FC2ブログ

気仙沼銘菓 Gotto

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

gotto0.jpg
 スイーツ
はあまり得意じゃないのですが、以前にも気仙沼に勤務していた時、Gottoという洋菓子を買って帰り、人様に差し上げたところ、大変好評だったことを思い出しました。Gottoとは、スポンジとサブレとパイをミルフィーユ状にチョコレートで固めたお菓子なのですが、地層のような断面と異なる3つの食感が楽しめるので、ちょっと贅沢な逸品なのです。この度、気仙沼に転勤してから、さっそく、神山にあった思い出のお店に行ってみましたが、建物はあったものの、やはり、津波で浸水したようで閉まっておりました。




 あれから15年、Gottoを製造販売するKeiki(パルポー)さんは市内にいくつかの支店を出すまでに発展していました。
gotto0-1.jpg 
gotto0-2.jpg

 東新城
で見つけたKeiki Sinjo店です。昔懐かしいGottoが大きな看板になってます。やはり、その後も根強い人気を保っていたのでした。




 あの当時は、Gottoも2種類くらいしかなかったように記憶していますが、現在は写真の抹茶紅茶イチゴの他にチョコレートコーヒーの5種類になっておりました。
gotto3.jpg

 Gottoファミリー
も着々と増えていました。イチゴは季節限定で、9月1日~2月20日だそうです。



 

 これはお土産用の詰め合わせと初のイチゴ、それにお得な端切れの袋詰めです。
gotto1.jpg

 家庭で食べるのなら、端切れの袋詰めが断然お得です。煎餅のような壊れではなく、重ねた生地を切っていく時の端っこの部分ですね。確か一袋450円位だったと思います。ちなみにGottoは一枚147円です。




 左がGotto端っこですが、不揃いながら味は堂々、Gottoそのもの。
gotto2.jpg

 イチゴ
も彩りが見事です。Gottoファミリーの中では一番、香り豊かですね。




 こういう風に好きなGottoの袋詰めも作ってくれます。
gotto5.jpg

 中に小さな栞も入れてくれました。パーティーなどのちょっとしたお土産に如何でしょう。




 こちらは細君のバースデイに買ってみたポポロンというお菓子。
gotto6.jpg
 
飾り付けが可愛らしくて買ってみましたが、まだ、食べたことがありません。^^ マコロンの親戚かな。



 
 これが意外や意外。まったく甘くないのです。最近、甘いものを少し控えている細君にも好評でした。gotto7.jpg
 左がピンクソルトで、右がマロンペーストです。どちらもモソッとした感じですが、マロンの方が少ししっとりしています。




 こちらは以前、時々、利用させて頂いていたKeiki 神山店。津波による浸水で閉まったままでした(左)が、10月に入り、復活を果たしていました(右)。
gotto8.jpggotto9.jpg

 震災から7カ月かけてやっと開店に漕ぎ着けた神山店。こちらのお店がGottoとの出会いの場所だっただけに開店は感動物でした。


 

 

 三陸の銘菓というと、かもめの卵が有名ですが、あれは岩手県大船渡市のさいとう製菓の製品です。宮城県気仙沼市の銘菓は数々ありますが、このGottoは老若男女を問わず気に入って頂ける洋菓子だと思っています。断面が綺麗なので特殊なカッターで製造するのかと思いましたら、一枚一枚、パティシエが専用ナイフでカットしているのでした(下記のHP参照)。まさに手作りのお菓子なのです。




 株式会社パルポー http://www.palpaw.co.jp/gotto/index.html


Keiki 神山店
・所在地  :宮城県気仙沼市神山6-1
・電  話 :0226-23-0066
・営業時間 :9:00~20:00
・定休日 :不定休
・駐車場 :なし


Keiki Sinjo店
・所在地  :宮城県気仙沼市東新城 3-1-6
・電 話  :0226-24-1734
・営業時間 :月~土 9:00~19:30(日 ~19:00)
・定休日  :無休
・駐車場  :あり


2011/10/15(土) 05:00 | trackback(0) | comment(12)

庭の花と弁当

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

tubaki1.jpg
 ソメイヨシノ
はもうとっくに散ってしまいましたが、少し遅れて椿の花盛りを迎えます。椿の花の見頃も意外と短いもので、先に咲いたものから茶色く枯れて枝に残ったりして見栄えが悪くなります。この写真は我が家で一番大きく育っている紅色桃色二色咲きの椿です。一本の木に二色の花が咲き、両色の斑入りや絞りも合わせて咲き乱れるゴージャスな品種です。日頃、悲惨な被災現場ばかり目にしていますので、少しからエネルギーをもらいたいと思います。




 上は岩根絞り、下は白椿です。白椿の品種はたぶん大城冠だと思います。
tubaki2.jpg 
tubaki5.jpg

 岩根絞り
は鮮やかな紅色と白のコントラストが魅力です。成長が遅く、20年経っても腰くらいの高さのままです。白椿は清楚で気品がありますが、すぐに花が茶色く枯れてみすぼらしくなります。小まめに枯れた花を取っていけば良いのでしょうけど、大変な手間なのです。




 八重と一重の紅色の椿。八重はバラの花のような西洋椿の一品種、たぶんバレンタインデー(上)、一重の猪口咲きは侘助(下)です。
tubaki6.jpg 
tubaki7.jpg

 侘助
は同じく一重のヤブツバキに近いのでしょうか。中国から伝わった別種との交配種とも言われていますが。小輪ですが、簡素さが茶人好みと言われる所以なのでしょう。




 がらりと変わって、こちらは小さな八重の花をいっぱい咲かせた庭桜(ニワザクラ)です。
tubaki8-1.jpg

 低木で1mにもなりません。毎年、椿と同じころに可愛らしい花をたくさん咲かせます。桃色の着物を着た元気いっぱいの童女のよう。





 さらに話ががらっと変わって恐縮ですが、最近、はまっているかにかまレタスマフィンです。^^
tubaki9.jpg

 もっちりマフィンをさっとトーストし、日本の生んだイミテーションフードの草分けかにかまレタスマヨネーズを乗せて挟んだものです。ベーコンやチーズよりしっとりしていて、淡白で飽きが来ないのです。でも、これを本物の蟹肉で作ったらどんなに美味いのでしょう。作り立てより、ラップやホイルに包んで、1時間くらい置いた方が全体が馴染んでより美味しくなります。




 最近、弁当にもこれを持って行っています。これ一つじゃ足りないので、小さなカップ麺かカップスープを付けています。
tubaki10.jpg

 震災からひと月余りはガソリンも手に入らず、車以外に交通手段がなかったので、家の近くの関連事務所に勤務させられていました。従って、食事を作る時間も結構あって、朝にご飯を炊いて弁当を作っていましたが、今は救援や自衛隊の車で大渋滞の道路を2時間弱かけて通勤しており、弁当や食事が手抜き気味です。あまり添加物の多い食品を摂り続けるのは不安があるのですが、この生活に慣れたら、徐々に改善したいと思います。





 宮城の復旧は始まったばかりですが、通勤経路の空き地には仮設住宅がどんどん増えていきます。道路も応急工事で凸凹ですが、主要な道路は完全に走れるようになりました。ところで、この道路のヒビや亀裂ですが、多い道と少ない道がはっきりしています。カーナビを見ながらふと思ったのですが、東西に走る道路は横切る亀裂が多いですね。今回の地震で東日本が乗っている北米プレートが東へ延びたとされています。太平洋プレートに押さえ付けられて縮まっていたのが一気に解放されたのですから、南北方向に無数の亀裂が入ったのでしょう。地球規模の地殻変動を繰り返す地面の上に人間の社会が張り付いているのですから、壊れるのも当たり前なのですね。

2011/05/12(木) 05:05 | trackback(0) | comment(6)

【福島県南相馬市】凍み天とはなんぞや

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

simiten1.jpg
 浪江からの帰り道、懐かしい電波塔を見つけて入った道の駅南相馬でしたが、タイムリーに袋入りのなみえ焼きそばとっても太っちょを発見。こちらの話題が先行しました。本当は家へのお土産にお菓子でもと物色を始めたのでした。物産販売所の入り口で、こんな不思議な餅入りのサーターアンダーギーのようなお菓子と遭遇しました。このお菓子の名前は凍み天と言いまして、蓬(よもぎ)入りの凍み餅が入ったドーナッツと言ったところ。近くに直販店があるとのことで、ちょっと寄っていくことにしました。
 




 お店の名前はもち処木の幡さんです。
simiten3.jpg 
simiten2.jpg

 元コンビニ風の建物で駐車場も広く入りやすい店舗です。
 



 元々、お餅屋さんだったそうで餅関連のお菓子屋さんに発展しました。
simiten4.jpg

 保存料、防腐剤、その他添加物は一切使用していないとのことで、発送は冷凍になります。



 
 ありました。道の駅で発見した凍み天です。ちょっととぼけた形が親しみを感じます。
simiten5.jpg

 1個120円。大きさも小さなミカン位ありますので値頃感はあります。
 




 カリッとした表面とふわっとした中のホットケーキ。そして芯にモチーッと蓬餅が伸びます。
simiten6.jpg

 この組み合わせは面白い。洋風のドーナッツと凍み餅の取り合わせは斬新です。凍み餅だからこそ、このねっとりとした粘りが出るのでしょう。それにあまり甘くないのが良いですね。ただ、ちょっと油がくどいかな。空腹じゃないと1個食べられない人もいるでしょうね。時間が経つと周りのカリッとした食感はなくなり、硬くなります。レンジで少し温めると戻りますが、油も滲み出してきます。
 




 こちらはごま天です。串に3個刺さって、120円。
simiten7.jpg

 一口サイズの団子風なんで食べやすそう。
 




 白胡麻の方にはきんぴらが、黒胡麻の方には薩摩芋の餡が入っています。
simiten8.jpg

 餅屋さんだけに回りのお餅も美味しいのが嬉しいですね。


 
 上記のように凍み天は一人で食べるにはちょっと大きく油も強いようです。そこで、善くしたもので小型サイズのちび天なる商品もありましたよ。^^ これらの他にも、ずんだ餅餡餅が美味しそうだったのですが、宮城も餅処ですから、お土産にはそぐわないでしょう。それでも、同じ材料をロールケーキ風に仕上げたもちロールなんかは宮城では見られないのでお土産になりそうでした。


 

もち処木の幡


・所在地:福島県南相馬市原町区三島町1-1
・電 話:0244-22-7880 
・営業時間:7:00~19:00 
・定休日:無休   
・駐車場:17台



 ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
2010/12/27(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

津軽海峡船の旅 その4

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

tugaru4-1.jpg
  滞在時間わずか18時間の北海道旅行もあっけなく終わり、これから、津軽海峡フェリーで渡って宮城に向かいます。帰りも津軽海峡フェリーさんのびなすに乗ることになりました。一日に函館-青森間を何往復もしているのです。函館は青函トンネルが出来る1988年以前は北海道の玄関だったのです。もし、高速船ナッチャンが順調に運行を続けていたなら函館も今とは少し違っていたかも知れません。さて、搭乗開始まであと30分を切りました。それまでの間ターミナル内にありますお土産ショップを探索しましょう。

 


 

 

 

 

 

 津軽海峡フェリーさんの函館ターミナルは新しくてとても綺麗。高速船ナッチャンで乗客をJRから取り戻そうと社運をかけて大改革をしたのでしょう。
tugaru4-2.jpg tugaru1-5.jpg
 
長引く不況と昨年の原油高、悪いことが重なりました。みちのくの北の外れの海峡にエレガントな2隻の高速船が行き違う光景は是非とも残ってもらいたかったです。高速船ナッチャンの経緯はこのシリーズのその1にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 チッケトカウンターの正面にはお土産販売のギフトショップReraがあります。
tugaru4-3.jpg tugaru4-4.jpg
 
Reraは高速船の片方、函館に係留されているナッチャンReraに因んでいますね。北海道内の銘菓やご当地の人気菓子などが一堂に会しています。

 

 

 


 

 

 

 

 北海道土産と言えば、一番人気はこれじゃないでしょうか。誰もが知っている銘菓白い恋人です。
tugaru4-5.jpg
 
一昨年(2007年)、白い恋人のメーカーである石屋製菓は消費期限の改ざんと衛生管理の面で会社の信頼がぐらつきましたが、社長の辞任やコンプライアンス確立委員会の発足などで再建を図り、見事に復活しました。同じ北海道でも雪印やミートホープは発覚した後の対応がずさんで、危機管理体制の不備が露呈しましたね。事件が起きた時に、事実を公表して真っ先に謝罪し、その中から最善の方法で建て直すのが危機管理の鉄則です。いまだにこの逆をやろうとしている企業や組織が多いのに呆れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまりにもありふれているとは思いつつも一応無難な線で買っておきました。受け取る相手が知らない物は価値が伝わらないことがありますからね。
tugaru4-6.jpg
 
やはり、うちの家族が一番喜んだのはこれでした。知っている遠くの物がやって来ると安心して喜べるのですね。^^ もちろん、白い恋人は美味しいし、今後も北海道お土産No.1であり続けるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 私はこっちもお薦めです。コーンの香りが甘さとベストマッチした優良事例ですね。。。まぁ、なんと硬い表現なんでしょう。^^
tugaru4-7.jpg tugaru4-8.jpg
 
スノーベルさんのとうきびチョコ、1985年にデビューした元祖とうきびチョコレートです。コーンパフをトウモロコシ味のホワイトチョコレートで固めたスティック状の菓子です。今では類似品が山ほど出ていますが、スノーベルさんが開発した商品なのです。いつもは左の箱入りなのですが、右のような袋入りもあったのですね。あら、よく見ると焼きとうきびチョコですって。しかも北海道限定なんだ。はい、こっち買いましょう。^^

 

 

 

 

 

 

 

 これは安くて(10本入り315円)正解でした。気取らない付き合いの人にあげるのにちょうど良いですね。
tugaru4-9.jpg
 
焼きとうきびチョコがいつものとうきびチョコとどこが違うのかはわかりませんでしたが、美味しかったです。ただ、北海道産乾燥とうもろこし5%使用って、そんなに凄いことなのでしょうか。^^

 

 

 

 


 

 

 

 こんなのご存じですか? 函館名物、嘉義製菓さんのあめせんべい
tugaru4-10.jpg
いわゆる南部煎餅で水飴を挟んだお菓子です。このサンドイッチが2枚入って126円。なんとも、このチープな感じがいいですね。決して、子供の頃に食べたことがあるわけではないのに、不思議と懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 ただね、正直これは食べにくかったです。
tugaru4-11.jpg
 
おそらく暖かい季節なら飴がとろけてジャムのような感じなんでしょうけど、この季節は飴だけが異様に硬くて口に残ります。

 

 

 

 


 

 

 

 

 さて、北海道土産でこれを知っている人はなかなかです。カルビーさんの千歳工場だけで作っているじゃがポックルです。
tugaru4-13.jpg tugaru4-12.jpg
 
人気絶頂で一人一個という数量制限があります。ポテトを揚げた製品なのですが、妙に美味いのです。

 

 

 


 

 

 

 

 極太のウドンくらいに切られた拍子木状のポテトがサックリカリッな状態で仕上がっています。
tugaru4-15.jpg
 
決してスカスカではなく、意外なくらいに緻密です。それでいて硬すぎない絶妙な歯触りです。今までない食感に誰もが虜になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

  不自然ではないのですが、ポテト以上の旨味を感じると思いましたら、昆布エキスのパウダーやアミノ酸等も使われていました。
tugaru4-16.jpg
 
ただ、それらの調味料も巷のスナック菓子とは違ってとても上品なのです。これを作るのには、ポテトチップの3倍以上の時間がかかるそうで、生産が追いついていけない状態とか。ネット上でも売れ切れ続出です。通販で買えたとしても、商品価格と同じくらいの送料がかかってしまいます。北海道に出張に行く人に頼むのが一番でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 短かった北海道を後にして、函館山に見送られながらの帰還です。これから4時間かけて津軽海峡を渡ります。
tugaru4-17.jpg
 
青森に着いたら、また、ロングドライブです。しっかり、休息を取っておきましょう。

 

 

 


 

 今回の北海道とんぼ返りミッションはこれでお終いですが、津軽海峡に華やかな姿を浮かべるはずだった高速船ナッチャンWorldRera の姉妹船の現実を目の当たりに見て、長引く不況と先を読んだ経営の難しさを実感させられました。それでも、津軽海峡に自動車用のトンネルが出来るまでは、フェリーボートは必要です。フェリーにはシャワールームもあって、プロのドライバーさん達は疲れを癒しておりました。そんな意味でも、この4時間の船旅はあっても良いのかなと思ってしまいます。

 ところで、北海道では何してたのと、突っ込まれそうですが、それは企業秘密。^^ でも、泊まっていた宿と食べた食事だけは次ぎの記事でご紹介いたしますね。

 

  

 

 

 

函館ターミナルGIFT SHOP Rera(ギフトショップ レラ)

  • 所在地  :北海道函館市港町3-19-2
  • 電話        :0138-41-1227
  • 営業時間 :8:00~19:00 (季節により若干変動)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :1時間まで無料

     

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2009/12/29(火) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

(12)新潟土産と言えば・・・

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

miyage1.jpg
 新潟土産
は数々あれど、もっとも有名でランキングでも常に1,2位を競うのが笹団子ですね。漉し餡をよもぎ入りの餅で包み、笹の葉を巻いて蒸し上げた銘菓です。なんでも、上杉謙信が兵糧として考案したと伝えられています。包装してからの加熱と笹の葉による防腐効果を既に知っていたのですね。やはり、良く売れているようで、行く先々の土産物屋さんでも必ずと言っていいほど見かけます。


 




  こちらは笹団子の老舗、田中屋本店さんです。
miyage2.jpg
 
ここは新潟ふるさと村にあるお店なのですが、それでも本店なのです。^^ 正確には、田中屋本店さんのふるさと村店なのでしょうね。ここで、笹団子を買おうとしましたら、新潟ご出身のおおさんがお奨めの店に案内するというので見合わせました。


 



 その代わりと言うわけではありませんが、今話題のきんぴら団子をお土産に買いました。 
miyage3.jpg miyage4.jpg
 
へぎそばの記事でも書きましたが、新潟県民はきんぴらゴボウが大好きなようです。信州のおやきがモチーフでしょうか、団子ときんぴらはきっと合うでしょう。帰って食べるのが楽しみです。


 




 帰宅と同時に細君と試食です。
 miyage5.jpg
 きんぴらが柔らかく仕上げてあり、生地との馴染みが良いのです。甘めの味付けも餅には合いますね。生地はいわゆる米粉で作った餅なのでシコシコした食感です。

 




 こちらがおおさんご推奨の笹川餅屋さん。笹団子を買い求めます。
miyage7.jpg miyage6.jpg
 
レトロながら個性的な店構えに惹かれます。赤いサークルは駐車禁止ではなく、斜めの棒は杵のようです。古町通りの西側、西堀通りに面した交差点にあります。


 



 これが笹団子。一つ一つ丹念に笹の葉で包んであります。
 miyage8.jpg
 この形もお土産には喜ばれそうですね。


 



 よもぎ餅はかなり薄く漉し餡が主役ですね。
 miyage9.jpg
 甘味も現代流に抑え気味で上品です。とろりとした漉し餡が溢れるように出てくる感触も楽しいですね。

 



 また、ふるさと村へ戻ります。米所新潟と言えば、米菓を外せません。要するに煎餅ですね。特に柿の種は新潟県が生んだ名作ですね。
miyage10.jpg miyage11.jpg
 
柿の種と言えば、ピーナッツと組み合わせた柿ピーが主流ですが、柿の種の本場では、様々な変化形がありました。


 



 いわゆるコーティング物ですが、選んだのはチーズビターチョコ
 miyage12.jpg
 
この他にも、ミルクコーヒーやマヨネーズもありました。

 
 



 際物かと思いましたが、これはなかなかの美味しさです。
miyage13.jpg
 
特にチョコとの組合せは、醤油の塩味と甘味のハーモニーが溜まりませんね。みたらし餡の旨さに苦み走ったチョコの風味が何とも妙味です。


 



 こちらは柿の種の変わり種、うきっこ柿の種黒胡椒風味です。
miyage14.jpg 
miyage15.jpg

 原材料に米の他、でん粉と記載されていましたので、小麦でん粉の浮き粉を使ったのではないでしょうか。それで、うきっこ。米だけで作った柿の種より、さっくりしたライトな口当たりです。胡椒の香りとピリッとした刺激がビールによく合いそうです。


 



 さて、こちらも今、人気が出てきているりゅうと
miyage16.jpg miyage17.jpg
 
りゅうととは新潟の雅号、柳都から来ています。かつての新潟は水路が巡り、堀端には柳が植えられた風情ある街並みだったそうです。


 




 りゅうとはいわゆる濡れ煎餅です。正確に言いますと餅米で作られていますのでおかきの部類ですね。ワインりゅうとは色も鮮やかです。
miyage18-1.jpgmiyage19-1.jpg

 砂糖醤油やワインを含ませた餅を表面だけ乾燥させた後、焼いたのでしょう。ねっとりもっちりした中身と硬い殻のような表面のアンバランスが面白いです。両方とも甘味がかなりきつく私にはちょっと・・・。


 




 こちらはふるまちの有名なパン屋、富士屋さんです。こちらのクリームパンがおおさんのお奨めです。
miyage20.jpg miyage20-1.jpg
 
大きなクリームパンには、当店の人気No.1の札が掲げてあります。


 



 クリームパンチョコパンをお土産に購入。さっそく帰宅後、速攻で試食。
miyage21.jpgmiyage22.jpg
 どちらもクリームの含量が通常よりはるかに多いですね。パンを食べているより、クリームを食べている感触。甘い物好きには堪えられないでしょうね。


 
 



 さて、お菓子ではありませんが、新潟独特の調味料と言えば、かんずりでしょう。
miyage23.jpg miyage24.jpg
 
豆板醤とは違って、雪に晒した唐辛子と麹を擂り合わせて作ります。寒い季節にこれを味噌汁に溶かし込むと体が温まります。夏だったら冷たい麺の刺激にちょこっと使うのもいいですね。醤油に混ぜて刺身も山葵と違った美味しさが楽しめます。

 


 こちらは、地酒の都屋さんで買った八海山純米吟醸の瓢箪ボトルです。
miyage25.jpg miyage26.jpg
 
都屋さんオリジナルの利き酒用猪口が欲しかったのも買った動機です。飲み終わった後はフィルムを剥がして花瓶として使えます。


  



 八海山で晩酌です。は宮城県産ですが、新潟の思い出に浸りながら頂きます。
miyage27.jpg
 
先付け3品は奥から、活ホタテの炙り、もぎ立てキュウリのかんずりマヨネーズ、蒸しホヤです。かんずりマヨネーズは色も綺麗でピリ辛で色々な生野菜と合いそうです。

 

 


 

 新潟宮城と同じように豊富な食べ物に恵まれ、まさにキャッチフレーズどおり、うまさぎっしり新潟でした。素朴な調理・加工法ながら洋の東西を問わない食べ物が古くから定着しているのも大変興味深かったです。お土産も車なら、1升瓶の地酒や米、宮城で食べられない魚貝類をたくさん買っていたのでしょうけど電車やバスだとやはり制約がありますね。今回はお奨めの菓子類を中心にご紹介しました。新潟は全国一の米菓の生産地ですが、それでも、お土産の人気No.1は常に笹団子です。米菓はあまりに種類がありすぎて取り止めがないのかも知れませんし、あまりに日常的過ぎるのでしょう。気の置けない友人だったら、柿の種の変化球を2、3種見繕って渡すのも話題になって良いでしょう。今回の旅ではサイダーとしてしか味わいませんでしたが、新潟名産の洋梨ル レクチエのお菓子も様々ありました。


 


 全12編でお送りして参りました新潟食べある記2010、ずいぶん時間がかかってしまいましたが、何とかアップし終えました。新潟の食材や郷土料理をたった2日で食べ尽くすなんぞ到底無理。まだまだ食べてみたい料理や飲んでみたい地酒もあります。仙台-新潟は盛岡と同じ距離ですが、直線的には行けないので、遠く感じます。ですが、新幹線なら片道3時間ちょい、高速バスでも4時間で行けますので、また、機会を見て行ってみましょう。今回、現地ガイドの大役を果たされましたおおさんありがとうございました。また、参加された風写さん、ユケチュウさん、タイガーさん、ツネチャン、どうもお疲れ様でした。








 
← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2009/06/12(金) 05:05 | trackback(0) | comment(16)