FC2ブログ

夏野菜の定植とつけ麺

カテゴリー: 料理:麺類

natuyasai1.jpg
 今年はゴールデンウィーク後半から近所の田んぼで田植えが始まりました。そういえば、今年は自分の菜園の作付計画すら立てていませんでした。夏野菜の苗の植え付けは今月中であれば間に合いますので、次の休みの日に一気にやってしまいましょう。例年、焦って早めに植えて、低温や強風でを傷めてしまうこともあるくらいですので、ゆっくり目で良いのです。




 ここ数年、は泉インター近くのホームセンタームサシさんで求めています。
natuyasai3.jpg
 
店舗の規模が大きいので扱う苗の種類も多いのです。こちらも地震の爪痕がまだ残り、工事中の区域が随所に見られました。こちらのお店では以前は、キュウリの四葉系やトマトでもサンマルツァーノ種など、かなりマニアックな品種も扱っていたのですが、やはり売れないのでしょうか、定番苗がほとんどになりました。




 このを選んでいる時が楽しいのです。あれもこれも欲しくなるのですが、の畝数に応じて計画通りに買い求めます。
natuyasai4.jpg
natuyasai5.jpg
 
苗は伸びた高さで選ぶのではなく、茎の太い物を選びます。この頃の丈の差なんてすぐになくなります。むしろ、太くてがっちりした苗が定植後、風にも強くて活着も速いのです。




 段々家族も減り、今年の夏は私一人の可能性が大きいのでかなり少なめにしていますが、それでも14~15種類にはなってしまいました。
natuyasai6.jpg
 
これらの他に種から植える野菜が5種類ほど加わる予定です。




 前日に早起きして耕し、コンポストを鋤き込んで畝立てと支柱による位置決めは完了しています。ちょっと乾き気味ですが定植してしまいます。
natuyasai7.jpg 
natuyasai8.jpg
 
狭い菜園ですので定植はものの30分で終わりましたが、するとどうでしょう。にわかに空が暗くなって雨が降り出しました。何とも好都合な天気の急変です。水遣りの手間が省けました。




 さて、軽い労働の後に遅めの昼食です。何の脈絡もないのですが、体調を悪くした父親を見舞いに行った際にもらった箱入りつけ麺です。こういう、一貫性のない展開はいずいなぁ。^^
natuyasai9.jpg
 
米寿も近い齢というのに、どうしてこんなもの買ってあるのでしょう。しかもあごだしのスープで食べるつけ麺なんてあまりにそそられるじゃありませんか。そういえば、消化器系を悪くして入院していた時も料理番組ばかり見ていたそうです。まったく血は争えないとはこのことですね。^^




 煮豚もメンマもなかったのでとりあえず有り合わせの具材を揃えました。
natuyasai10.jpg
 
青梗菜とシメジ、半熟卵で雰囲気を作ります。私好みの半熟卵の作り方は以下の通り。

 ① 冷蔵庫から出したばかりの卵を小鍋に入れ、やっとかぶるくらい水を張ります。
 ② これを強火にかけ、沸騰するまでゆっくりと掻き回します。
 ③ 沸騰したら、中火でかっちり6分30秒で流水に放し、粗熱を取ります。
 ④ 硬い所で転がして、全面にヒビを細かく入れてから注意深く殻を剥きます。

これを調味液に漬け込めば、半熟味玉になります。詳しい作り方はこちらをご参考に。



 
 麺はやや平打ちの中太です。香川県の製品(久保田製麺業さん)なので讃岐うどんの技が生きているのでしょうか。
natuyasai11.jpg
 
常温保存できる半生麺ですので、やはり生麺とは違います。それでも、噛み応えのある腰とプリッとした喉越しが感じられます。




 スープはかなり甘味を強く感じます。アゴの粉末が相当入っているようで香り立ちます。
natuyasai12.jpg
 
カタクチの煮干しのようにギンと来る強い癖はないのですが、濃厚なトビウオの旨味を楽しめます。なにはともあれ、御馳走様でした。


 

 沿岸部の田んぼには海水に浸って数年は田植えを諦めなければならない所もあります。さらに福島県では原発事故により津波の被害は受けなかったにも関わらず、当面、農業畜産もできなくなってしまった地域も出ています。産業では水産被害が前面に出ていますが、農畜産業も直接、間接的に大きなダメージを受けました。ままごとのような家庭菜園ですが、長年やってきますと作付の楽しみ、収穫の喜びが人生に不可欠なものとなります。ましては、生業として営んできた方々にとって、それらが奪われる悲しみは計り知れないものでしょう。一刻も早い再生を願うばかりです。
 

2011/05/17(火) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

鰊の山椒漬けを仕込みました

カテゴリー: 料理:買い魚

sansho2.jpg
 晴れた日には初夏を感じさせる陽気となって参りました。庭の木の芽(山椒の若葉)も一斉に吹き出し、また、今年も山椒漬けのシーズンがやって来ました。このサイトで山椒漬けを紹介するのも、これで5回目になります。我が家の恒例行事みたいなものですので、また、紹介させて頂きます。木の芽もあまり緑が濃くなる前の若葉が食べても柔らかく、香りも穏やかでよろしいですね。




 漬け込むニシンは身欠きニシンです。かつての内陸部での貴重な蛋白源ですね。
sansho3.jpg
 
身欠きニシンも最近では冷凍保存されて流通するので、カンカンに乾されないソフトなやつが出回っていますが、山椒漬けには昔ながらのハードタイプでないといけません。もっと、まとめて漬けたかったのですが、3尾分しか手に入りませんでした。




 身欠きニシンには米の研ぎ汁に一晩漬けて戻します。鰓蓋や尾の先などは切り落としました。
sansho4.jpg
 
この米の研ぎ汁が酸化した油も落としてくれるとされています。まさに生活の知恵ですね。柔らかく戻ったニシンの皮にへばり付いた鱗を洗い落とします。鱗が喉に貼り付くと興醒めしますので。




 綺麗に掃除した身欠きニシンを容器に詰め込んでいきます。
sansho5.jpg

 木の芽とニシンが交互になるように組み込んでいきます。所々に輪切りにした鷹の爪を散らします。山椒漬けの本場、会津では専用の漬け物鉢=鰊鉢が使われますが、細長いタッパーで代用しています。




 詰め込みが終わりましたら、漬け込み用の調味液を注ぎます。
sansho6.jpg

 私は甘さを抑えて、醤油、醸造酢それぞれ半カップに味醂大匙半分くらいです(3尾=6枚分)。




 落し蓋かこのようにラップで表面を覆ってから冷蔵庫で保存します。
sansho7.jpg

 3日目くらいから食べられますが、味が馴染むのは1週間くらい経ってからですね。出来上がった頃にご報告します。





 果たして、今年も美味しく漬かるでしょうか。1週間後が楽しみです。3尾分しか漬けられなかったのですが、このシーズン、身欠き鰊は店の棚に並んでいます。木の芽が硬くならないうちにまた、漬けましょう。考えてみると大量に漬け込んでも1か月以上経ちますと味が変わってきます。それに、今は独身生活なので漬け過ぎるとあまりの美味しさに食べ過ぎてしまい、血圧が下がる暇がなくなりますし。^^

2011/05/15(日) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

庭の花と弁当

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

tubaki1.jpg
 ソメイヨシノ
はもうとっくに散ってしまいましたが、少し遅れて椿の花盛りを迎えます。椿の花の見頃も意外と短いもので、先に咲いたものから茶色く枯れて枝に残ったりして見栄えが悪くなります。この写真は我が家で一番大きく育っている紅色桃色二色咲きの椿です。一本の木に二色の花が咲き、両色の斑入りや絞りも合わせて咲き乱れるゴージャスな品種です。日頃、悲惨な被災現場ばかり目にしていますので、少しからエネルギーをもらいたいと思います。




 上は岩根絞り、下は白椿です。白椿の品種はたぶん大城冠だと思います。
tubaki2.jpg 
tubaki5.jpg

 岩根絞り
は鮮やかな紅色と白のコントラストが魅力です。成長が遅く、20年経っても腰くらいの高さのままです。白椿は清楚で気品がありますが、すぐに花が茶色く枯れてみすぼらしくなります。小まめに枯れた花を取っていけば良いのでしょうけど、大変な手間なのです。




 八重と一重の紅色の椿。八重はバラの花のような西洋椿の一品種、たぶんバレンタインデー(上)、一重の猪口咲きは侘助(下)です。
tubaki6.jpg 
tubaki7.jpg

 侘助
は同じく一重のヤブツバキに近いのでしょうか。中国から伝わった別種との交配種とも言われていますが。小輪ですが、簡素さが茶人好みと言われる所以なのでしょう。




 がらりと変わって、こちらは小さな八重の花をいっぱい咲かせた庭桜(ニワザクラ)です。
tubaki8-1.jpg

 低木で1mにもなりません。毎年、椿と同じころに可愛らしい花をたくさん咲かせます。桃色の着物を着た元気いっぱいの童女のよう。





 さらに話ががらっと変わって恐縮ですが、最近、はまっているかにかまレタスマフィンです。^^
tubaki9.jpg

 もっちりマフィンをさっとトーストし、日本の生んだイミテーションフードの草分けかにかまレタスマヨネーズを乗せて挟んだものです。ベーコンやチーズよりしっとりしていて、淡白で飽きが来ないのです。でも、これを本物の蟹肉で作ったらどんなに美味いのでしょう。作り立てより、ラップやホイルに包んで、1時間くらい置いた方が全体が馴染んでより美味しくなります。




 最近、弁当にもこれを持って行っています。これ一つじゃ足りないので、小さなカップ麺かカップスープを付けています。
tubaki10.jpg

 震災からひと月余りはガソリンも手に入らず、車以外に交通手段がなかったので、家の近くの関連事務所に勤務させられていました。従って、食事を作る時間も結構あって、朝にご飯を炊いて弁当を作っていましたが、今は救援や自衛隊の車で大渋滞の道路を2時間弱かけて通勤しており、弁当や食事が手抜き気味です。あまり添加物の多い食品を摂り続けるのは不安があるのですが、この生活に慣れたら、徐々に改善したいと思います。





 宮城の復旧は始まったばかりですが、通勤経路の空き地には仮設住宅がどんどん増えていきます。道路も応急工事で凸凹ですが、主要な道路は完全に走れるようになりました。ところで、この道路のヒビや亀裂ですが、多い道と少ない道がはっきりしています。カーナビを見ながらふと思ったのですが、東西に走る道路は横切る亀裂が多いですね。今回の地震で東日本が乗っている北米プレートが東へ延びたとされています。太平洋プレートに押さえ付けられて縮まっていたのが一気に解放されたのですから、南北方向に無数の亀裂が入ったのでしょう。地球規模の地殻変動を繰り返す地面の上に人間の社会が張り付いているのですから、壊れるのも当たり前なのですね。

2011/05/12(木) 05:05 | trackback(0) | comment(6)

庭の修復と山菜

カテゴリー: 3.11震災関連

jisin3-1.jpg
 3.11の震災ではライフラインが全て止まりました。ガスと電気は代替の光熱手段で何とか凌ぎましたが、困ったのはです。市や自衛隊の配給が来るまでは備蓄してたペットボトルの飲料水で何とかなりましたが、配給後も水洗トイレ洗濯に使えるほど十分ではありませんでした。そこで、役に立ったのは小さいながらも庭のでした。

 3月中下旬は氷も張るくらい水温が低く、植物プランクトンも繁殖していないので池の水も比較的きれいです。1日1回トイレを流したり、溜まった下着や靴下を洗ったりと重宝しました。しかも、が降るとまた水が補充されます。ただ、激しい地震でどこかにヒビが入ったようですが、水道復旧まではを湛えてくれました。



 池本体にはヒビは見つからなかったのですが、に流れ込む渓流とその接続部分やが怪しそうです。
urui1.jpg
 
現在は水の循環を止めていますが、雨水渓流部の所々の深みに溜まります。それが見られなくなったのです。もしやと思って川底の石を取り除きますと案の定、クラックが三カ所も入っていました。池本体よりコンクリートの打設が薄いので地震に耐えられなかったようです。常時、地面に水が染み込むと地下に空洞が生じる危険があります。




 GW中は復興イベントや被災した知人の手伝いなどでなかなか時間が取れなかったのですが、朝早起きして防水モルタルを塗っていきます。
urui3.jpg 
 
 防水モルタル専用の既製品もありますが、通常のモルタルに土粘土を混ぜ込んで施工します。これは、以前、近所の建設資材店のご主人から教わった手法です。




 流れ込みの岸にはこごみ(クサソテツ)やうるい(オオバギボウシ)が新しい葉を出し始めています。
urui4.jpg urui5.jpg
urui6.jpg
 これらの山菜は観賞用で食べるために植えているのはないのですが、今年は山菜採りに行くゆとりもないので、雰囲気だけ味わいましょう。




 うるいの酢味噌がけとこごみの胡麻醤油和えです。
urui7.jpg
 春から初夏にかけての旬の味覚をちょこっとだけ楽しみます。




 こごみは癖が全くなく、くるくると巻いた葉先の食感が個性的です。
urui8.jpg
 肥沃な山で育つこごみは10円玉くらいになるのですが、我が家ではせいぜい1円玉くらいにしかなりません。




 うるいも味見程度です。あまり食べますと庭の景色に影響します。^^
urui9.jpg
 うるい(ギボウシ)の仲間は沢山ありますが、このオオバギボウシは苦みも柔らかで食べやすいのです。




 これだけの震災があっても、当たり前ですが季節は移り変わっていくのですね。生物の進化の歴史から見れば、1100年に一度の大震災大津波と雖も過去に何度となく体験してきたのでしょう。人間は自然を開拓して住みやすいように変えてきましたが、大自然の持つ大きな力にまで打ち勝てると過信してはなりません。雄勝(石巻市)のある浜では、古くからの言伝えを守って、家は高い所に立てていたので全員が助かりました。今後の復興にはこの教訓を生かしていくべきでしょうね。
 

2011/05/09(月) 05:00 | trackback(0) | comment(4)

家の中の整理整頓

カテゴリー: 3.11震災関連

tuppa.jpg jisin2-1.jpg
 3.11東北地方太平洋沖地震から50日が経過し、大きな余震もかなり治まってきました。我が家は高台にあるので津波の被害は受けなかったのですが、激しい揺れによる基礎のひび割れ壁の亀裂ドア開閉の不具合などが生じています。さらに、食器棚の中身が飛び出して大切な食器も数多く失いました。ただ、突っ張り棒をしてあったので独立した食器棚でも倒れることはありませんでした。




 
 悲惨だったのは本棚。安いスチール製でしかも突っ張り棒なしだったのでいとも簡単に転倒し大部分のが床に山となってました。ここは2階のホール風の部屋でこの奥に二部屋があるのですが、とても行くことができません。
jisin9-1.jpg
 
実は3.11の本震でこてんぱにやられた後、コツコツと積み直して来たのですが、4月7日深夜に起きた宮城県沖を震源とするM7.1の大きな余震で再びぶち倒されました。この写真は余震の翌朝に写したものです。早く突っ張り棒をしなければいけないと思いつつも、周辺のホームセンターが営業を開始できない状態が続いていました。おそらく、開店しても真っ先に売り切れたでしょうけど。





 そこで、楽天市場でアイリスの突っ張り棒(ML60~80cm)を2セット購入。
tuppa0.jpg tuppa1.jpg
 1セット2490円。この投資が功を奏してくれるとよいのですが。 突っ張り棒には様々な種類とサイズがあります。こちらをご参考に。





 
 さっそく、本棚と天井の間に装着し、ネジを回して突っ張ります。
tuppa2.jpg tuppa4.jpg
 
今度こそ頼みますよ。まだまだ、M8クラスの大きな余震がやってくる可能性がありますから。




 何とか積み込みました。余震よ来るなら来い! でも、来なくてもいいからね。^^
tuppa5.jpg tuppa5-1.jpg
 
これで転倒したら、スティール本棚は諦めます。本棚の所々に隙間が見られるのは、古い学会誌などの定期刊行物を処分したからです。ちょっと悩んだのですが、どんどん溜まる一方ですので英断を振るいました。






 一方、こちらはガラス扉付きの木製本棚突っ張り棒もしていないのですが、本が少し飛び出しただけですみました(上の写真参照)。
tuppa6.jpg
 
やはり、重量があり下半身がしっかり作ってありますので、転倒しなかったのでしょう。こちらは料理関連の書籍、仕事の専門書より料理本の方が優遇されているのです。^^





 ところで、は崩れてもあまり痛みませんが、食器や液体が入った瓶類はダメージが大きいですね。通勤途中にやまやさんが開いていたので覗いてみました。
tuppa7.jpg tuppa8.jpg
 
地震と津波で店内は大打撃だったようですが、4月中旬からは開店していたとのことです。汚れてしまった酒類を格安で提供してくれています。もっと早く気付けば良かった。^^ ただ、綺麗に並べ直された商品棚には突っ張り棒のような耐震装置は取り付けられていません。





 ほぼ、半値で購入したワイン焼酎です。ラベルが少し剥がれていたり、汚れている程度ですのでお得です。
tuppa9.jpg
 
ワインは通常1,000円前後の物が500円。カリフォルニアの赤(ピノノワール)、チリの赤(シラー)、フランスのロゼ(メルロー)を仕込みました。おまけのそば焼酎はたったの300円。^^




 地震大津波から50日以上が経過し、復旧のための国の一次補正予算も可決しました。復興はまだまだ先ですが、瓦礫処理などの支出の裏付けがハッキリしました。義父の四十九日はまだですが、少し心持を明るくして参りましょう。休みの日にはもっぱら家の修復や室内の整理に追われる日々ですが、落ち着いたら温泉にでも入って美味しい蕎麦でも手繰ってみたいですね。^^

 
2011/05/06(金) 05:00 | trackback(0) | comment(5)