg

 生ホルモンを専用の洗濯機で7~8回も洗うそうで、下処理に3時間もかけているとか。




 無煙ロースターで焼き始めます。オヤジには炭火で煙ボウボウがお似合いなのですが・・・。
kuriko6.jpg kuriko6-1.jpg

 確かに女性だと髪の毛にも臭いが染み付きますからね。従前のホルモン屋では避けられてしまいます。




 このようにキャベツと一緒に食べていくのですが、ホルモンにも味付けがされていますのでウスターソースはなくてもよいかも知れません。
kuriko7.jpg 
kuriko8.jpg

 以前は出漁中に生野菜が不足しがちな漁船員が上陸の際にがっつり補給するため、ホルモンを突きつつ、キャベツにソースをかけてワシワシ食べたとのこと。その名残が気仙沼ホルモンのスタイルです。




 ここで数量限定のまかないカルビ500円に切り替えます。
kuriko9.jpg 
kuriko10.jpg kuriko11.jpg

 なんで賄いなのかわからないくらい奇麗な肉です。訳があるのでしょうか。




 さらに流れを変えてハイボールにも手を出しました。
kuriko12.jpg
 
最近、気仙沼ホルモンの場合はこのパターンでやることが多いですね。





 最後の〆はクッパ550円にしました。胡麻油の香りが食欲をそそります。
kuriko13.jpg kuriko14.jpg

 ダシの利いたスープが素晴らしい。韓国のクッパより美味しいかも知れません。




 気仙沼のソウルフード、気仙沼ホルモンも大震災を乗り越えて、見事に復活しています。焼肉くりこの他にも、魚市場の近くにホルモン道場というお店があったのですが、最も被災の激しかった地域だけに跡形もありません。でも、先日、南町でホルモン道場の看板を見かけましたので、移転して再開しているのかも知れません。こちらのお店は看板通り、昔ながらのホルモン屋でオヤジの聖域でした。ニンニクががっつり利いたあの味が懐かしいです。近々、顔を出してみたいと思います。




 
焼肉くりこ  
 http://kesennnuma-horumonn.com/default.aspx
 



・所在地   :宮城県気仙沼市田中前3-7-6
・電 話   :0226-23-8139
・営業時間 :17:00~23:00
・定休日   :火曜日
・駐車場  :あり15台

スポンサーサイト



2012/01/19(木) 05:00 | trackback(0) | comment(8)
| ホーム |