FC2ブログ

蘇れキラキラ丼

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

kirakira1.jpg
 この美味しそうな海鮮丼は、震災前の1月下旬、南三陸町志津川で頂きました(関連記事)。南三陸町では飲食店組合が四季折々の海鮮丼キラキラ丼と命名して売り出してきました。ちょうど今頃はメカブも盛り込んだ南三陸キラキラ春つげ丼が終了し、南三陸キラキラうに丼の季節となっているはずでした。

 




 志津川の旧魚市場周辺には魚屋さんが多く、おさかな通りと呼ばれていましたが、大津波で無惨な姿になってしまいました。以下の2枚組の写真は上が震災前の1月下旬、下が6月上旬の撮影です。
kirakira2.jpg 
kirakira3.jpg

 すっかり、見通しが良くなってしまった志津川の街。45号線付近からおさかな通り越しにホテル観洋が見えています。周辺は瓦礫の原となっていますが、主要な道路は綺麗に片付けられています。





 志津川でも有名な山内鮮魚店さんも基礎しか残っておりません。
kirakira4.jpg 
kirakira5.jpg

 山内さんのHPによりますと、会社社屋、製造工場ともに壊滅しましたが、正文社長を始め、ご家族はご無事のようです。




 ここには街なか交流館が建っていて、観光客の休憩やトイレ、情報収集に役立っていました。
kirakira6.jpg 
kirakira7.jpg

 例年であれば、週末にはウニ丼目当ての観光客で賑わっていたはずです。

 

 


 そして、冒頭の海鮮丼を頂いたしお彩さんがあった場所です。しお彩さんの若親方は無事だったのでしょうか。
kirakira8.jpg 
kirakira9.jpg

 遠くに震災直後からテレビで何度も映された志津川病院とサンポートが見えています。町の復興デザインは昨日(6月10日)、発表になりましたが、この街の魅力の一つでもあったキラキラ丼も早く復活してもらいたいものです。



 こんな看板を見つけました。達筆な文字で安否を告げています。ご主人のお人柄が表れています。
kirakira10.jpg

 牡蠣や塩雲丹が美味しかった遠勝商店さん。今は奥様のご実家に避難されているとのこと。



 この瓦礫の中でも元気な看板を見つけました。骨組みだけとなってしまった鮮魚店さかなのみうらさんでした。
kirakira11.jpg

 新聞でも取り上げられていましたが、瓦礫の中から探し出した包丁を使って、仮店舗を早々に立ち上げるとのことでしたが、見当たりません。後でわかったのですが、仮店舗はベイサイドアリーナ近くの住宅地内に出来ているそうです。後日、伺ってみましょう。



 さかなのみうらさんの店舗跡には、「よみがえれ故郷 ふんばれ南三陸町」と大きな文字で書かれています。社長の三浦さんは自らも被災していながら、各避難所を回って、本当に必要な物資を届け回りました。この彼の活動が「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の発端となったそうです。このプロジェクトは早稲田大学の西條剛央教授が代表となり、全国へ必要な支援物資を呼びかけています。詳しくはこちらをご覧下さい。


 被災地には全国のみならず世界から物資が届けられますが、現場のニーズとの食い違いが多々見られます。このような状況を少しでも緩和するためにこのプロジェクトが役に立っているのです。これ以外にも被災した市町HPには不足している物資やボランティアの受け入れに関する情報もアップされていますので、支援を行いたい場合には参考にして下さい。
 

2011/06/11(土) 05:00 | trackback(0) | comment(10)

被災慰労と壮行

カテゴリー: 未分類

daimyo1.jpg
 本日はお持て成しの日です。朝早く起きて、畑で野菜を摘み取り、冷めても良い料理から作り始め、テーブルセッティングが完了したのが、ゲストをお迎えする10分前。毎回ですが、想定以上に時間がかかってしまいます。この日は晴れて暑くなる予想、ランチタイムから始めてゆっくりと休日の午後を楽しめそうです。

 

 

 
 料理の仕上げをしている間にゲストにはデッキの木陰で食前酒代わりのビールを楽しんで頂きます。
daimyo2.jpg

 冷やしたハイネッケンや青島ビールなどの小瓶を並べてお好きなものをセルフで呑んで頂きます。




 
 突出し3点セットはトルティージャ小エビのアヒージョスペイン風の酢だこです。
daimyo3.jpg

 トルティージャは一口サイズに切ってあります。アヒージョは小エビをニンニク風味のオリーブオイルで炒めました。酢だこもニンニクを利かせた甘酢に黒オリーブとともに漬けています。



 
 本日のゲストは大名マークさんご夫妻です。震災前に完成したウッドデッキを使って頂く初めてのお客様です。
daimyo4.jpg

 大名マークさん達のお住まいは津波によって大規模半壊しました。床上浸水で泥が部屋中に入り込み、専門の業者によるクリーニングが必要だそです。それに、お二人の車が2台とも流されたとのこと。震災以来、なかなかお会いできず、何もしてあげられなかったので、せめてものご慰労の宴です。今日は地震も津波も忘れて大いに語り合いましょう。




 室内のテーブルに着きまして、いよいよ開宴です。まず、インサラータは自家栽培野菜ゴルゴンゾーラのドレッシングを添えました。
daimyo5.jpg
 材料の野菜はプチトマト以外はすべて朝、畑で摘み取っています。赤軸ホウレンソウ、壬生菜、サニーレタス、掻きちしゃ(サンチュ)、ルッコラにサヤエンドウなどを盛り込みました。ゴルゴンゾーラのドレッシングはかなり癖がありますが、気に入って頂けたようでホッとしました。



 
 ゴルゴンゾーラは刺激的な味わいが癖になるイタリアのブルーチーズです。
daimyo5-1.jpg
 辛みと酸味と塩辛さでワインがどんどん進みます。これはドレッシング向きの溶けやすいドルチェタイプですが、辛味の強いピカンテの方が好みです。




 ここで大名マークさんがお持ち下さった純米吟醸栗駒山を開封。
daimyo6.jpg
 純米ですが爽やかな甘みが料理とよく合ってくれます。奥さまはワイン党なので、こちらは男二人で頂きました。^^


 

 日本酒に最適なも用意しております。今年は3回目の漬け込みの身欠きにしん山椒漬けです。 会津を代表する郷土料理ですね。
daimyo7.jpg

 毎年これを漬けるのを楽しみにしており、木の芽が柔らかいうちは何度も仕込みます。作り方はこちらにありますが、身欠き鰊の脂と山椒の香りが効いた酢醤油が口の中で溶け合って、これに日本酒が追いかけると、もう、日本人に生まれて良かったなぁと実感してしまいます。^^



 これはちょっと贅沢に山椒漬けをさっと炙っています。
daimyo8.jpg

 味醂干しのような甘味は一切なく、すっきりと酸味が効いた焼き物ですが、滴る脂が酸味を円やかに包みます。



 
  ここで、震災直後にはずいぶんお世話になったホットプレートを持ち出して、お相手をさせて頂きながらの調理に移ります。
daimyo9.jpg
 
筍と山芋のガーリックオイル炒めバルサミコ醤油(右)里芋の焼きコロッケ(左)です。前者はこのあと、バルサミコ醤油をジャーッとかけて仕上げます。後者は本日初めての試みで、茹でて潰した里芋の中に味醂醤油で味付けした鶏ひき肉を射込み、平らに均してじっくり焼き上げたものです。中の鶏にしっかり味が付いていますので、そのまま頂きます。ねっとりとした里芋がジャガイモとはまるで違うコロッケになりました。揚げていませんが、表面はカリッカリ。



 
 こちらは朝からじっくり煮込んだトムカーガイです。タイ式鶏のココナッツミルク煮ですね。
daimyo10.jpg
 菜園で栽培しているレモングラスをたっぷり入れて風味を移しました。先月、頂いた筍も水煮にしてとってありましたのでたっぷり使います。沈んでいますが、鶏の手羽元も1時間以上煮込んでいますので、骨がスッと抜けるくらいの柔らかさになってます。

  



 これはご存じチャプチェです。宴の途中でささっと作りました。
daimyo11.jpg
 細切り牛肉だけはニンニク味醂醤油で下味を付けておきました。それと調味液として、醤油、酒、コチュジャン、オイスターソースを混合したもので仕上げます。



 これを摘み立てのサンチュで巻きながら頂きます。
daimyo12.jpg
 このサンチュは実に丈夫で、葉を掻き取っても次々出てきます。本当に追われるように食べています。掻きちしゃという和名で江戸時代より利用されてきた葉菜なのですが、韓国ブームでサンチュとしてリバイバルしたのは皮肉です。




 滅多に作らないドルチェですが、即席ティラミスです。後方は前出のゴルゴンゾーラ
daimyo13.jpg
 最近、マスカルポーネがスーパーでも買えるようになりましたので、スポンジにエスプレッソを染ませ、その上に盛り込み、ココアを振っています。3分で出来る甘味を抑えた大人のティラミスです。 




 すっかり、話に夢中になり、辺りは夕闇となりました。それでも電燈を点けずに宵闇を楽しみます。庭のが消えて漆黒となり、空にが輝き始めるまでの移ろいを楽しむのが大好きなので、大名マークさんご夫妻にも押し付けてしまいました。大名マークさんは何か落ち着かないようで、そわそわしていましたね。申し訳ありませんでした。これに懲りずに、花火の時にでもまたいらして下さい。この翌日、私は三陸沿岸の被災地に戻りました。実はお二人にはその壮行もして頂いたのでした。楽しいひと時、本当にありがとうございました。



2011/06/08(水) 05:00 | trackback(0) | comment(7)

【気仙沼市大谷】 貴重な今年のフノリ Ⅱ

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

ooya1.jpg 
 いま、気仙沼に向かって45号線を北上しています。間もなく、海水浴場で有名な大谷海岸に着くところですが、ここからもかつての光景とは全く違う様子がよくわかります。大谷海岸には、こちら方面に来る度に覗いていた道の駅があります。農水産物販売所では新鮮な地物の魚が格安で手に入りました。ウニやアワビのにぎり飯も楽しみの一つでした。果たして無事に残っていてくれたでしょうか。




 こちらがはまなすステーションと呼ばれる道の駅大谷海岸なんですが、やはり修復中でした。
ooya2.jpg
 1階部分を覗いてみましたが、何もありません。辺りの状況から津波が建物の中を攪乱したのでしょう。


 


 そして、これが面している45号線の向かい側の様子。
ooya3.jpg
 これでは建物が残ってもダメージは相当に大きかったはずです。



 

 日本一海水浴場に近い駅はまなすステーションが売りだった道の駅大谷海岸。海に近かっただけに被害も大きかった・・・。
ooya4.jpg 
ooya5.jpg 
 
駅舎兼用である建物の裏側がプラットホームであり、陸橋を渡るとすぐ白砂青松の海水浴場だったのです。それが、線路はズタズタ、松は立ち枯れしています。あまりに無残な光景に絶句です。



 

 はまなすステーションの売店が復活するのはまだ先のようですが、併設する農水産物直売所は元気にを上げていました。
ooya6.jpg
 ここも津波に飲み込まれたでしょうに、急ピッチで復旧させたのですね。



 

 店内は鉄骨剥き出しで無骨ですが、奥にはラーメンが食べられる食堂もオープンしていました。
ooya7.jpg

 地元の方のための日常的な商品も多く並べてありました。やはり、まだ、農産物が多くを占めています。



 

 それでも水産物では乾燥させた海藻類は販売していました。
ooya8.jpg

 ヒジキにフノリ、他県産かと思いましたが、産地は三陸となってます。震災前に摘み取ったものなのでしょうね。貴重な商品です。


 


 乾燥マツモも販売されていました。
ooya9.jpg

 これをさっと炙って醤油を垂らし、お茶漬けにすると堪らないのです。^^


 


 被災の激しかった本吉方面でも着実に再生に向けて動き出しています。6月からは全県的にが開始されますのでいずれまた、新鮮な地魚も店内に並ぶことでしょう。その日を楽しみに、時々覗いてみることにしたいと思います。こちらに来て感じたのですが、仙塩地域石巻市街地と違って、三陸沿岸を走ると平坦地と丘陵が繰り返します。まさに地獄天国が次々と入れ替わるのです。それだけに被災された方々の無念さはいかばかりかと察するに余りあります。
 





 道の駅大谷海岸(農水産物販売所)


・所在地  : 宮城県気仙沼市本吉町三島94-12(国道45号線)
・営業時間は復旧中のため目安ですが、9:00~18:00
・駐車場  :あり
・トイレ   :仮設(6月上旬現在) 

2011/06/04(土) 05:00 | trackback(0) | comment(10)

貴重な今年のフノリ

カテゴリー: 料理:海藻

hunori2001-1.jpg
 十三浜
(石巻市北上町)の知人より、震災前に摘み取って乾したフノリを頂きました。津波の後はどこの浜でも収穫を中止していますので貴重なフノリです。フノリ布海苔と書きますように、煮溶かして糊状にして着物の張りを出すのに用いられてきました。もちろん食用としても珍重され、汁物の具にしてトロリとした食感が楽しまれています。

 
 
 特に新潟では、このフノリの粘着力を使って蕎麦を打つ習慣があり、へぎそばとして愛されてきました。フノリでつないだ自家製蕎麦の記事はこちらで、新潟で食べたへぎそばの記事はこちらです。


 


 で戻しますと、1.5倍にくらい膨れますが、このフノリはまだ走りで枝先が細かいですね。そして、実に瑞々しい。
hunori2001-2.jpg
 市販のフノリには、ストローのように育った物もありますが、このフノリはまだ若い芽の段階です。そういう意味でも貴重です。根元に砂粒が付いていることがありますので、注意深く手で確認しましょう。


 


 私の大好きなフノリの食べ方はこれです。春キャベツとの酢醤油漬けです。
hunori2001-3.jpg
 ざくざくと切った春キャベツと水で戻したフノリを混ぜ合わせ、酢と醤油を半々にした調味液を回しかけます。決して、じゃぶじゃぶと漬け込んではいけません。塩っぱくなり過ぎます。混ぜ合わせるくらいにして、時々、天地を返します。ポリ袋に入れて漬けた方が簡便で良いかも知れません。砂糖などの甘味は決して加えないで下さい。スッキリしなくなります。


 


 何度か混ぜ返し、大体3~4時間で食べられます。
hunori2001-4.jpg
 しんなりするまで漬けないで、サラダ感覚でパリパリ食べられる方が好みです。


 



 春キャベツの甘さとパリパリ感に磯の香りとフノリ特有の歯触りがなんとも例えようのない美味しさなのです。 
hunori2001-5.jpg
 
ご飯のおかずにも酒の肴にも向く佳品です。ワカメやコンブでは駄目なのです。この料理にはフノリが出会いなのです。


 


 今晩はカツオの焼き霜造りにもフノリを添えて頂きます。
hunori2001-6.jpg
 カツオは土佐のタタキのように、薬味を乗せてポン酢を回しかけて馴染ませたのも好きなのですが、このように新玉葱のスライスと練り芥子で食べるのも捨て難いのです。


 


 それとフノリ味噌汁はやはり外せませんね。
hunori2001-7.jpg
 汁椀に味噌汁を注いでから、フノリを乾燥したまま千切って入れます。こうしますとカリカリした歯触りも楽しめます。とろりと溶けかけたフノリが好みの場合は仕上がり間近の鍋に入れます。


 


 久々にまとまった雨となり、気温も4月並に下がったので、今晩は蕎麦焼酎のお湯割りでフノリを楽しみます。
hunori2001-8.jpg

 以前にもフノリを煮たり揚げたりした料理も紹介していますが、このシンプルな料理に落ち着きます。


 

 三陸沿岸は3.11の巨大津波でとてつもない被害を受けました。岩礁域も同様、激しい波や土砂に洗われたはずです。磯の海藻類は大丈夫でしょうか。海藻類に影響がありますと、我々が磯の香りを楽しめなくなるばかりではなく、それらを餌にして育つアワビやウニにも影響があるということになります。それに巨大津波で掻き回された陸地にはが溜まっており、降雨のたびに海に流れ込みます。これによる濁りが長く続くと光合成をする海藻類にも不都合です。6月からは各種のが再開されます。岩礁域の海藻やアワビ、ウニの様子も見えてくるでしょう。
 

2011/06/01(水) 05:00 | trackback(0) | comment(8)