FC2ブログ

復旧の日まで(9) 【ガス開栓でLL3種復旧】

カテゴリー: 3.11震災関連

 地震から二十日が過ぎ、月も替わって新年度となりましたが、周りの状況にはあまり変化がありません。震災の復興を考慮して、人事異動も当面凍結。今日も被災した現場を回ります。自宅では地震から11日目までに電気水道は復旧したのですが、ガスがまだ来ていません。4月5日(地震から25日目)の朝、新聞受けに本日、ガスを開栓するので立会を求める通知が入っていました。日中留守にしているので、携帯番号を玄関に書いておきましたところ、すぐに連絡を頂きまして仕事が終わる17時半に来て頂くことになりました。




 家周辺のガス漏れを入念にチェックし、ガスの元栓を開いて点火しますと、、、25日ぶりに青い炎が。
jisin10-1.jpg

 ガスの開栓に来られた方は山形から派遣されているとのことです。我が家に火を授けるのように見えました。地震から一カ月近く経って、やっとライフライン3種の完全復旧です。給湯器が壊れていますので風呂はまだ先になりますが、大したことではありません。短時間で普通の料理が出来るようになったことが嬉しくて堪りません。これでカートリッジガス灯油の残量を気にしないで料理が出来ます。


 

 さっそく、我慢していたパスタを作ります。パスタを茹でるにはしっかりした火力が必要です。
jisin10-2.jpg

 同時に野菜の煮浸しも作っています。やはり、カートリッジガスのバーナーとは違います。どんどん料理が進みます。


 

 レトルトですが、この日のために取っておいた利久の牛たんシチューをソースにします。
jisin10-3.jpg

 煮浸しはパックの田舎だしと油揚げで旨味とコクを付けています。ウイスキーのお湯割りで一人晩餐会の開幕です。






 普段はあって当たり前のライフラインですが、なくなって初めてその重要性が実感できました。
jisin10-4.jpg jisin10-5.jpg
 
ライフラインは電気とガスと水道ですが、今回の震災でそれらが絶たれ、それぞれの特徴を身を持って知ることができました。





 ライフライン3種の重要度を生活行動ごとに検証してみます。ただし、我が家はオール電化ではありません。
LL3.png

 こうしてみますと、電気やガスはストーブや卓上ガスコンロ、ロウソクなどで当座は代用できますが、だけは給水を受けに行かねばなりません。自衛隊や市の努力により連日、支給されますが、トイレや洗濯にまでは十分に回すことはできません。やはり、人間も生物ですので、何よりもまず、なんですね。それと、表の下段の4種類は燃料やバッテリーとともに常に備蓄しておかねばなりません。






 やっとライフラインが完全に復旧し、生活が普段に戻りつつあります。現代の人間が生きていくためには、衣食住に加え、3種のライフラインが必須であることがよくわかりました。比較的復旧の早かった電気ですが、オール電化のハウジングは高齢者住宅以外では見直す必要があるでしょうね。電気への依存度が高くなればなるほど、原発の増設も必要になります。


 今後も冷却を続け、放射性物質で汚染された水の処理に追われるだけでなく、周辺地域の民生や産業への損害を考慮すると原発は決して経済的な発電とは言えないでしょう。今までの原発事故も全て想定外とのことでしたが、そもそも安全な発電であったら、東京電力が地方に原発を建設することはなかったはずです。現在、計画停電の不便さだけが強調されていますが、真夏の過ごし方と夏の高校野球の開催時期を今一度見直す必要がありそうです。

2011/04/11(月) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

復旧の日まで(8)【支援物資の到着】

カテゴリー: 3.11震災関連

 相変わらず、炊飯器やホットプレートなどの電化製品での調理が続いていますが、地震から11日目の3月22日に、やっと水道が復旧しました。朝、お隣さんから給湯器から水が噴き出していると起こされ、水道の復旧と給湯器の故障を知ります。水道が使えるようになったのは有難いのですが、給湯器内の水が凍結してどこかを破裂させたようです。ガスの復旧見込みは立っていませんが、それまでに直さないと風呂に入れません。急いで修理をお願いしました。ところが、同じケースが多発しており、部品がいつ手に入るかわからないとのことでした。現代的な生活は一度崩れると立て直しにずいぶん時間を要するものです。





 震災から12日目、宅配便がサービスセンター留めだと輸送可能と先日知って、上京中の妻に支援物資をお願いしました。数日前より、東北自動車道が緊急自動車以外にも開放されたようです。
jisin8-1.jpg

 まるで玉手箱です。飢えているだけに逸る心を抑えるのが大変です。発送の際には、道路事情が悪く、いつ届くかわかりませんと言われたそうですが、しっかり翌日には届いています。



 
 箱の中にはぎっしりと食料品衛生関連用品が詰まってます。
jisin8-2.jpg

 こちらからのリクエストで生野菜と野菜ジュース、マルチビタミン、マスク、ウエットティッシュなどをお願いしていました。野菜はこちらのスーパーなどで手に入るようになってはいますが、営業時間制限があり、値段も高いのです。


  



 その後、弟や友人から続々と物資が届き、カップ麺だけでも田舎のお店以上の品揃えになってしまいました。
jisin8-3.jpg

 いくらなんでもこれは多すぎます。寝坊して弁当が作れなかった時の備蓄程度があればよいので、飲料水の受給を代行して下さったご近所さんや食料供給事情が悪い地区の友人に配って回りました。

 





 これから、南風の頻度が高まると福島第一原発から放射物質の飛来が多くなると思い、気休めですがマスクを所望しました。
jisin8-5.jpg

 風呂はおそらく一カ月は入れない見込みなので、体を拭くためのウエットティッシュが便利です。赤ちゃんのおしりふき用のが大きくて使いやすかったですね。メントール入りのティッシュは顔を拭くとスッキリします。消毒薬化膿止めは備蓄があったのでバンドエイドだけをお願いしました。外で仕事をすることも多いので破傷風が恐ろしいのです。




 それにしても、この度の震災が厳寒期や盛夏でなかったのが、不幸中の幸いでした。降雪や氷点下の続く時期ですと避難所も過酷すぎますし、また、昨年のような酷暑では、食料も腐敗が速く、食中毒感染症も多発していたでしょう。

 

 




 今まで悲惨な風景ばかり見てきましたので、心も少し荒み気味。を愛でるゆとりもありませんでした。
jisin8-6.jpg 
jisin8-7.jpg

                                      (4月2日撮影)
 休息日に庭に出てみるとこんな花たちが咲いていました。黄色から咲き始めるクロッカス(上)、この後、が続きます。清楚なニホンスイセン(下)も可愛らしい。派手さはありませんが、嫌味がないので好みです。花たちを眺めていますと少しの間、現実から離れることが出来ます。





 地震から11日目で水道が復旧し、を蓄える必要がなくなりました。これだけでも精神的にずっとらくになります。日中、働いていますとなかなか支給を受けに行けませんので。食料も宅配便がサービスセンター留めとはいえ、届くようになり、近所のスーパーも夕方まで営業するようになったので飢えの恐怖からも逃れることが出来ました。風呂はなくても何とかなるものです。震災前まで毎日入っていたのが贅沢だったようにも思えます。給湯器が治っても入浴は少し間隔を開けて入るようにしたいと思います。



2011/04/09(土) 06:00 | trackback(0) | comment(11)

復旧の日まで (7) 【ホットプレートの裏技】

カテゴリー: 3.11震災関連

 前記事に引き続き、ホットプレート(グリドル)の話題です。

 

 ホットプレートは電気調理器具の一種ですが、炒めることが主な任務です。
jisin7-1.jpg

 ホットプレート
の原理は、下に巡らされた熱源(ヒーター)により鉄板を加熱するものです。鉄板部分が外せるようになったり、おでんの鍋がオプションで付いたり、ずいぶん便利になりましたが、後の掃除がフライパンより面倒です。また、一人分の調理には広い鉄板を持て余します。




 そこで、メーカーには怒られるかも知れませんが、こんな使い方をしてみました。
jisin7-2.jpg

 直接熱源の上にフライパンと小鍋を置き、炒め物と麺を茹でるのを同時進行させるのです。ヒーターの熱が100%パンや鍋には伝わりませんが、漏れた熱は部屋を暖めます。これで洗い物がぐっと楽になります。




 白石温麺で作ったソーミンチャンプルーです。
jisin7-5.jpg

 まだ、水道や都市ガスは復旧していませんが、近くのスーパーが夕方まで営業してくれるようになったので、仕事帰りに野菜が買えました。麺類も茹で時間が短い素麺、冷麦、温麺などが災害時には適しています。パスタも調理が簡単で良いのですが、通常、茹で時間が8分以上に及び湯量も多く必要とします。何人かで食べるのなら、ホットプレートで豪快にフィデオワ(パスタのパエージャ)にしてしまうのも一手ですね。




 ホットプレートの鉄板を使わないと後片付けが楽になります。
jisin7-6.jpg

 水
が貴重なので、ティッシュで拭いて、さらにお湯を垂らし、仕上げ拭きをして完了。単にが貴重なだけではなく、海岸部の下水処理場が大津波の被害により稼働しておりませんので、海に汚水が垂れ流し状態になってます。海の資源への悪影響も懸念されますので、なるべくキッチンのシンクからの負荷を軽減させるようにしましょう。




 ご飯茶碗などは、食後にお湯を張り、漬物などでよくこすって、そのお湯も食後の一服にしています。
jisin7-7.jpg

 これって、昔は庶民の食事の作法でしたよね。洗う人への配慮と食べ物への感謝です。特にレトルトのカレーや中華丼などを食べた後はお湯を注いで飲み干してもらいたいですね。盛岡じゃじゃ麺鶏蛋湯(チータンタン)は環境負荷を抑える意味でも素晴らしい習慣です。




 おかずがオイリーでなければ、さらにティッシュで拭き上げて完了。
jisin7-8.jpg

 山岳をやっていた頃、冬山ではこれが当たり前でしたので全く抵抗がありません。それにあの頃はロールペーパーでしたし・・・。




 ホットプレート裏技をご紹介しましたが、この方法で最初からお湯を沸かすのは非効率的ですので、予め炊飯器で沸かしたお湯を用います。もっとも、家族ソーミンチャンプルーを作るのでしたら、炊飯器で麺を茹で、ホットプレート本来の使い方で調理した方が効率的です。地震から10日が経過しました。まだ、水道や都市ガスは来ていませんが、生活は少しづつ元に戻りつつあります。家を失い避難所で生活をされている方々や家は残ったものの救援物資の行き届いていない地域の方々に比べればどれだけ幸せなことでしょう。今後は被災地の方々のことを片時も忘れることなく、救済の手を差し伸べていきましょう。
 

 

  そして、生活が元に戻るにつれて、また、への負荷が増えてきます。沿岸部の下水処理場が稼働していませんので流入量が多くなると、海への垂れ流しも増えてしまいますし、下水道が修復される前に大量の水が流れ込むと溢れ出す危険性もあります。今回の震災体験を教訓に、

  ① 食器は拭いてから洗う。
  ② 流し放しで水道を使わない。
  ③ 水洗トイレの水節約。
  ④ 風呂のお湯の有効利用。

 
を心掛けて行きましょう。これは電気やガス、ガソリンにも言えることですね。特に風呂200リットル近いので大切な資源です。洗濯に使うのは常識ですが、この水をトイレに回せるシステムができるとさらに良いでしょうね。



2011/04/07(木) 05:00 | trackback(0) | comment(4)

復旧の日まで (6) 【電気が来れば②】

カテゴリー: 3.11震災関連

 地震から9日目に電気が開通し、それまでの暗い闇の世界からは解放されました。カートリッジガス灯油の減少を気にする必要もなくなり、精神的にもずっと楽になります。の支給を定期的に受け、冷蔵庫に残された食材保存食を組み合わせてなんとか食事らしい形にしています。前記事では炊飯器での調理でしたが、今回はホットプレートを使った料理をご紹介します。つまり、普通ですが・・・。

 



 ホットプレートは家族で焼肉をやる時には都合がよいのですが、一人だとちょっと大きすぎます。
jisin6-1.jpg

 それでも炊飯器では炒め物が出来ませんので、これに頼ります。カートリッジガスや灯油はいざという時のために残しておきます。

 



 停電になってから1週間くらいは冷凍豚肉も半解凍状態でしたが、その後は気温も高くなり、完全に解凍してしまったので二日ほど醤油に漬けておきました。今日はそれをホットプレートで調理します。
jisin6-3.jpg

 玉葱と一緒に炒め合わせ、最後に漬け汁も加えて、鋤煮風に仕上げます。

 



 ご飯に乗せて豚丼定食の完成です。久々のご馳走です。
jisin6-4.jpg

 汁物はインスタントの若布スープ。でも、これで肉も野菜もほぼ底を突き、買出しをしなければならないのですが、スーパーは午前中で閉まってしまいます。休みを取って買いに行くのもちょっと難しい状況です。

 



 ま、先のことは考えないで、久々の豚丼を楽しみましょう。
jisin6-5.jpg

 天にはセブンさんが栽培したちょろぎの梅酢漬けを乗せました。最高の幸せです。電気が来る前までは冷凍食品を温めて食べていましたので、料理らしい料理が骨身に染みます。

 



 
 次の日はこんなものも作ってみました。解けてしまった冷凍ミックスビーンズと最後の人参、乾燥青海苔をたっぷり入れたお好み焼きです。
jisin6-6.jpg

 トッピングにはこれまた最後のミックスチーズと削り節です。鉄板の良さはこういうコナモンが出来ることです。

 



 ソースとマヨをちょっとだけ垂らして頂きます。
jisin6-7.jpg

 今晩はこれと缶詰をつまみに焼酎をチビチビ。お好み焼きの半分は明日の朝食に回します。

 


 
 ホットプレートは炒め物には最適ですが、一人分を作るのにもプレート全体が汚れてしまい、後の掃除がちょっと手間ですね。それに電力を食う割には炒めることしかできないのも不満です。この問題を一挙に解決する新しい技を思い付きました。勿体ぶるようですが、次の記事でご紹介させて頂きます。


 地震から10日経ちましたが、ライフラインで回復したのは電気だけです。水道やガスは一体いつになるのでしょう。実は池の水で1回洗濯機を回してみました。下着と靴下を使い果たしたからです。仕上げには貴重な飲料水を含ませては脱水して凌ぎました。工夫我慢で何とかなるものです。





 【 追 記 】

 
家庭用電気調理器具は、炊飯器ホットプレートばかりではありません。ご承知のように電子レンジは野菜を加熱するのに適しています。ラップや耐熱ポリ袋で覆ってチンすれば、水なしで蒸野菜が出来上がります。そのまま温野菜サラダで頂けます。


 

 これは溶き卵にスープ、ミックスチーズ、塩胡椒を混ぜ合わせた生地に、お冷ご飯やパン、うどんなどを加えて3分ほどレンジしたものです。
jisin6-8.jpg
jisin6-9.jpg
 
キッシュと茶碗蒸しの間のような食べ物で炭水化物も入っていますので朝ごはん代わりになります。熱々で寒い朝は体が温まります。


 

 魚さんからお風呂に入れない時、濡らしたタオルをチンして体を拭きますとスッキリしますよと情報を頂きました。ありがとうございます。4月7日震度6強の余震で水道が再び止まり、風呂はまたお預けです。水も貴重ですので、寒い夜はレンジメイドのホットタオルで体を拭きましょう。 


 

2011/04/05(火) 05:00 | trackback(0) | comment(4)

復旧の日まで (5) 【電気が来れば①】

カテゴリー: 3.11震災関連

 左は電気開通前夜、右が電気がやって来た日の夜景です。これで治安も少しは良くなるでしょう。
jisin5-1.jpg
jisin5-2.jpg
 地震から9日経った3月20日夕刻に、待ちに待った電気がやっと開通しました。実は東京から戻ってきた14日の夜、周辺の地域ではすでに普段と変わりなく照明が点けられているエリアもありました。ところが、我が家の周辺は被害が大きかったのか、開通が大幅に遅れました。ガスバーナーのカートリッジガスやストーブの灯油も減ってきていたので内心、ハラハラしていたのです。これで、光熱は一安心。でも、水道はいつになるかまだ不明です。




 カートリッジガスや灯油の消費を抑えるために、都市ガスが来るまでは電化製品が調理器具の主役となります。
jisin5-4.jpg

 お湯も炊飯器で沸かします。お湯を沸かすためのマシンではありませんが、リットル単位のお湯を作るのに便利でした。これでぬるま湯を作って洗髪もできました。



 
 ただ、沸いたお湯をポットに移すのに厚手のグローブかオーブン用のミトンが必要になります。
jisin5-5.jpg

 ポットに注ぎ込むのにも注意が必要です。多少、冷めても小鍋を柄杓代わりに使って丁寧に入れた方が安全でしょう。




 炊飯器はご飯を炊くだけではなく、こんなことにも使えます。
jisin5-6.jpg

 インスタントラーメンを作ったり、煮物や汁物を作るのに便利です。水道が来ていませんので、後の釜洗いを考えて、ラーメンもノンフライで調味オイルは使いません。



 
 これは30年位前の1合炊きの炊飯器です。捨てないでずっと取ってありました。
jisin5-7.jpg

 一人暮らしの炊飯にはこれがちょうど良いのです。内鍋を洗うのにあまり水を使わなくて済みます。毎朝、1合炊いて朝食とお昼のおにぎりを作ります。



  
 ご飯が炊けるようになってから、食生活も段々普段通りになっています。炊き立てのご飯が食べられる喜びを噛み締めます。
jisin5-8.jpg

 電気が戻って、冷凍庫も稼働しましたが、解凍してしまった食品は再凍結せずに食べ切ります。おかずには残り物を使った酸辣湯と頂き物の小鯊の佃煮です。
 


 
 電気が開通した夜から照明も暖房も調理もすべて電気に頼るようになっています。図らずもオール電化になったわけです。東北電力も七ヶ浜の火力発電所が壊滅的な被害を受けており、節電に努めなくてはいけないのですが、ローソク以外はガスも灯油も残り少なくなっています。なるべく早寝をするようにして消費電力を抑えましょう。この記事では炊飯器の活躍ぶりを紹介しましたが、次の記事ではホットプレートの活用をご紹介します。 


 

2011/04/03(日) 05:00 | trackback(0) | comment(10)