FC2ブログ

ズッキーニで夏の2品

カテゴリー: 料理:野菜・果物

zuccina12.jpg
 ズッキーニ
(Zucchini)
もすっかり日本でも馴染みになりましたね。今から20年前でしたら、店先に並べてあっても手を出す人はほとんどいなかったでしょう。ましてやも手に入らず、栽培する人もほとんどいませんでした。フランス料理でもクールジェットとして古くから使われてきたのですが、イタめしブームでズッキーニが一気に知れ渡ったように記憶しています。




 ズッキーニは知っていても、それがでどう生っているかまで見たことのある人はあまりいないでしょう。一見、ヘチマのようですが、ツルから垂れ下がってはおりません。
 zuccina1.jpg
 
ズッキーニはこのように、茎からニョッキリ飛び出すようになっています。



 こちらは色違いで黄色いズッキーニです。
zuccina2.jpg
 
色が違うだけで味や食感は変わりません。よくフランス料理ではまだ花の咲いている未熟なズッキーニにすり身を詰めたりしますが、ビール瓶くらいには育つので贅沢な食べ方です。



 ウリ科の植物ですから実そのものは何となくウリっぽいのですね。
zuccina3.jpg
 
日本の気候でもよく育ってくれます。畑が広ければ何株も植えたいのですが、収量の割には場所取りで一株で1m四方くらい占有します。



 ですが、付け根の部分を見るとカボチャの雰囲気もあります。
zuccina4.jpg
 
ウリの仲間でもカボチャに近いのですが、実に澱粉を貯めないので味わいはやはりウリに近いのです。



 それでは夏向けの2品を作ってみたいと思います。まず、皮をピーラーで剥きます。
zuccina5.jpg
 
トロっと溶けるような舌触りを求めるならすっかり皮を剥ぎますが、しっかりとした食感を残したいのなら皮付きでも結構です。今日は見栄えも考えて縞々に。^^
 



 形を変えて乱切りと厚めの輪切りにしておきます。
zuccina6.jpg
 
ズッキーニは癖のない味なのでイタリア料理だけではなく和食の素材としても適しいているのです。今日はイタリア風焼きズッキーニの甘酢漬け和風の煮物をご紹介します。



 まずはイタリア風ですが、輪切りのズッキーニをオーブンでじっくり焼き上げます。
zuccina7.jpg
 
180℃で20分位でしょうか。ほんのりと焼き色が付けば十分です。



 漬け込み液を調製します。塩とビネガーと蜂蜜だけです。
zuccina8.jpg
 
ただ、ビネガーは昨年仕込んだタラゴンビネガーを使います。好みの甘酸っぱさにして下さい。



 タラゴンはヨモギなどに近いキク科の植物ですが、寒さより暑さに弱いですね。よく枯らしてしまうので、毎年植えています。
zuccina9.jpg  
zuccina8-1.jpg

 アニスのような独特の香りが大好きでサラダのドレッシングやピクルスには必須となっています。数枝をワインビネガーに漬け込んでおくだけで食卓に豊かな香りが広がります。



 焼き上がったズッキーニを熱いうちに調味液に浸します。
 zuccina10.jpg
 ジャブジャブ浸すのではなく、さっと回しかければよいのです。途中で天地を返して数時間で出来上がりです。



 ズッキーニイタリア風焼きズッキーニの甘酢漬けズッキーニの焼き浸しタラゴン風味)です。
zuccina11.jpg
 
保存性もありますし、冷たく冷やしても美味しいので夏に最適。
 





 もう一品は、冬瓜(トウガン)にヒントを得ました。いわゆる夏向きの煮物です。
zuccina13.jpg

 南仏料理のラタトゥイユにもクールジェットが使われますが、あれも煮物の一種ですね。性質の似た食材同士は無難に変換が可能です。今回は濃いめのダシを取り、登米の油麩と炊き合わせます。



 こちらも温かくても冷たくても美味しいお惣菜です。夏の朝は冷たい煮物が食欲を湧かしてくれます。
zuccina14.jpg
 
黙って出されれば、だれでも冬瓜と思うでしょう。ですから、挽き肉や海老の餡かけも合うはずですね。ズッキーニは形態学的にはカボチャの仲間ですが、食材としてはウリの範疇として捉えた方が良さそうです。





 菜園で実に態度のでかいズッキーニ。作付けを誤ると周辺の野菜まで大きな葉の下に隠れてしまいます。土手カボチャのように、広々とした空き地にでも植えておくとゆったりと育ちそうです。ただ、カボチャと違って、炭水化物を貯めませんので救荒食としてはあまり役に立たないかも知れません。プロは人工授粉をするようですが、ほったらしでも十分に収穫できます。ただ、色々な昆虫やカタツムリなどの食害を受けやすく、中をすっかり繰り抜かれることもあります。野性動物にも人気のズッキーニです。^^



スポンサーサイト



2011/07/10(日) 05:00 | trackback(0) | comment(6)
| ホーム |