FC2ブログ

【福島県浪江町】念願の元祖なみえ焼きそば

カテゴリー: 外食:他麺類

namie1.jpg
 これは一体なんでしょう。焼きうどんのようにも見えますが、実はそばなんです。極太の焼きそばと言えば、そう、最近めきめき注目を集めている福島県は浪江町のなみえ焼きそばです。初めて出会ったのは、昨年(2009年11月)、横手市で開催されたB-1グランプリの会場でした。この時は他にロックオンしていた食べ物が山ほどあって食べることが出来ませんでした。




 思い残したまま1年近く経ちましたが、先日、東北四大やきそばサミット in なみえが開催されたとの新聞記事を目にしました。もう、無性に食べたくなって一っ走り行ってきました。^^ ちなみに、自称東北四大やきそばとは、北から黒石つゆ焼きそば(青森)、横手焼きそば(秋田)、石巻焼きそば(宮城)、なみえ焼きそば(福島)だそうです。


 なみえ焼きそば浪江焼麺太国と名乗る国(組織?)が設されて、町おこしとして派手に活動しています。横手でお会いしましたが、国主のキャラがなんとも味があって良いのです。^^
daiou03.jpg pos3.jpg

 浪江焼麺太国の公式サイトより借用。
 





 ご当地グルメを食べに行く時はなるべく元祖店を狙うことにしています。今回はJR浪江駅に近い縄のれんさんの縄暖簾をくぐりました。^^
namie4.jpg

 縄暖簾もなかなか立派な作りです。ただ、どう見てみても居酒屋さんですね。不思議なことに、こちらのお店は元祖店とされているのに、浪江焼麺太国の加盟店には入っていないのです。元祖店のプライドでしょうか。





 遠くからでもわかる壁に書かれた焼きそばのロゴ。駐車場はお店の右隣にあります。
 namie2.jpg
namie3.jpg

 すごい、県外ナンバーの車も止まっていましたよ。・・・って、自分の車も県外ナンバーですね。^^
 




 店内は完全に居酒屋さんです。一升瓶がズラリと並んでいました。
namie5.jpg

 こちらが元祖店としますと、なみえ焼きそばは居酒屋さんの締めのメニューとして発祥したのでしょうか。
 




 でも、こちらのお店は昼は完全にラーメン店になっているようです。
namie6.jpg

 焼きそばの他にラーメン店メニューが並んでいます。
 




 焼きそばは55年の歴史があるそうです。 え”~っ、出来るまで40分もかかるのぉ。麺が太いからなぁ~。
namie7.jpg

 好みで一味、ふた味、胡椒、惣酢を用いていろいろな味をお楽しみ下さい。。。。ですって、ふた味ってなんだろう。惣酢はもしかしてソースのこと?
 



 


 40分も待たないでなみえ焼きそばが登場しました。意外とコンパクト。
namie8.jpg

 15分くらいだったかなぁ。混雑時の弁解を最初に貼り出しているみたいですね。^^
 




 麺は極太、太さ的にはうどんの範疇に入りますね。
namie9.jpg

 しっかり噛み込まないと喉に落ちていきません。肉も厚切りで顎が疲れます。麺が太いので炒め煮にするのでしょうか、かなり濡れた感じです。
 



 
 気になるふた味を使ってみました。
namie10.jpg

 何だろう。一味唐辛子にニンニクパウダーでしょうか。でも、このふた味、他の料理にも応用が利きそうです。ソース味にも負けない強さがあります。
 


 やっと念願のなみえ焼きそばを食べることが出来ました。麺の太さも想定以上でインパクトがありました。つけ麺やラーメンの世界でも極太麺は珍しくなくなりましたが、ソース焼きそばにもあったのですね。それも最近のブームに乗ったのではなく、55年の歴史があるのですから、敬服します。 この焼きそばで育った人たちがよその土地で普通のソース焼きそばを食べたらきっと欲求不満になるでしょう。^^

 

 それにしても、日本人はカレーやソースなどのスパイスの集合体はすんなり受け入れられるのに、単品のスパイスの使い方はまだまだ未熟です。カレーでは何度も食べているのに単品のクミンナツメッグの香りが嫌いな人もいますからね。







 浪江名物元祖焼きそば 縄のれん


・所在地  :福島県双葉郡浪江町大字権現堂字南深町22-2 
・電 話   :0240-34-3175
・営業時間 :10:00~14:00/17:00~23:00 
・定休日  :不定休
・駐車場  :あ り





← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
2010/12/25(土) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

聖護院蕪と鮭のクリームスパ

カテゴリー: 外食:他麺類

kabusupa0.jpg
 ここ数年、年末に蕪(かぶら)寿司を仕込むために大型種の(かぶ)を栽培しています。今年は聖護院蕪がなかなか良い出来となりました。形の良いものは飯寿司の一種である蕪寿司に仕込みましたが、これをご紹介できるのは年明けとなります。今日は掘り立ての聖護院蕪を使ってパスタを作ってみます。







 猛暑だったためか、今年は柚子も豊作です。北限の地で柚子も栽培しています。
kabusupa0-1.jpg

 これもパスタになんとか応用できないかと狙っています。^^







 で、今回はを使ったクリーム系のスパゲッティを作ります。
kabusupa1.jpg

 クリーム系は本来、生クリームを使いますが、健康志向の我が家はバターと生クリームを使わずに作っています。ブロード(ダシ)はいつものように顆粒鶏がらだし少々に鶏胸肉を叩いたもので取っておきました。






 
 最初にサラダ油で具材を炒めていきます。
kabusupa2.jpg

 鮭の切り身は一部を飾用に形よく炒めて取り出し、残りは崩しながら蕪や葉と炒め合わせます。







 具材を取り出したフライパンで小麦粉大さじ1を炒めます。
kabusupa3.jpg

 そうです。鮭の旨味を回収しつつホワイトソースを作ります。







 温めた牛乳を加えながら、激しく撹拌し滑らかなソースを作ります。
kabusupa4.jpg

 ブロードを注いでパスタソースの濃度に仕上げます。ここに塩と隠し味の白味噌を加えてよく撹拌し、味を決めていきます。白味噌を入れることで柚子とのリエゾンを図っています。






 
 柚子は皮の表面だけを擂り下します。
kabusupa5.jpg

 この後、果汁を絞り、炒めた具材によく混ぜておきます。







 パスタを茹で始めましたら、ソースを温め、茹で上がり直前で具材を投入。
kabusupa6.jpg

 パスタはクリーム系ですから、1.7~1.8mm位で良いでしょう。







 パスタが茹で上がりましたら、ソースと合わせ、炒めて取り出しておいたの切り身を天盛りします。
kabusupa7.jpg

 蕪の香りと甘味を楽しむには、パルメザンは邪魔ですね。







 あ、そうそう。最後に柚子皮の擂り下しを振りかけています。
kabusupa8.jpg

 柚子はクリーム系のソースに混ぜ込むと香りがマスクされてしまいますので、最後に加えました。ソースに白味噌を加えていますので、柚子とのマッチングは良好です。







 パスタイタリアの家庭でごく普通に食べている日常食。日本では型にはまった何パターン化がメジャーとなっていますが、本来、季節の食材を取り入れながら食べていくものです。ボロネーゼカルボナーラのような定番メニューも美味しいのですが、やはり旬の食材を取り入れたイタリアマンマのパスタも家庭で楽しんで頂きたいですね。





← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/12/19(日) 05:00 | trackback(0) | comment(4)

サバイサバイのパッタイ(木町通@仙台)

カテゴリー: 外食:他麺類

sabai2010-1.jpg
 そういえば、このところ休みの日は家でイタリアスペイン系の料理をよく作っていました。一時、あんなにはまっていた東南アジア系の料理は一年近く作っていなかったような気がします。そうなると、無性に食べたくなるんですよね。週末まで待てないので、少し足を伸ばしてタイ料理屋さんにGOです。このケバケバしい色のお店は、言わずと知れた木町通のサバイ・サバイさんですね。雰囲気とは裏腹にサバイ・サバイとは元気元気とか、気持ちいいといった健康的な意味です。^^



 それにしても、この色使い。日本人にはなかなか出来ない色の組合せですね。
sabai2010-2.jpg

 以前はこのプレハブ風の部分だけがお店だったのですが、現在は脇の通路から隣のビルの1階にあります高級レストラン風?のスペースも利用できます。


 

 店内はこんな感じです。夜はお酒を飲みに来るお客さんで賑わうのでしょうか。
sabai2010-3.jpg 
sabai2010-4.jpg

 こちらのお店はほとんどがタイ人スタッフでやっており、癖のある日本語が怪しい雰囲気を醸し出しております。^^





 本格タイ料理のお店ですが、ランチは全品680円で食べられます。
sabai2010-5.jpg 
sabai2010-6.jpg

 今日は無性にパッタイ(タイ風焼きそば)が食べたい気分なので迷わずオーダー。そう言えば、こちらのパッタイはまだ食べていなかったですね。



 卓上には唐辛子、ナンプラー、酢、砂糖が並びます。
sabai2010-7.jpg

 タイ料理は卓上で好み味に変えていくのが楽しみの一つなのです。


 
 ほどなく、サラダとタピオカココナッツミルクが出されます。
sabai2010-8.jpg

 こちらではデザートも最初から出てきますが、辛い料理を食べる時にこのココナッツミルクに救われることがあります。^^


 
 パッタイの登場です。
sabai2010-9.jpg

 スープはコンソメですが、やたらに和風ですね。^^



 パッタイのトッピングは定番の砕きピーナッツとこちらでは乾燥オキアミを使っているようです。
sabai2010-10.jpg

 卵、ニラ、モヤシにエビなども麺と一緒に炒め込んであります。ただ、かなり味が濃そうですね。


 タイの麺の代表格がこの米麺、太さにより名前が変わりますが、これは中太のセンレックですね。
sabai2010-11.jpg

 中国や台湾の米麺は日本ではビーフン(米粉)として出回っていますが、タイでは極細の米麺をセンミーと呼びます。



 
 予想通りかなりしっかり味が付けられていますが、やはりタイ料理の雰囲気を満喫したいのでチリビネガーを垂らして味変させます。
sabai2010-12.jpg

 タイの方が作るパッタイにもずいぶん違いがあるものです。タイの地方による差なのか、日本で地域の味の嗜好性に合わせてモディファイしたものなの・・・。わたしぁ、やっぱり、薄味を自分で調味しながら食べるパッタイが好みですね。





 久々に怪しいタイの雰囲気を楽しみました。以前、真夏にこちらでゲーン・キョー・ワーン(グリーンカレー)を食べた時にはその後、猛烈な汗が止まらず、職場復帰するのが大変でした。ガイ・パッ・バイカパオ(バジル炒めご飯)はタイの庶民食の代表であまり辛くないので安心して食べられます。辛酸甘鹹が溶け合うタイ料理も刺激的でやっぱり良いですね。







タイ料理 サバイサバイ

 


・所在地  :仙台市青葉区木町通2-6-32  

・電 話        :022-275-9858  
・営業時間 :11:00~23:00(ランチタイム11:00~15:00)
・定休日     :無休
・駐車場     :あり


 
 



← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/12/11(土) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

意外な美味しさトマトラーメン

カテゴリー: 外食:他麺類

tomatoramen1.jpg
 近年、スープスパなるものが市民権を得ようとしていますが、どうも私は好きになれません。クリーム系の濃度の高いものでしたらまだしも、サラサラのスープスパゲッティを食べるのに違和感があります。スパゲッティのツルツルした肌にはさらりとしたスープがどうも馴染まないような気がします。保守的ですが、パスタソースに絡めて食べる物だと思います。汁麺と言えば、日本人にとっては饂飩・蕎麦に中華麺がメジャーですが、スープスパの麺をこれらに変換したらどうなるのでしょう・・・。ということで、トマトベースのスープで食べるラーメンを作ってみました。巷でも見かけるようになってきましたが、なかなかブレークしません。実際に作って検証してみます。





 

 材料はスープにチキンブイヨン、ベーコン、ホールのトマト水煮缶。トッピングにパルメザンチーズとペスト(バジルペースト)にホウレンソウやバジル。
tomatoramen2.jpg 
tomatoramen3.jpg
 肝心の麺はチヂレが強く、スープが絡む喜多方ラーメンを選択しました。さらに揉んでチヂレを強めます。



 

 まず、中華鍋でニンニクを炒め、香りが出たらベーコンを加えます。人数分の丼の60%くらいのお湯を加えチキンブイヨンと水煮のトマトを加えます。
tomatoramen4.jpg 
tomatoramen5.jpg
 チキンブイヨンではなく、塩ラーメンのスープでもよいかも知れません。いずれにしろ、味を調えておきます。トマトの水煮缶はどうせ潰すのですが、ホールをお薦めします。ホール缶は少なくとも原型を維持した原料が使われますので。また、一部のトマトをトッピング用にも使えます。




 

 さて、スープが出来ましたら、麺を茹でます。
tomatoramen6.jpg

 愛用の山本鍋、絶対に吹きこぼれないので、茹でている間に具材の調理が可能です。





 

 パスタより伸びやすいので迅速にトッピングを施します。
tomatoramen7.jpg
 中央に粉末パルメザンを振り、ペストをちょいと乗せます。あとはホウレンソウや水煮トマトを適当に盛り付けて完成です。




 

 パルメザンとペストを少しずつ溶かしながら食べ進みます。
tomatoramen9.jpg

 トマトのグルタミン酸がスープの旨味に大きく貢献しています。トマトの酸味と甘味が中華麺にもよく合うのですね。寒ずりや豆板醤を加えて辛味を付ければ、酢辣湯麺にも通じる美味さになるのではないでしょうか。
 


 


 初めて食べてみたトマトラーメン。これはスープと麺の相性に全く違和感がありません。イタリアと中国、と言うよりイタリアと日本の国民食ラーメンが見事に融和した逸品ですね。トマトのグルタミン酸は日本人好みの麺類ともすんなりとコンビが組めることが実証できました。この発想から、ボロネーゼうどんミネストラそばなんかもチェックしてみたくなりました。料理の幅を広げるにはこのような偏見のない食材の国籍変換が有効ですね。当たり外れもありますが、試さなくては先に進めません。でもねえ、スープスパは苦手だなぁ。^^


 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/12/03(金) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

名残のバジリコでジェノベーゼ

カテゴリー: 外食:他麺類

jenove1.jpg
 バジリコ
の風味が鼻に抜けるジェノバ風パスタは、一度はまると病み付きになる魅力があります。市販のペーストでは香りが飛んでしまっている物が多く、ジェノベーゼの醍醐味を味わうためにはやはり生のバジリコの葉から作る必要があります。作り立てのペスト(ジェノベーゼ・ペースト)は鮮烈な香りで初めてだと、きつ過ぎるくらいですが、これが本物のジェノバ(北イタリアの都市)の香りなのです。



 今年は10月末に一時冷え込みましたが、その後、穏やかでバジリコも枯れずにまだ青々しています。
jenove2.jpg

 たぶん、これが今年最後のペスト作りになるでしょうから、バジリコ全部を収穫しました。



 ペストの作り方は以前にも何度か紹介していますが、主な材料はバジリコの葉、ニンニク、オリーブオイル、塩で、擂り込むナッツは時々変えたりしています。
jenove3.jpg

 ジェノバでは松の実を使うですが、日本で市販されている中国の松の実とは異なります。であればということで、私は優しい味に仕上がるカシューナッツをよく使います。たまに、クルミも使いますが、カシューナッツよりスッキリした味に仕上がります。



 最初にフープロでニンニクとナッツをよく攪拌します。
jenove4.jpg

 バジリコを最初に入れてしまいますと、ナッツのこなれが悪くなります。



 続いて、バジリコの葉を少しずつ気長に加えて攪拌を繰り返します。 
jenove6.jpg

 フープロの内側に貼り付いた材料はスパチュラで小まめに落とし込みましょう。





 
 粒子が細かくなってきましたら、塩とオリーブオイルを加え、さらに攪拌します。
jenove7.jpg

 油が入ることでさらに滑らかになっていきます。塩は舐めてみ塩辛く感じるくらいで構いません。このペースト大さじ1杯で1人前のパスタ(100g)を調味することになります。




 滑らかに仕上がりましたら、熱湯で滅菌したビンに保存します。
jenove8.jpg

 すぐに使う場合は、パルメザンチーズの粉末を加えますが、保存する場合は入れず、利用する直前に合わせます。ペーストの表面にはオリーブオイルを垂らして蓋をします。半月くらいのうちに使うのであれば冷蔵でも構いませんが、長期に及ぶ場合は冷凍しましょう。



 
 それでは、さっそく出来立てのペストを使ってパスタを頂きましょう。本日はアルチェネロの全粒粉スパゲッティを使います。
jenove10.jpg
 
よくジェノバでは、これにインゲンとジャガイモなどを具として入れますが、ボリュームが出過ぎますのでインゲンだけにします。



 
 まずは、パスタを茹で始めましょう。
jenove11.jpg

 インゲンは茹で上がりの3分前に加えます。




 茹でている間にペストを仕上げます。ペストと同量の粉末パルメザンを加えます。
jenove11-1.jpg jenove12.jpg

 それに熱湯を入れて、よく攪拌しておきます。茹で上がったパスタも水分を吸収しますので、シャバシャバなくらいで構いません。




 茹で上がったパスタとインゲンをペストに絡め、最後に塩で味の調整をします。
jenove13.jpg

 パスタに水分を吸われ、パサつくようであれば、さらに茹で湯を加えて調整します。刻一刻と伸びていきますので、この辺は迅速に。



 こんな感じで仕上がりました。キッチンがバジリコの香りで包まれます。
jenove14.jpg

 伸びないうちに食卓へ運びましょう。パスタは席に着かせてから作りましょう。^^



 これは後日に作りましたササミのジェノバ風オーブン焼きです。
jenove15.jpg

 鶏のササミに塩胡椒でごく薄く調味してからフライパンで表面に焦げ目を付け、ペストを塗って、200℃のオーブンで10分ほど炙ります。付け合わせは好みの生野菜とシメジのソテーです。田楽みたいに見えますが、一口食べればジェノバの風が吹き抜けます。




 フレッシュバジルは畑から姿を消しましたが、年内はこのペストをちびりちびりと使って楽しめそうです。それがなくなれば、後はまた夏にバジルが生い茂るのを楽しみに待って暮らします。旬の味を楽しみに待って頂く喜びを日本人は忘れつつあるようで不安です。冷凍品や加工品は便利ですが、旬の味とはほど遠いものです。もちろん、乾物や塩蔵品の生鮮物と違った美味しさはありますが、待ち遠しく待ち焦がれて頂く旬味には敵いません。我慢の心も味付けの一つです。





← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/11/13(土) 05:00 | trackback(0) | comment(6)