FC2ブログ

気仙沼銘菓 Gotto

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

gotto0.jpg
 スイーツ
はあまり得意じゃないのですが、以前にも気仙沼に勤務していた時、Gottoという洋菓子を買って帰り、人様に差し上げたところ、大変好評だったことを思い出しました。Gottoとは、スポンジとサブレとパイをミルフィーユ状にチョコレートで固めたお菓子なのですが、地層のような断面と異なる3つの食感が楽しめるので、ちょっと贅沢な逸品なのです。この度、気仙沼に転勤してから、さっそく、神山にあった思い出のお店に行ってみましたが、建物はあったものの、やはり、津波で浸水したようで閉まっておりました。




 あれから15年、Gottoを製造販売するKeiki(パルポー)さんは市内にいくつかの支店を出すまでに発展していました。
gotto0-1.jpg 
gotto0-2.jpg

 東新城
で見つけたKeiki Sinjo店です。昔懐かしいGottoが大きな看板になってます。やはり、その後も根強い人気を保っていたのでした。




 あの当時は、Gottoも2種類くらいしかなかったように記憶していますが、現在は写真の抹茶紅茶イチゴの他にチョコレートコーヒーの5種類になっておりました。
gotto3.jpg

 Gottoファミリー
も着々と増えていました。イチゴは季節限定で、9月1日~2月20日だそうです。



 

 これはお土産用の詰め合わせと初のイチゴ、それにお得な端切れの袋詰めです。
gotto1.jpg

 家庭で食べるのなら、端切れの袋詰めが断然お得です。煎餅のような壊れではなく、重ねた生地を切っていく時の端っこの部分ですね。確か一袋450円位だったと思います。ちなみにGottoは一枚147円です。




 左がGotto端っこですが、不揃いながら味は堂々、Gottoそのもの。
gotto2.jpg

 イチゴ
も彩りが見事です。Gottoファミリーの中では一番、香り豊かですね。




 こういう風に好きなGottoの袋詰めも作ってくれます。
gotto5.jpg

 中に小さな栞も入れてくれました。パーティーなどのちょっとしたお土産に如何でしょう。




 こちらは細君のバースデイに買ってみたポポロンというお菓子。
gotto6.jpg
 
飾り付けが可愛らしくて買ってみましたが、まだ、食べたことがありません。^^ マコロンの親戚かな。



 
 これが意外や意外。まったく甘くないのです。最近、甘いものを少し控えている細君にも好評でした。gotto7.jpg
 左がピンクソルトで、右がマロンペーストです。どちらもモソッとした感じですが、マロンの方が少ししっとりしています。




 こちらは以前、時々、利用させて頂いていたKeiki 神山店。津波による浸水で閉まったままでした(左)が、10月に入り、復活を果たしていました(右)。
gotto8.jpggotto9.jpg

 震災から7カ月かけてやっと開店に漕ぎ着けた神山店。こちらのお店がGottoとの出会いの場所だっただけに開店は感動物でした。


 

 

 三陸の銘菓というと、かもめの卵が有名ですが、あれは岩手県大船渡市のさいとう製菓の製品です。宮城県気仙沼市の銘菓は数々ありますが、このGottoは老若男女を問わず気に入って頂ける洋菓子だと思っています。断面が綺麗なので特殊なカッターで製造するのかと思いましたら、一枚一枚、パティシエが専用ナイフでカットしているのでした(下記のHP参照)。まさに手作りのお菓子なのです。




 株式会社パルポー http://www.palpaw.co.jp/gotto/index.html


Keiki 神山店
・所在地  :宮城県気仙沼市神山6-1
・電  話 :0226-23-0066
・営業時間 :9:00~20:00
・定休日 :不定休
・駐車場 :なし


Keiki Sinjo店
・所在地  :宮城県気仙沼市東新城 3-1-6
・電 話  :0226-24-1734
・営業時間 :月~土 9:00~19:30(日 ~19:00)
・定休日  :無休
・駐車場  :あり


スポンサーサイト



2011/10/15(土) 05:00 | trackback(0) | comment(12)
| ホーム |