FC2ブログ

メカジキのはりはり汁

カテゴリー: 料理:買い魚

harihari1.jpg  今月(2月)のみやぎ水産の日でのお薦めはメカジキです。毎月、水産の日(第3水曜日)の1週間前にOH!バンデス(ミヤギテレビ;16:30頃)においてPRをさせて頂いております。今回はメカジキの汁物をご紹介致しましたが、説明が早口すぎてよく分からなかったとの声がありました。確かに、1分という短時間に情報を盛り込み過ぎたかも知れません。反省しております。折角の美味しい料理なので、こちらで詳しく作り方を解説致します。その前に。。。

 はりはり汁とは、大坂を中心とした関西で親しまれている鯨と水菜の鍋、はりはり鍋からヒントを得て作ってみました。はりはりとはさっと加熱した水菜の食感から来ているそうです。鯨をメカジキに替えていますが、水菜は使いますのではりはりを使わせて頂きました。


 まずメカジキですが、刺身用でもムニエル用の切り身でも構いませんが、写真のような端切れが手に入るとお得です。^^
harihari2.jpg
harihari3.jpg
 厚さ1cm弱の一口サイズに切っていきます。形は多少不揃いでも大丈夫です。



 続いてこれを味醂醤油に30分ほど漬け込みます。
harihari4.jpg
 味醂:醤油は1:3くらいです。


 漬け込んでいる間に昆布だしを引き、水菜を刻んでおきます。
harihari5.jpg
harihari6.jpg
 昆布だしは醤油、塩、日本酒で調味しておきます。


 メカジキの漬けが出来上がりましたら、さっと水気を切って、片栗粉を塗します。
harihari7.jpg
 袋の中に片栗粉を入れ、続いて、漬けを入れてよく振りますと綺麗に塗せます。


 煮立てたダシにメカジキを一枚一枚投入します。
harihari8.jpg
 余分な片栗粉を落とさないとダシ汁にとろみが付き過ぎますのでご注意下さい。


 最後に水菜を加えて火を止めれば完成です。
harihari9.jpg
 水菜ははりはりした食感が残っていないとこの料理の個性が失われます。


 器に盛って柚子皮か七味唐辛子を吸い口にして下さい。
harihari10.jpg
 葛打ちしたメカジキがトロッとした舌触りでハリハリとした水菜の食感とよくマッチします。


 おまけです。端切れの端切れを新若布と一緒に自家製蕎麦つゆで炊いてみました。
harihari20.jpg
 これはお酒にドンピシャな佳肴です。ボイル塩蔵ではない生若布はシャッキリ感が素晴らしい。


 今回はメカジキを汁物として紹介しましたが、関西のようにこれを鍋仕立てで楽しむのも好いですね。特に、小鍋立てで一枚一枚、しゃぶしゃぶのように楽しむのは粋なものです。鍋にすると、豆腐や葱なども入れたくなりますが、このような出逢いの具材2品くらいでやることを心掛けましょう。^^
2017/02/13(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

茹でずに作るタラのいとこパスタ

カテゴリー: 料理:買い魚

tarapasta1.jpg
 地中海にも日本と同じ種類のボラがいますが、やはり、日本と同じくカラスミが作られています。イタリアではボッタルガ(Bottarga)と言いまして、擂り下してパスタなどに使っています。これは高く付きますので、日本で普段用に改良されたのがタラコスパと言われています。今回はこのタラコスパマダラの白身を加えていとこパスタに致します。なぜ親子ではないかと言いますと、タラコはスケトウダラの卵巣だからです。^^
 なお、パスタは一切茹でないで作りますので乞うご期待。


 二人前で生マダラの切り身一切れとタラコ半腹。
tarapasta2.jpg
 調味料は柚子胡椒、昆布茶、オリーブオイル、白ワインです。旬の芹も加えるとみちのくっぽくなりますね。


 さて、問題のパスタ。今回は1.4㎜のスパゲッティーニを仕上げる2時間前に水に浸しておきます。
tarapasta2-1.jpg
 水はパスタの2倍量もあれば十分です。漬け時間も長過ぎて支障があるということはありません。


 パスタを水に浸している間にタラコペーストを作ります。
tarapasta3.jpg
tarapasta4.jpg
 タラコの皮を取り、オリーブオイルと柚子胡椒を加えてよく混ぜておきます。


 タラの切り身は少量の油を敷いたフライパンでさっと炒め、引き続き、白ワインを半カップほど加えます。
tarapasta5.jpg
tarapasta6.jpg
 直ちに蓋をして中心部まで熱を加えます。


 熱が通ったら、切り身から皮と骨を取り除き、よくほぐしておきます。
tarapasta7.jpg
 これに昆布茶を加えて軽く味を付けておきます。


 水浸しパスタはよく水を切り、上の温めたタラ煮汁に加えます。
tarapasta8.jpg
tarapasta9.jpg
tarapasta10.jpg
 あまり量が多いと加熱にムラが出ますので、二人分が限度でしょう。炒め始めますと白っぽく不透明だったパスタがみるみる透明になっていきます。の茎の部分をザクザク切って加え、もう一炒めします。水分が少なく感じる時は茹で汁を加えて下さい。


 火を止めてからタラコペーストを混ぜ合わせ、味が薄ければ塩で調整します。
tarapasta11.jpg
 タラコはそのまま食べられますので、混ぜるだけで良いのです。


 皿に盛り付けの葉先の部分を刻んで天盛りし、さらに刻み海苔も乗せました。
tarapasta12.jpg
 柚子の香りもほんのり漂い、芹の苦みがアクセントになったタラのいとこパスタの完成です。パスタもフレスカ(生麺)のようにもっちりもちもちした感じで嬉しくなります。


 今回、パスタは一切茹でておりません。も通常の半分以下しか使っておらず、茹で時間をなくした分、ガス電気の使用量も半減させています。これって、6年前の大震災直後のライフラインが復旧していなかった頃に知っていれば、どれだけ助かったことでしょう。真冬の水でもパスタはもどりますので、後は卓上ガスコンロでもあれば、立派なパスタが楽しめたのです。


2017/02/06(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

真鱈のポシェ薬膳ソース

カテゴリー: 料理:買い魚

tarayakuzen1_20170128103501a5c.jpg
 寒鱈が美味しいシーズン真っ盛りですね。今年はマダラの漁模様があまり良くないと聞いていましたが、生タラの切り身がスーパーの店頭から消えることはなかったようです。冷凍ではない地元の生タラは格別です。その味覚を損なわず美味しく頂くには過剰な加熱をしないことです。今回は誰でも失敗しない美味しいタラの食べ方をご紹介します。



 長葱、生姜などをたっぷり使った薬膳ソースで頂きます。
tarayakuzen2_20170128103502a2d.jpg
 枸杞子(クコの実)や陳皮(ミカンの皮の粉末)なども使いますが、クコの実は最近、スーパーの珍味やナッツのコーナーでも見かけますね。クコの実の赤が入りますと見た目にも豪華です。



 陳皮はミカンの皮をカリカリに乾してから刻んで作ります。
tarayakuzen3_2017012810350408c.jpg
 無農薬で皮にワックス処理を施していないものを求めて下さい。乾燥する部屋の窓辺に半月も置いておくと乾し上がります。陳皮の効能は整腸や咳止め等と言われますが、それより柑橘系独特の爽やかさが加わりますので使っています。



 最初に薬膳ソースを作ります。
tarayakuzen4_20170128103505805.jpg
tarayakuzen5_20170128103507617.jpg
 長葱、生姜は細かい微塵切り、陳皮も極力細かく刻みます。そこに醤油、酒、味醂を4:2:1で加えます。よく混ぜてしばらく置きますと馴染んできます。出来ることならまとめて作り、肉や魚や活用してほしいですネ。



 さて、生のタラに加熱しますが、極力低温で茹でていきます。フランス料理のポシェですね。
tarayakuzen5-1_20170128103523e6b.jpg
 タンパク質は60~70℃で熱変性し始めますが、それ以上になると水分を放出して硬くなります。特に脂の少ない魚は要注意。そこで、この温度帯を維持したいのですが、切り身を湯に入れることで温度が下がりますので最初を約80℃に設定します。

 温度計がなくても、仁丹粒ほどの気泡が乾燥大豆位になって浮き上がり始めるのが80℃です。お湯の表面が波立ち始めると90℃に達しますので穏やかな水面を維持しましょう。



 上記のように実際の調理においてはお湯に酒、昆布、塩などを加えます。日本酒2割は勿体ないと感じる場合は容認できる最大量で。^^
tarayakuzen6_20170128103524803.jpg
tarayakuzen7_2017012810352631a.jpg
 最初、水溶性たんぱく質で湯が濁りますが、気にしません。



 5分ほど経って、身が締まってきたら、金串や竹串を見の中央まで刺してしばし置き、抜いたら直ちに唇に付けてみて下さい。温かく感じたら茹で上がりです。
tarayakuzen8_20170128103528584.jpg
tarayakuzen9.jpg
 皿に盛り付け薬膳ソースを掛けましょう。走りの生若布も茹でて添えました。冬は冷めやすいので、皿はお湯で温めておきましょう。生若布と薬膳ソースもよく合いますよ。



 この低温茹で調理であるポシェは硬くなりがちな魚の調理に絶大です。生の銀鮭秋鮭もまるで異なる食感に仕上がります。今回は薬膳ソースにしましたが、擂り下した玉葱にポン酢+ラー油も美味しいですよ。生タラはもうしばらく出回りますので、春までに是非トライしてみて下さい。

2017/01/30(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

みやぎ水産の日 海の幸料理教室 2017.1 【鱈】

カテゴリー: 料理:買い魚

suisan2017-1-0.jpg
 ちょっと壮絶な画像ですが、山形から青森にかけての日本海側北部の皆様にはピーンとくることでしょう。1月のみやぎ水産の日料理教室では東北地方の冬のソウルフード、鱈(タラ)を使った料理をご紹介しました。雄のマダラを1尾購入して、その全てを食べ尽します。^^


 本日のお献立は次の3品です。
suisan2017-1-2.jpg
 いつものように、汁物、主菜、ご飯(麺)の3品を作り、夕食としても食べて頂こうという趣旨です。


 その前にタラについてのお勉強です。
suisan2017-3.jpgsuisan2017-2-1.jpg
suisan2017-2.jpg suisan2017-4.jpg 
 通常、店頭に並ぶタラはマダラとスケトウダラの2種類があります。その用途の違いや生態、産地や漁獲量などについて解説致しました。


 まず、東北地方でマダラと言えば、味噌粕ベースのアラ汁です。山形ではどんがら汁、青森ではじゃっぱ汁などと呼ばれます。
suisan2017-1-3.jpg
 山形県の酒田では毎年1月に寒鱈まつりが開催され、この汁が振舞われます。アラや内臓を取り合わせたどんがら汁セットも販売されます。


 昆布だしでアラの部分を先に煮立て、煮えにくい野菜から加えていきます。
suisan2017-1-4.jpg
suisan2017-1-4-2.jpgsuisan2017-1-4-111.jpg
 味噌と酒粕を溶き入れてから、最後に白子と腑(肝臓)をさっと煮て完成です。


 日本海側であれば、乾した岩海苔を乗せるのですが、手に入らなかったので、バラに乾した養殖ノリで代用です。
suisan2017-1-6.jpg
 酒粕も入っていますのでこの季節に最適です。クリーミーな白子やこってり濃厚な肝も入って豪華な汁でもあります。


 さて、身の方でも2品作りますが、これらの作り方は別の記事で詳解します。
suisan2017-1-7.jpg
 5.5Kgの雄のマダラですので身の方もたっぷり。


 こちらはマダラの切り身を低温でポシェし、薬膳ソースをかけたさっぱり主菜です。
suisan2017-1-8.jpg
suisan2017-1-8-1.jpg
 新物の生若布をさっと湯がいて添えました。これも薬膳ソースによく合います。


 一方こちらは、マダラの白身とスケトウダラのタラコを使った鱈のいとこパスタです。
suisan2017-1-9.jpg
 種類が違うので、親子パスタとは言えません。^^  なお、このパスタは一切茹でておりません。これの作り方も別の記事で詳しくお伝えします。


 さ、タラで作った三品を味わいましょう。
suisan2017-1-10.jpg
suisan2017-1-11.jpg
 マダラは良質な白身なので、和洋中どんな料理にも向きますね。


 水産の日海の幸の料理教室、毎月、その月のお薦めの旬の魚を使った料理を作ります。1年通いますと相当の魚料理を体験することになりますし、調理技術も身に付きます。

 毎月第3水曜日の18:00~20:00にメルパルク仙台で開催しています。いつからでも参加することが出来ますが、最少でも3ヶ月単位となります。お問い合わせは下記にまで電話でお願い致します。


【お問い合わせ・申し込み】 
 河北TBCカルチャーセンター http://www.culture-ktc.co.jp/kouza/shoku.html
 【メルパルク教室】
  〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡5丁目6-51 メルパルクSENDAI 3F
  電話 022-792-8123/FAX 022-792-8124
  受付時間⇒ 日曜日、祝日を除く毎日10時~18時/休講日は10時~17時

 
 
2017/01/26(木) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

みやぎ水産の日 海の幸料理教室 2016.12 【鰈】

カテゴリー: 料理:買い魚

karei2016-0
 毎月第3水曜日はみやぎ水産の日。毎月、この日の夜にメルパルク仙台におきまして料理教室を開催しております。今月のお薦めは今が旬の鰈(カレイ)です。宮城県では師走に子持ちのナメタガレイマコガレイの煮付けを食べる習慣がありますが、前記事のように子供にも好かれるようなカレー風味のムニエルを覚えて頂きます。



 その前にこの料理教室の特徴であるその月の対象魚を多分野から勉強して頂きます。
karei2016-2
karei2016-3-1 karei2016-3
 カレイやヒラメの仲間は異体類と呼ばれ、魚類の中では珍しい左右不相称な体をしています。これらの分類、生態や進化、漁業や栽培漁業などについてお話ししました。



 さて、本日のお献立は次の3品です。使いますカレイは手頃なお値段のマガレイです。
karei2016-4.jpg
 マガレイだけで3品にしようかとも思ったのですが、同じく旬である生海苔やこれから生産期を迎える若布なども紹介したくて、汁物は生海苔、ご飯は復興飯(銀鮭と若布の混ぜご飯)にしました。



 まず、生海苔ですが、海水に浸された状態のなので水道水で洗い流してから使います。
karei2016-4-0.jpg
karei2016-4-1.jpg karei2016-5.jpg
  吸い物も作りますが、生の食感を楽しんで頂くために、そのままポン酢醤油で試して頂きます。吸い物は昆布と花鰹で一番ダシを引き、豆腐を加えて、最後に生海苔をパッと放します。



 カレームニエルは前記事で作り方の詳細をアップ(こちら)していますが、カレー粉と塩を塗したに片栗粉を塗しハーブとともに焼き上げます。
karei2016-7.jpg
kareicurry6.jpg kareicurry13.jpg
 切り身でも宜しいですが、マガレイはお手頃な値段なので一人に1尾の割り当てで捌いて頂きました。


 
 を捌く際に出た鰭は、後述の銀鮭の皮とともにレンチンして煎餅にします。
karei2016-8.jpg
 会場であるメルパルクのレンジの出力が今一で、なかなかパリッとせずに大変苦労しました。


 
 こちらは宮城の養殖復興のシンボル、復興飯です。
karei2016-9.jpg
misato1309-7_20161223100754eb8.jpgmisato1309-8_20161223100755525.jpg 
 若布銀鮭は大震災後に最も速く復興した養殖種です。それを忘れないために復興飯と名付けましたが、要は塩銀鮭若布の混ぜ御飯です。炊きたてのご飯の余熱銀鮭を調理しますのでふっくらとしています。



 さて、全品出来上がったところでお楽しみの試食です。
karei2016-10-1.jpg
karei2016-11.jpg
 淡泊な白身のも複合香辛料であるカレー粉の力でスパイシーに仕上がりました。生海苔のツルリとしてシャキッとした食感も楽しいと思います。



 今回は各自にの捌き方を覚えて頂くためにお一人に1~2尾をお願いしました。テーブルを増やし、同時進行で進めれば良かったのですが、想定外に時間が掛かり、終了時間をオーバーして、カルチャーセンターの方にご迷惑をお掛けしました。ですが、実際に魚を手で捌かないと技術は身に付きません。次回からは効率的に進められるよう改善したいと思います。
 この料理教室、毎月第3水曜日の18:00~20:00に開催します。いつからでも参加することが出来ますが、最少でも3ヶ月単位となります。お問い合わせは下記にまでお願い致します。



【お問い合わせ・申し込み】  

 河北TBCカルチャーセンター http://www.culture-ktc.co.jp/kouza/shoku.html

 【メルパルク教室】
  〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡5丁目6-51 メルパルクSENDAI 3F
  電話 022-792-8123/FAX 022-792-8124
  受付時間⇒ 日曜日、祝日を除く毎日10時~18時/休講日は10時~17時
2016/12/23(金) 05:00 | trackback(0) | comment(0)