FC2ブログ

アゴだしで煮物と冷やし肉そば

カテゴリー: 料理:水産加工品

agodasi1.jpg
 先日、 anegoさんから大変ありがたい物を頂戴いたしました。みちのくの太平洋側では珍しいアゴの焼き干し庄内名産の孟宗の缶詰です。嬉しいですねぇ。こういう、その土地ならでは食材をその土地ご出身の方に頂くとなぜか旅の情緒も一緒に頂いたような気になります。









 
 アゴとはトビウオのことで、北九州や中国地方を中心にした日本海側でよく素干しや焼き干しが作られています。でも、これは山形の飛島のじゃないかな。
agodasi2.jpg

 カタクチイワシの煮干しと違って、苦味や魚臭さが強くなく、上品な味わいとなります。雑煮や汁物だけではなく、麺類とよく合うのでラーメンスープにも使われますね。


 






 
 庄内と言えば、妄想竹の筍。郷土料理、妄想汁は庄内ならではの筍の食べ方です。
agodasi3.jpg

 庄内では筍の缶詰造りも盛んで、家庭で作った筍の水煮を缶詰してくれるサービスもあるそうです。

 




 

 さて、この二つの食材。私に与えられた課題ですね。これらを使って、山形らしい料理に挑戦してみましょう。その前にまず、アゴでだしを取ります。


 









 頂いたのは焼き干しのアゴですが、使う前に軽く炙って香ばしさを引き立てます。
agodasi4.jpg agodasi5.jpg
 これをダシ袋に入れて擂り粉木などで軽く叩きます。こうしますとダシを無駄なく引き出すことが出来ます。このアゴは一つが大体30gでしたので、1リットルのダシが取れますが、本日は濃い目に1.5リットルで2尾(60g)使います。


 




 

 
 炙って砕いた焼き干しアゴは必ず水から煮出していきます。
agodasi6.jpg agodasi7.jpg
 
沸騰の手前位を維持して、アクを取りながら煮出していきますと、このような黄金色のダシが取れます。実に香ばしい。そのままぐいぐい飲めます。


 






 
 このアゴだしを使ってをじっくり煮含めます。
agodasi8.jpg
 
醤油、味醂、日本酒をだしに加え、コトコトと炊いていきます。あまり色が濃くならないように醤油は少し薄めの方がよいでしょう。


 



 



 アゴだしで炊いた庄内産孟宗筍の煮物です。
agodasi8-1.jpg
 
畑のナスやオクラ、厚揚げもアゴだしでそれぞれ別々に炊きました。初夏の生鮮の筍ではありませんから、筍特有の香りは薄れていますが、部分部分で異なる食感は十分楽しめます。アゴだしの上品な味が筍の芯まで染みています。


 



 


 さて、次は何を作るのでしょうか。唐突に鶏手羽を煮始めます。
agodasi9.jpg

 これは少量の鶏がらスープを作る時によくやる手法です。手羽は手羽先と手羽中に切り分けておきます。手羽先は出刃包丁の峯で叩き、骨を砕いておきます。手羽5本で汁麺2杯分のスープが取れます。香り付けに長葱と生姜だけを加えています。


 






 これでアゴだしのスープが揃いました。
agodasi10.jpg
 
手羽中は身が崩れる前に取り出し、残った手羽先だけでさらに煮出してダシを抽出します。手羽中はもちろん料理して頂きます。


 

 





 ここで、アゴだしカップ2杯に濃い目の醤油味醂を加えた調味液で鶏もも肉1枚、先ほどの手羽中、それにの薄切りを炊いていきます。
agodasi11.jpgagodasi12.jpg 
 
は味が染みやすいので頃合いを見て取り出します。は少し締まるくらいまで煮含めます。そして、この煮汁が大切な役目を果たします。


 





 先ほどのアゴだし鶏手羽スープを合わせて、上の煮汁で調味します。醤油や塩で味を調整したら冷水でがっつり冷やしておきます。
agodasi13.jpg

 そうです。ラーメンで言うWスープですね。でも、今日はラーメンではありません。もう、お分かりですね。山形の夏の涼味と言えば・・・・。


  
 




 
 

 はい、ここでそばを打ちます。大きなそば打ち台がないので、いくつかに分割して伸ばします。
agodasi14.jpg
 
慣れない場合は、このように小さく四角に伸ばした方がこの後が楽ですね。

 

 



 

 当て木を使わず、生地をカッターで切るように裁っていくのが裁ちそばの技法です。
agodasi15.jpg
 
これは時間がかかりますが、初めてでも失敗が少ないですね。


 




 

 少し慣れてくれば、畳み込んで切り込んでいきます。
agodasi16.jpg
 
このくらいの田舎そばの太さなら当て木なしでも簡単に打てます。それにしても、細打ちの見事なそばを打てる職人さんは本当に尊敬いたします。このような太打ちしか出来ないくせに、美味い不味いを語っているのが恥ずかしくなります。


 
 






 挽き立てではありませんが、打ち立て茹で立てそばで作りました山形名物冷やし肉そばです。山形で肉そばと言えば、のことですね。
agodasi17.jpg

 煮染めたもも肉の薄切りと手羽中、筍も合わせて盛り込んだ贅沢な肉そばです。

 






 これはご馳走なので夕餉にしました。具の鶏肉をつまみながら冷酒を1杯、2杯、・・・・。^^
agodasi18.jpg

 アゴだしを異なる料理に使って味わいます。も薄味の煮物とメンマのように煮付けた二通りの味わいを楽しみます。


 






 がっつり冷水で〆た太い田舎そばなのでそう簡単には伸びません。
agodasi19.jpg
 
そば粉が二番粉くらいの白さだったので色白の田舎そばになりました。正確には太打ちの藪かなぁ。アゴだしと鶏のWスープも深い味わいながらすっきりと仕上がりました。暑い日には嬉しいご馳走です。


 






 

 おまけですが、アゴのだし殻で作った酢の物です。
agodasi20.jpg

 アゴのだし殻を齧ってみると結構美味い。ただ、まだまだ硬いので、さらに茹でてから骨を取り除き、甘酢に半日漬けておきました。これとキュウリの塩揉みを三杯酢で合わせたものです。子供の頃、関西で炙ったハモ皮の酢の物をよく食べさせられました。アゴには脂気こそありませんがこのような雰囲気でしたね。








 

 

 もう一つおまけ。最近、そば屋さんで流行りの揚げそばがきです。
agodasi21.jpg

 そば粉とアゴだしが余ったので、翌日、作ってみました。そば粉を弱火で練って、頃合いを見て濡らしたスプーンで形成し、揚げ油に落とします。濃いめの味を付けたアゴだしを張りました。


 






 anegoさんから頂いたアゴの焼き干し筍の缶詰でたっぷり楽しむことが出来ました。みちのく太平洋側だと鰹節とカタクチの煮干しが主流で、アゴが登場することはほとんどありません。でも、山を越えると、西日本から北前船を通じて運ばれてきた食習慣が見られます。宮城も古くから都との繋がりがありましたが、大量の物資が北上したのはやはり日本海側ですね。港町酒田や隣接する鶴岡には近畿北九州に共通する食べ物もあります。少しこの視点で庄内の食べ物を探求してみたくなってきました。
 
 
 







にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/09/10(金) 05:00 | trackback(0) | comment(12)

今年もニシンの山椒漬け

カテゴリー: 料理:水産加工品

nisin10-.jpg
 また、今年も木の芽の季節が参りました。木の芽、すなわち山椒の若葉は実に清々しい香りです。庭の片隅に植えた朝倉山椒、実家で鉢植えにされていたものですが、人の丈ほどになりました。我が家では毎年、この木の芽をたっぷり使って会津の郷土料理、身欠きニシン山椒漬けを仕込みます。この美味究真を始めてから、これで3回目の山椒漬けづくりとなりました。

 





 待ちに待っていた木の芽が一斉に吹き出しました。
nisin10-5.jpg nisin10-4.jpg
 肥料をやるわけでもないのに、毎年、立派に葉や実を付けてくれます。


 
 



 枝先のまだ柔らかい葉を摘み取っていきますと辺り一面に柑橘系の香りが立ち込めます。
nisin10-6.jpg

 この若葉の香りは個性的なためか、田楽や和え物に使う木の芽味噌、調味液に刻み込む木の芽焼き以外にこれを積極的に使った料理はあまり知りません。

 




 さて、漬け込む身欠きニシンですが、ソフトタイプではなくがっちり乾されたハードタイプを求めます。
nisin10-7.jpg

 ソフトタイプは食べやすいのですが、噛むほどに味わいが出てくるのは断然ハードタイプです。

 





 米の研ぎ汁に一晩漬けて、柔らかくなったら付着している鱗や汚れをきれいに掃除します。
nisin10-8.jpg nisin10-9.jpg
 
鰓蓋や尾の付け根の硬い部分などを切り取り、長さを揃えます。米の研ぎ汁を使うのは、酸化した脂を取り除くとされているからですが、現在の冷凍保存された身欠きニシンは以前ほど脂が酸化することはないでしょう。


 





 身欠きニシンがちょうど入る容器に山椒、ニシン、山椒と積み込んでいきます。
nisin10-10.jpg nisin10-11.jpg
 
鷹の爪を適宜に散らし、酢と醤油を同量で合わせた漬け汁を注ぎます。甘味が欲しい場合は味醂を適当に加えます。


    





 ラップを被せ、その上にポリのトレーを乗せ、さらに重しをします。
nisin10-12.jpg

 重しはよく洗った石でも構いません。最低4~5日は漬けましょう。味見をして味が薄いようなら調味液を足し込みます。その際、身欠きニシンの順序を変えて、均等に漬かるようにします。







 さて、1週間経った身欠きニシン山椒漬けです。今年は美味く漬かりましたでしょうか。。。
nisin10-13.jpg

 この瞬間が緊張します。ニシンの干し具合や品質で微妙に仕上がりが異なるからです。






 
 今年も美味しく漬かりました。山椒の香りがなんとも言えません。
nisin10-14.jpg

 噛み締めるとじゅわっとニシンの脂と酸味が溢れます。この取り合わせがなんとも絶妙なんです。








 これはご飯のおかずにも良いのですが、やはり日本酒の肴でしょうね。飲兵衛の意見ですけど。^^
nisin10-15.jpg

 会津では専用の陶器の漬け鉢に大量に漬けて、農作業のたばこ(休息)にお茶請けとして摘んだそうです。鄙びた風味ながら豊かな味わいを感じます。


 





 少し前ですが、山椒漬けを仕込んだ頃に頂いた山菜です。
nisin10-20.jpg nisin10-22.jpg
 
コシアブラとコゴミですね。そいえば、山菜を採りに行くことがなくなりました。これも加齢現象なんだろうか。。。


 


 

 コシアブラは天ぷらにコゴミは胡麻和えで頂きました。
nisin10-21.jpg 
nisin10-23.jpg

 コシアブラはタラノキと同じウコギ科特有の香りがいいですね。さっぱりしたコゴミには胡麻でコクを補うのが美味しく食べる知恵ですね。

 


 



 今年もまた、身欠きニシン山椒漬けを味わうことが出来ました。。。と書きますと、余命幾ばくもな感じですが、一年待ちに待っての食べ物を心から味わうのが大好きなんです。保存食も作っておりますが、あまりの季節外れに味わうのは無粋ですね。山椒漬けも半月ぐらいのうちに食べてしまわないと味が劣化していきます。それに冷凍してまで食べる物ではないでしょう。また、次の木の芽のシーズンまで、心待ちにして食べるから感動も大きいのです。
 




 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

2010/05/21(金) 05:00 | trackback(0) | comment(4)