FC2ブログ

【福島県いわき市】割烹一平の復興に勝つ 鰹あぶり重

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

ippei1.jpg
 震災の前年に逝去された恩師の別荘が福島県のいわき市にあります。奥様が時々来て、管理されているのですが、以前より食器を処分するので取りに来てほしいと言われておりました。我が家は東日本大震災で3割くらいの食器を失ったので大変有り難く、図々しくも頂きに上がりました。その際、名物女将のいる割烹が近くにあるので、お昼をご馳走すると仰いました。じぇじぇ、食器を頂いた上に割烹でランチなんか飛んでもございませんと尻込みしたのですが、震災以降、庶民価格の献立も出すようになったとのことです。




 その割烹は一平さんと言います。夏はウニ、冬はアンコウで名を成した有名店です。
ippei2-1.jpg
 歩くうにって何だろうと思ったら、要するに活ウニのことで殻を開けた後もしばらくは棘を動かしてうごめくからなんでしょうね。




 暖簾を潜ると和風庭園の通路となり、手水鉢には水が滴り落ちています。
ippei2.jpgippei3.jpg
 料亭や割烹なんぞはそうそう来られる処ではありませんので、緊張感が走ります。^^




 通されたのは宴会でもするような大広間。でも、座卓やテーブル席が並べてありました。
ippei4.jpg
 高齢者で畳に座るのが困難な方もいらっしゃるのでこの配慮は優しいですね。




 本来、ランチでも3,000円以上する割烹ですが、震災以降に出すようになった鰹あぶり重はセットで800円です。
ippei5.jpg
 それにしても安いですね。副菜やコーヒーも付くようですし、その辺の食堂と変わらないお値段です。




 最初に緑の豆腐にダシの利いた餡がかけられて登場します。こういうところが料理屋さんですね。
ippei6.jpg
 葛で固めた抹茶豆腐かと思ったら、モロに豆腐でした。抹茶入り豆腐かな。。。




 豆腐を食べ終わったところにタイミングよく、鰹あぶり重が出されます。
ippei8.jpg 
ippei9.jpg
 炙った鰹をご飯に乗せただけではありません。イクラやフカヒレなどの高級食材も惜しみなく使われています。炙った鰹にドレッシングのようなものを塗してありますね。




 漬け物は大根の梅酢漬け小茄子にいわき名産の紫蘇巻きです。
ippei7.jpg
 福島県の紫蘇巻きは腹帯のように巻くのですね。塩漬けした大根を拍子木に切って、同じく塩漬けされた青紫蘇の葉で巻いてあります。単にしそ巻きと言いますと宮城ではクルミ味噌を巻いて揚げた物を指しますね。




 奥様が私のために煮魚も頼んで下さいました。これはサメガレイの煮付けです。宮城ではホンダガレイと呼びます。
ippei10.jpg
 味付けは割烹にしてはかなり甘め、お客筋の好みなんでしょうか。食後にはコーヒーまで付いて、充実の800円でした。ただし、追加の煮魚は900円でした。

 

 


 食事の後半、女将の長谷川雅子さんがそばに座られて福島第一原発事故による放射性物質汚染の悲惨さをお話になりました。一平さんはウニやアンコウなど、いわきに水揚げされる前浜物を料理して提供してきましたが、現在、福島県では安全が確保された軟体動物のごく一部を試験操業する以外、漁業は全面的に規制されています。それがいつまで続くのか全く先が見えておりません。名物のアンコウも青森県から、ウニは北海道から仕入れているそうです。いわきの観光にも尽力されてきた長谷川さんは本当に悔しそうでした。


 目の前に広がる広大な海の恵みが何年にも亘り、利用することが出来ないのが福島の現実です。それに、現在でも汚染された地下水が毎日、何百トンも海に流れ込んでいます。事故から2年以上経過した先月から、観測用井戸のセシウム、トリチウム、ストロンチウムが急上昇しているのは溶解した炉心がメルトアウトして、水脈に達したからではないでしょうか。でも、それだったら大規模な水蒸気爆発が起きますよね。厚い湛水層でなければ、爆発も起きないのでしょうか。。。


 一体、原発敷地内の地下で何が起こっているのでしょうか。この辺の合理的な説明を電力もマスコミも規制委員会も保安院もしてくれていないように思います。事故により国土のみならず、貴重な資源までが汚染され、その補償で支払われる金額や果てしなく続く事故処理に掛かる経費を考えると、原発は決して安い発電方法とは思えないんですけど。。。不信だらけの原発がこの国では、これからも稼働していくのですね。やっぱ、日米原子力協定の縛りなのかな。




割烹一平


・所在地   :福島県いわき市小名浜字下町75
・電 話   :0246-54-3311/0120-54-3316
・営業時間  :11:00~20:00(日~15:00、祝~19:00)
・定休日   :月曜日、年末年始
・駐車場   :あり


2013/08/19(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

【石巻市】石巻まちなか復興マルシェで三色丼

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

ishinomakimarche1.jpg
 本日は石巻に来ておりました。午前中の仕事を済ませ、移動の途中でランチタイムとなりましたので、まだ、行ったことがなかった石巻まちなか復興マルシェを覗いてみることにしました。復興マルシェは旧北上川中瀬の石ノ森萬画館の向かい岸(旧友福丸そば)に2012年6月に完成しました。魚市場の近くにあった石巻しみん市場も入っているということですし。




 現在の石巻の街中は中里から蛇田の方へ移ってしまいましたが、この周辺がかつての“まちなか”だったのです。
ishinomakimarche3.jpg ishinomakimarche2.jpg

 江戸時代、内陸部のを江戸へ輸送する中継基地としてこの一帯(石巻市中央地区)が大変栄えました。その後も海運の拠点として、旧北上川に面したエリアからJR石巻駅までの商店街が繁栄したのですが、大店舗の進出、車社会の到来でシャッター通りと呼ばれるまでに衰退してしまったのです。大震災を契機に長い歴史を持つこのエリアに人々を呼び戻そうと、まちなか復興マルシェが開設されました。




 石巻といえば、石ノ森章太郎の漫画キャラが街中に溢れていました。マルシェでも仮面ライダー1号や人造人間キカイダーがみんなを護ってくれてます。^^
ishinomakimarche4.jpg ishinomakimarche5.jpg

 これらのフィギュアも津波に巻き込まれたのでしょうか。それとも震災後に作り直したものでしょうか。現代のやたらリアルなデザインより、昭和のゆるゆるとした作りにホッとします。



 
 名物石巻焼きそば餃子専門店も入ってます。
ishinomakimarche6.jpg ishinomakimarche7.jpg

 石巻焼きそばは震災後に姫路で開催されたB1グランプリで、浪江焼きそばとともに上位を占めました。久々に食べようかと思ったのですが、どうしても魚に食指が動いてしまいます。




 どうやらこちらは和食のお店のようです。でも、ソフトクリームがパーラーっぽいですね。^^
ishinomakimarche8.jpg

 年配の石巻市民にとって、ソフトクリームはある意味ソウルフードかも知れません。まだ、ここに丸光(デパート)があった頃、家族でショッピングを楽しんだあと、中華楼の中華そばを食べ、デザートにソフトクリームを食べるのが定番でした。




 さっそく、三色丼1300円を頂きます。具沢山のけんちん汁と香の物が付きます。
ishinomakimarche9.jpg

 海老や雲丹など10種類くらいのネタが乗った豪快海鮮丼1800円もあったのですが、さすがにランチではそこまで到達出来ません。(TT) 




 お決まりの三方向ビュー。三色はカツオヒラメイクラですが、笹蒲や青菜、乗ってます。
ishinomakimarche10.jpg
    ishinomakimarche11.jpg
         ishinomakimarche12.jpg
 
ご飯の上には錦糸卵と海苔がかけられていました。ネタは日によって変わるようです。 




 食後には被災した石巻しみん市場を覗いてみます。
ishinomakimarche13.jpg

 魚市場横の海水浴場背後にあった店舗はまともに被災して壊滅しました。トレーラーハウスでの復活です。




 規模はかなり小さくなりましたが、水産加工品鮮魚類も所狭しと並んでおり、嬉しくなります。
ishinomakimarche14.jpg ishinomakimarche15.jpg
ishinomakimarche17.jpg ishinomakimarche16.jpg

 イシモチやホウボウなどの地魚の刺身が買えるのも魅力です。




 震災後、久々にお会いした色川社長から新製品の味見をお願いされました。
ishinomakimarche18.jpg 
ishinomakimarche19.jpg

 十三浜のワカメを入れた若布餃子です。正直なところ、私はもっとワカメの主張が強くても良いと思いました。皮には米粉も使ってあるようで、透明感があります。ワカメのが透けて見えるのは高得点。^^




 復旧復興の支援に駆け付けて頂いたボランティアの皆さんへの気持ちが示されていました。
ishinomakimarche20.jpg

 この度の東日本大震災では、日本中からのボランティアの方々が被災地に集まり、実に献身的に働いてくれました。かたや瓦礫処分の受け入れを頑なに拒否したり、被災地の製品を扱わないことを宣伝した量販店など、人の心の裏表が如実に現れました。




 あえて、かつてのまちなかを選んで開設した復興まちなかマルシェ。長い歴史の中で繁栄してきたエリアには独特な空気が漂います。商業の中心地として再興することは難しいのかも知れませんが、歴史を芯にした街並み造りを進めていけば、人も集まってくるように思います。そのためには中心地に大きな駐車スペースを配置して、1000円以上の買い物で無料にするとかのサービスも必要でしょう。漫画歴史の町で石巻が復興することを願って止みません。 
 
 



石巻まちなか復興マルシェ http://www.fukkoumarche.com/


・所在地   : 〒986-0822 宮城県石巻市中央2-11-13
・電 話   :0225-92-6603
・営業時間  :10:00~18:00
・定休日    :火曜日
・駐車場   :あり


 うまいもん屋 http://is-umaimonya.com/

2013/06/24(月) 05:00 | trackback(0) | comment(4)

名残のバジルでガパオライス

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

gapao0.jpg
 このオーバーライスはタイの料理で日本ではガパオライスとかガパオご飯とか呼ばれています。日本人にも馴染みやすい料理ですが、本来、ガパオと呼ばれるホーリーバジルが使われる料理名にガパオが付きます。鶏のバジル炒めパッ・ガパオ・ガイですし、それをオーバーライスにしたガパオライスガイ・パッ・ガパオ・ラートカオ・カイダオ(もしくはパッ・バイ・ガパオ・ガイガップ・カイダオ・ラートカオ)です。訳すと鶏のガパオ炒めぶっかけご飯目玉焼き添えでしょうか。日本ではタイのホーリーバジルが手に入りにくいので、広く栽培されているスイートバジルで代用します。辛さも少し強めにして残暑を克服するため体に喝を入れましょう。





 鶏のバジル炒めを本場のように作るにはバジルだけでなく、その他のハーブ類や調味料も揃えなければなりません。そこで便利なのが、タイから輸入される調味ペーストです。
gapao1.jpg

 本日はこのペーストでまず、鶏のバジル炒め を作り、オーバーライスのガパオライスに仕上げます。鶏は挽肉ではなく、胸肉一枚を使います。




 まずは胸肉を出刃包丁で粗く叩きます。つくねを作るわけではないので、あまり細かくしなくて結構です。
gapao2.jpg

 日本は便利でミンチが普通に売られていますが、海外ではお店に頼んでミンサーにかけてもらうか、自分でこのように叩きます。でも、この不規則な粗さが美味さでもあるのです。




 トマトやシシトウ、オクラも適宜に切っておきます。
gapao3.jpg

 スイートバジルは入れすぎますと結構香りが鼻に来ますので二人分で片手に軽く一杯にします。




まず、ニンニクの香りを出したオリーブオイルで鶏肉を炒めます。
gapao5.jpg

 胸肉は硬くなりやすいので短時間でサッと炒めます。




まだ鶏肉に完全に火が通っていない頃合いに野菜、ちぎったバジル、ペーストを加えサッと混ぜ合わせます。
gapao6.jpg

 味見をして塩だけで調整します。せっかくシーユーダムナンプラーの味わいが壊されないよう、醤油やソースなど余計な味は加えないようにしましょう。




これが鶏のバジル炒めパッ・ガパオ・ガイです。
gapao7.jpg

 ピリッと辛く、バジルの風味も利いて食欲を湧き上げてくれます。これをアテにビールも好いのですが、やはり相性がよいのはご飯でしょうね。




目玉焼きと一緒にご飯に乗せてガパオライスの完成です。
gapao8.jpg

 本場のは目玉焼きがもっとカリカリに焼かれて、黄身も崩れていたりしますが、日本人の感性にはノーマルな半熟目玉焼きが合ってます。




そして、こう食べるのです。半熟目玉焼きの円やかさがスパイシーなパッ・ガパオ・ガイに優しさを与えてくれます。
gapao9.jpg

 よくこういうオーバーライス物を食べる時に最初に全体を混ぜてしまう向きと少しずつ混ぜながら味の変化を楽しむ向きがおりますよね。子供の頃、初めて関西に移り住んだ時、食堂でカレーライスを最初にぐちゃぐちゃに混ぜてから食べる大人がいて激しいカルチャーショックを受けたものです。しかも生卵入りですから、その衝撃も尋常ではありませんでした。


 どっちみち、ご飯と馴染ませて食べるのですから合理的と言えば合理的なのかも知れませんが、子供ながらも一度も真似することはありませんでした。今にして思うと関西に多い在日韓国人からビビンバの食べ方を伝授されたのでしょうか。でも、中華丼(飯)ではやってなかったようにも記憶していますし、大阪には最初から混ぜてあるカレーライスを出す有名なお店(自由軒)もありました。


 私は少しずつ混ぜながら食べるのが楽しみなので混ぜる喜びを取られたカレーライスにお金を払うことはないでしょう。話しが戻りますが、ガパオライスだって最初から味が均一になってしまったら、食べ進みながら味の変化を楽しむことが出来ませんし、半熟卵の黄身の美味しさがご飯に紛れて感じられなくなってしまうような気もします。ま、これも好きずきなのでどう食べてもよいのですが・・・。   あ、卵かけご飯は私も混ぜるな。^^

2012/09/12(水) 05:00 | trackback(0) | comment(7)

【石巻市】復興友福丸のマグロ丼

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

tomohuku1.jpg
 牡鹿半島
を望むこの白い砂浜には人の姿がありません。例年なら海水浴客で賑わう頃ですが、昨年に引き続き海水浴場は開かれないようです。宮城県内で大震災以降に海水浴場をオープンさせたのは、気仙沼市大島の小田の浜(こだのはま)だけです。もちろん今年になってからですが。





 それもそのはず、砂浜の背後はガレキの処分場になっています。
tomohuku2.jpg 
tomohuku3.jpg
 
ここは石巻市のながはま海水浴場。。。だったところです。魚市場の東側で高い防潮堤で囲まれていたのですが、津波はこれを軽く乗り越えました。




 旧北上川を少し上った中瀬に石ノ森漫画館があります。
tomohuku4.jpg

 まだまだ、本格的な修繕は始まったばかりです。再開に向けての修繕計画が石巻市議会を通ったのは4月のことでした。観光施設より民生が優先されるのは当然のことですね。




 そして、中瀬の対岸には、昔からよく利用させて貰った島料理の友福丸さんがあります。
tomohuku5.jpg
tomohuku6.jpg
 
ご覧の通り激しく被災し、ここでの再開の目処は立っていないようです。石巻に住んでいた7年間、東京からの客人はよくここに連れてきました。魚料理にウニやアワビの炊き込みご飯をよく頂きました。




 友福丸さんは現在、中里のバイパスに仮店舗で営業しています。
tomohuku7.jpg 
tomohuku8.jpg

 外観はまるでステーキハウスかピッツェリアのような佇まいですよ。これからのシーズンはウッドデッキでの食事もよさそうです。




 目に飛び込んできたのがこれ。うにといくらの友福丼1200円。
tomohuku9.jpg

 これはお値打ちそうですね。よっしゃ、これに決めた。




 ところが、いくら献立表を見渡しても友福丼は見つけられず、店員さんに伺うと今はやっていないと。。。その気になっていただけにちょっとショック。で、マグロ丼になりました。^^
tomohuku10.jpg

 副菜2品と味噌汁(豆腐、若布)が付いて1200円、ボリュームもあって、これはこれでお得です。




 よく見ますとメバチのような赤身とビンチョウのような桃身、それにネギトロもちょこんと乗って三色丼になっています。
tomohuku11.jpg 
tomohuku12.jpg

 あしらいも茨大根やより人参など板前の仕事がなされています。大葉の裏にはきちんと桂剥きして作った大根のけんも隠れていました。




 副菜はもずく酢と浅漬け。
tomohuku13.jpg

 マグロが続くので口直しにぴったり。酢飯ではなく、白いご飯。同じ三色まぐろ丼でも北かつまぐろ屋さんとはまた違った味わいです。





 気仙沼もコンクリートの基礎だけの光景が広がり痛ましいのですが、久々に見る石巻も被災の激しさが生々しく残っています。それでも残った人たちは元気に復興への努力を続けています。被災の激しかった友福丸さんも仮設ではありますが、以前と変わらぬ味わいを提供してくれていました。被災地ではこのようながんばるお店を食べ支えてあげようではありませんか。




島料理友福丸


・所在地   :宮城県石巻市中央二丁目11-35
・電 話   :0225-22-2851
・営業時間 :11:30~14:00(土日・祝祭日~15:00)/17:00~21:30(日祝祭~21:00) 
・定休日  :年末年始・GW・お盆以外は 毎月第三火曜日
・駐車場  :あり

2012/07/27(金) 05:00 | trackback(0) | comment(10)

【南三陸町】さんさん商店街 DE キラキラ丼復活

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

kirakira2012-1.jpg
 南三陸町志津川
に来ています。左手に見える赤い鉄骨は全国的に有名になりました南三陸町役場の防災対策庁舎跡です。屋上に避難した町職員ら約30人のうち、助かったのは僅か10人という悲劇の現場です。ここは海から約500メートル離れていますが、巨大津波は3階建ての庁舎屋上をさらに2m超える高さに達したそうです。街のガレキは海辺の松原公園などに集められましたが、基礎だけが延々と続く景色を見ると復興への道のりはまだまだ果てしないと思わざるを得ません。





 ここは街中を流れる八幡川を海から1.7Kmほど遡った所です。ここでも海水を被ったが枯れています。
kirakira2012-2.jpg

 この後ろに県合同庁舎や消防署があったのですが、3階まで津波に襲われています。


 
 消防署の裏手に今年2月、南三陸さんさん商店街がオープンしました。
kirakira2012-3.jpg

 被災した地元の飲食店や小売店30店舗が軒を並べる仮設商店街です。駐車場の入り口が初めてだとちょっとわかりにくいのが残念です。


 
 商店街は大きく3つのゾーンに分かれており、飲食店はオレンジ色のおひさまゾーンにあります。
kirakira2012-4.jpg 
kirakira2012-5.jpg

 南三陸の看板、キラキラ丼も食べることが出来ますよ。キラキラ丼は四季折々変わりますので、内容についてはさんさん商店街のHPでご確認下さい。



 こちらは中央のさんさん広場です。
kirakira2012-6.jpg

 梅雨の合間ながら太陽がさんさんと降り注ぎます。




 志津川で大活躍中のヤマウチ鮮魚店さんと明治13年創業の蒲鉾の老舗及善商店さんもこちらに入っております。
kirakira2012-7.jpg 
kirakira2012-8.jpg

 ヤマウチさんは商工団地の店舗に次いでの2号店ですね。




 志津川の生蕎麦と言いますと、4代続く老舗の京極さんが有名です。懐かしいあの店舗ももうありません。
kirakira2012-9.jpg

 茶そばのような緑がかった麺と棒揚げの天ぷらが特徴です。ここに復活できたのは嬉しい限りです。




 フードコートを取り囲むように飲食店が並びます。キラキラ丼は4軒のお店で食べることが出来ます。
kirakira2012-10.jpg

 このシーズンはウニですね。春はメカブと春野菜、夏がウニ、秋は秋刀魚や穴子、晩秋から冬はイクラが具材の主役になります。




 今日は地元素材にこだわる志のやさんでキラキラウニ丼を頂きます。
kirakira2012-11.jpg

 実は先日、釣りの師匠である七ヶ浜のセブン翁が仕事で志津川に来られました。電話で美味いものが食べられるお店を教えて欲しいとのことだったので、さんさん商店街のキラキラウニ丼をお伝えしました。それで、あるお店に入られたそうですが、ウニがミョウバン臭かったそうです。まさかと思いましたが、海産物は食べ尽くされてきた御仁だけにショックでした。そこで、地物にこだわる志のやさんで確認してみたのです。



 お付き合いで一応お品書きにも目を通しますが、入店前からキラキラウニ丼に決めています。^^
kirakira2012-12.jpg

 しかし、お値段は2千円(汗)。。。東京スカイツリーから飛び降りたつもりで贅沢な昼食を味わいましょう。



 これが志のやさんのキラキラウニ丼です。丼はやや小ぶりで直径が13.5cmでした。^^
kirakira2012-13.jpg

 ウニの占有面積は全体の80%程でしょうか。ウニに添えてあるのは厚焼き風の蒲鉾でした。




 ピンぼけご容赦ですが、ウニは小振りながら一舟分ぐらい使われているのではないでしょうか。
kirakira2012-14.jpg

 ウニは震災以来初めてです。と言いますか、ウニ丼は震災前でもそうやすやす食べられるものではありませんよね。緊張感が走ります。^^



 食べようとしますと、店員さんがを進めるのです。おっ、なるほどと思ったのですが、これはアジシオではないですか。。。
kirakira2012-15.jpg

 せっかくのウニにグルソー(グルタミン酸ナトリウム)かけるのはちょっと。。。せめて、藻塩か自然塩でしょう。でも、店員さんがじっと見ていますので一振り。確かに、醤油の香りに影響されない分、ウニの風味は生きますね。




 だけども、私は山葵を溶かし込んだ醤油を少しずつ垂らして掻き込むのが大好きなのです。
kirakira2012-16.jpg

 ウニの濃厚な甘さが口いっぱいに広がります。この甘味がウニの魅力ですね。ミョウバンを使ったらこうはとろけないでしょう。




 おまけですが、副菜は坪漬け風の漬物と切り干し大根の煮物でした。
kirakira2012-17.jpg 
kirakira2012-18.jpg

 味噌汁にはすり身団子と豆腐が入っていました。

 



 沿岸部の被災地にも二度目のがやってきます。街の姿は変わってもは四季折々の旬味を提供してくれます。まるで何事もなかったように。そして、私たちはを恨むことなく、いつものように舌鼓を打っています。



 それにつけても恨むべきは原発事故さすがに三陸沿岸では常磐海域程の影響はありませんが、風評被害は深刻です。検査結果が不検出でも宮城県産は扱わないという量販店もあるそうです。



 一体、って何だったのでしょう。被災地の復興には地元産業の回復が不可欠です。買い支えてあげてこそなのに、検査結果より産地名で差別する量販店消費者が風評被害を助長し、被災地復興を阻害しているのです。罪な連中です。

 

 
 季節料理 志のや
(南三陸さんさん商店街 http://www.sansan-minamisanriku.com/


・所在地  :宮城県南三陸町志津川字御前下59-1
・電 話   :0226-47-1688
・営業時間 :11:00~14:00/17:00~22:00
・定休日  :不定休
・駐車場  :商店街共用

2012/07/13(金) 05:00 | trackback(0) | comment(8)