【塩竈市】隠れイタリア料理店

カテゴリー: 外食:その他

 港町しおがまには全国に誇れる飲食店が多々あります。もちろん、人口当たり面積当たり店舗数が最も多い寿司は言うに及ばず、東京や仙台の名店で腕を振るったのちにひっそりと港町で営業されている各種のシェフの方々もおります。

 その一つ。ほとんど宣伝することもなく、口コミだけで伝わり、常連客の秘密のキッチンとなっているイタリア料理店があります。決して、イタ飯やイタリアンではなくイタリア料理店です。新イタリア料理が日本でブレークする遥か以前からいわゆる日本の洋食のような日本固有のイタリア料理を続けています。

 そのシェフのこだわりは尋常ではなく、食材や調理法はもちろんのこと、店内の装飾や看板に至るまで自分の納得のいくものしかお客の目や舌に触れません。従って、営業形態もこだわりがあり、原則は紹介者を通じての予約制、常連になった場合でも予約が基本です。メニューもありますが、できればお任せにして欲しいのだそうです。

 お客を増やすつもりは一切ないとのことなので、今回は店名所在は伏せさせて頂きます。もし、以下の記事をご覧になって、店名をご存知の方でもその書き込みは勘弁して下さいませ。m(_ _)m



 意外な場所にある伝統的イタリア料理店。駐車場も車3台分しかありません。
kakureita1.jpg 
 伝統的イタリア料理って、イタリアの伝統料理ではなく、日本に戦後イタリア料理が米軍を通じて入ってきましたが、その頃のピザスパゲッテーが主体になります。決して、ピッツァやパスタではありません。^^



 所在のヒントになってしまいますのが、広い窓からの展望。従って、載せません。^^
kakureita2.jpg
 店内の観葉植物ももちろんシェフ自ら栽培しています。友人が手伝いに入っておりますが、原則、シェフが一人で全てをやります。従って、料理が出来ますとベルが鳴りますので、カウンターに取りに参ります。これが気に入らない方はお客にはなれません。



 本日はお任せでお願いしていますが、最初にサラダや前菜が出て来ます。これらは二人分です。
kakureita3.jpg
 インサラータやアンティパストではありません。サラダと前菜なのです。



 トマト、モッツアレラ、プロシュート、白い穂先のようなものはたぶんマコモダケだと思います。。。
kakureita5.jpg
 後方に隠れていますが、フルーツや茹で卵の入ったマヨネーズ系のサラダもたっぷり乗っていました。


 エビや、イカ、ホタテなどがたっぷり入った海鮮サラダ。
kakureita4.jpg
 ドレッシングが飲めるくらい優しい味です。柑橘系のジュースがベースなのでしょうか。素材にも味が馴染んでいます。


 ここでオリジナルのピザが登場します。
kakureita6.jpg
kakureita7.jpg
 プロシュートとホタテが隠れていました。生地はふかふかではなく、パリパリといった感じです。チーズたっぷりで食べ応えも半端ない。


 意外ですがセコンド、いやメインは、なんと、ハンバーグなのです。
kakureita8.jpg
 初期のイタリア料理店は洋食も取り込んでいたのでしょう。チーズとデミが乗ってボリュームも凄まじい。。。


 後方に見えているスパゲッテーは、こちらのシェフが日本で初めてバジリコを使って作ったそうです。
kakureita9.jpg
 いわゆるジェノベーゼではなく、オイル系パスタに香草の微塵切りを和えたような感じです。この日はバジリコではなく、大葉とパセリの微塵切りでした。驚いたのはこのスパゲッテー、茹で立てではないのですが、独特の歯触りが残っており、他の洋食屋の付け合わせとは一線を画します。


 ちょっと意外だったと思いますが、昭和のイタリア料理はこのような感じだったのでしょうか。あまり記憶はありませんが、45年位前には東京には食べ放題のピザ専門店スパゲッテー専門店も出来始めていましたが、イタリア料理店はまだ少なかったと思います。当時は日本人に馴染みの深い洋食の要素も取り入れる必要があったのでしょう。

 一徹者のシェフと聞いており、大人しく頂いていたのですが、皿に残ったデミを頂きたく、追加でパンをお願いしましたら、すぐに焼いてくれました。混んでいなければこのような対応もしてくれるようです。現代のイタ飯に慣れた若い人より、昭和のイタリア料理を懐かしむことのできる熟年層にぴったりのお店ということができるかも知れません。


2017/01/16(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

アマトリチャーナで震災復興支援

カテゴリー: 外食:その他

amatrice1.jpg
 もう既に発生から1カ月以上が経過したイタリア中部地震。この間、リオのオリンピックがあり、岩手の豪雨被害、はたまた、東京築地市場の移転問題などで、すっかり忘れ去られようとしていますが、死亡者約300人、いまだ行方不明の方も多数いる大きな震災だったのです。

 塩竃市民が中心となって、友好を深めている北イタリアの港町キオッジャは、震源から400Km近く離れており、被害は全くなかったそうです。同じイタリアですので、塩竈・キオッジャ友好協会ではチャリティー夕食会を開催致しました。

 震源に近いアマトリーチェは歴史的な建造物が多く、そのために被害も震源地のノルチャより大きかったのです。このアマトリーチェ発祥のソースがアマトリチャーナ。これを使った料理を食べるとその一部が復興支援として寄付される活動が世界的に展開されています。これに参加するレストランは世界で3000軒、日本では約50軒とされています。


 塩竈ではタベルナGIROさんがチャリティーをやっていました。
amatrice2.jpg
 いつもお世話になっているタベルナGIROさんは、古屋次朗さんが一人やっているイタリアンのお店です。みんなが集まる前にシェリーのソーダ割で喉馴らし。^^

 
 今日はアマトリチャーナのパスタを含むお任せ料理を4000円でお願いしています。
amatrice3.jpg
 冷たいアンティパストの筆頭は川中島白桃とプロシュット。桃と生ハムって出会いだったんですね。


 続いて鰹のタリアータ・万願寺唐辛子のペペロナータ添え。
amatrice4.jpg
 イタリア式鰹のたたきですね。昨年、ミラノで牛肉のタリアータを食べましたが、ステーキとどう違うのかと思ったら、切って出すのがタリアータなんですって。そう言えば、イタリア語の切るという動詞はタリアーレなんですよね。


 これはカッポン・マーグロと呼ばれるジェノバのサラダです。マグロとは関係ありません。
amatrice6.jpg
 パンの上に野菜と魚貝類を乗せてドレッシングをかけたものですが、中にメバチマグロの生ハム(ムシャーメ)が入っていましたので、マーグロに洒落たのでしょうか。


 次は温かいアンティパストに変わります。ヒメエゾボラの香草パン粉焼きです。
amatrice5.jpg
 ツブもこのように料理しますとエスカルゴのような雰囲気が出ますね。


 
賀茂茄子のパルマ風。
amatrice7.jpg
 茄子の肉がトロットロでペーストのようです。

 
 これはシチリアの郷土料理、鰯のベッカフィーコ(香草焼き)です。
amatrice9.jpg
amatrice8.jpg
 玉葱、アンチョビ、松の実、レーズン、パン粉などを丸めて開いた鰯で巻いた後に焼いてあります。これにはシチリアのワインを選んで貰いました。


 トリッパのトマト煮込み。
amatrice10.jpg
 トリッパは牛の第二胃袋、日本語ではハチノスですね。

 

 これは凄い。生のポルチーニの炒め物。
amatrice11.jpg
 日本人にとってはマツタケに相当する高級茸。フランスでもセップと言って珍重していますね。


 さて、いよいよ本日の主役。アマトリチャーナのパスタです。2種類のパスタでお願いしてあります。
amatrice13.jpg
amatrice14.jpg
 これはブカティーニ、細いマカロニのようで中は中空です。


 こちらはのショートパスタはカサレッチャ
amatrice15.jpg
amatrice16.jpg
 面白い食感です。断面はS字型です。これは初めて頂きました。



 GIROさん頑張ってくれて、日頃、食べられないようなイタリア料理を味合わせてくれました。アマトリチャーナも無理を言って二種類のパスタで楽しませてもらいました。これで支援にも繋がるのですから、また、折を見て開催したいですね。イタリアもプレート境界の上にありますので、時折、大きな震災に見舞われます。同じ地震国同士ですので、助け合うとともに情報を交換して被害を最小限に留めて行きたいものです。




TAVERNA GIRO(タベルナジロ)


・所在地   :宮城県塩竈市海岸通8-10
・電 話   :022-385-6609
・営業時間  :12:00~14:00(月ランチなし、日~15:00)/18:00~23:00(日ディナーなし)
・定休日   :第2・3日曜日
・駐車場   :なし
2016/10/10(月) 05:00 | trackback(0) | comment(2)

あまころ牡蠣全国デビュー

カテゴリー: 外食:その他

amakoro2016-2.jpg
 今年(2016年)3月18日にオープンしたエスパル東館、82店舗が営業を開始しました。3階は杜のダイニングと名付けられたレストラン街となっています。和洋中の8つレストランがありますが、本日はその中のザ・スチームさんで生産者の皆様とあまころ牡蠣を試食します。



 ザ・スチームさんはオイスターバーを全国展開する(株)ゼネラル・オイスターさんの店舗の一つ。
amakoro2016-1.jpg 
 栄養と美味しさを逃さず、油を使わないヘルシーな蒸し料理が目玉ですが、生牡蠣ももちろん提供しています。


 あまころ牡蠣は東日本大震災の発展的復興の一環として取り組み、一昨年の試験出荷を経て、やっと今年、全国デビューです。
amakoro2016-3.jpg
 あまころ牡蠣は天然のシングルシードを養殖したバージンオイスターです。産卵を経験していないので雑味が少なく、爽やかな甘さが特徴です。


 まずは歴代の担当者とあまころ牡蠣生産者の皆さんと労をねぎらい乾杯です。
amakoro2016-5.jpg
amakoro2016-4.jpg
 この突き出しが面白い。焼いた皮付きヤングコーンです。近年、人気が出てきた新商品ですね。間引きトウモロコシの有効利用、実にナイスな着目です。


 お立ち台に乗って供されましたあまころ牡蠣。みなさま自分の子供の晴れ姿を見るようです。
amakoro2016-6.jpg
 感無量ですね。全国チェーンのオイスターバーの晴れ舞台に上がったのですから。食べ慣れてはいるもののいつもより美味しく感じます。^^



 あまころ牡蠣には日本酒が合います。こちらには日本酒も常備してあります。
amakoro2016-8.jpg
 店長のお薦めは澤の泉。甘めの酒があまころ牡蠣を邪魔しません。


 ちょっと浮気して愛媛のイワガキも頂きます。
amakoro2016-9.jpg
 同じ牡蠣とは言え、種が違います。成熟していても甘みを感じる凄さがあります。


 こんな牡蠣のグリルも出してくれるザ・スチームさんです。
amakoro2016-10.jpg
 牡蠣が苦手の方や食べず嫌いの方もこちらで慣らしてみて下され。。。


 
 約2万人の方が瞬時に犠牲になった東日本大震災。あれから5年ですっかり昔話のような昨今です。しかしながら、傷ついた産業はそう簡単には復興しないのです。被災地でも震災以前以上の復興を目指して頑張っています。それを支えられるのは消費者の皆様方です。是非、食べ支えをよろしくお願い致します。m(_ _)m




SEAFOOD POT & OYSTER The Steam
  http://www.oysterbar.co.jp/shop/detail.php?sid=HW0033


・所在地    :仙台市青葉区中央1-1-1 エスパル仙台東館3階
・電 話    :022-792-2501
・営業時間   :11:00~23:00(ランチ~15:00)
・定休日    :不定休
・駐車場    :エスパル共通http://www.s-pal.jp/sendai/access/faq/
2016/07/04(月) 05:05 | trackback(0) | comment(0)

【岩沼探訪:後編】とんちゃんのあとはイタリアン?

カテゴリー: 外食:その他

iwanuma14_201606201833207ff.jpg
 岩沼オリーブ園計画に係る初植樹の後は名物のとんちゃん(ホルモン)を堪能しましたが、長居無用の人気店なので一通り味わって次のお店へ。ところが岩沼駅前は思ったより、呑み処が少ない。土曜日の18時頃にも拘わらず、どこも、満員です。それで、2分ほど歩いて、こんなお店へ。喫茶店でしょうか? いえ、イタリアンレストランです。



 店内はこぢんまりとしてお洒落なレストランパルパルさん。
iwanuma15_20160620183322f2d.jpg
 ご主人に絵心があるらしく、店内は画廊のような雰囲気で心が落ち着きます。



 目敏くこんな張り紙を見つけました。有り難いですねこの日は土曜日、ワインがたったの215円です。もちろん、初っ端からワインです。(^^)/
iwanuma16_20160620183338392.jpg
iwanuma17_20160620183339d34.jpg
 セットやコースメニューも充実しています。昨今のバリバリのイタリアンと言うより、洋食屋さんのメニューに近いですね。1980年の創業と言いますから、36年もこの地で営業してきたことになります。



 まずは、カプリチョーザだったかな。生地も美味しいピッツアです。
iwanuma18_20160620183341c55.jpg
 ロッソとの相性も最高。ホルモンのあとですが、進む進む。^^



 続いてはペスカトーレ。エビやイカがゴロゴロ出てきます。
iwanuma19_201606201833421ad.jpg
 ご夫婦二人でやられているようなのですが、結構、速いペースで出てきます。



 これはこちらの人気メニュー、エビグラタンです。
iwanuma20.jpg
 これのセットメニューもあるそうです。ベシャメルが夢心地の味わい。^^



 イタリアにはないナポリタン。日本人の嗜好に合わせて生み出されました。
iwanuma21.jpg
iwanuma22.jpg
 昔の喫茶店のナポリタンと違って、ケチャップではなく、ちゃんとしたトマトソースで和えてあります。



 オリーブ植樹の後のとんちゃんを楽しみにやって来た岩沼ですが、こんな良心的なお店に巡り会えてラッキーでした。しかも、30年以上も地元で愛されてきた老舗です。とても雰囲気もよく、ワインをがぶ飲みする酔客にも丁寧に接して頂きました。^^ 岩沼にはまだまだご機嫌なお店がありそうです。岩沼もろ酔いツアーでも企画したいですね。^^



レストランパルパル

・所在地    :宮城県岩沼市館下1-5-26 森高マンション1F
・電 話    :0223-24-5778
・営業時間   :11:15~21:30(日・祭日~20:30)
・定休日    :月曜日
・駐車場    :あり(店の向かい側)
2016/06/24(金) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

Bistrot AOKIで新年会です

カテゴリー: 外食:その他

bistroaoki1.jpg
 先月のことですが、たまたま仙台出張があったのですが、サエモン会のベガサポ最高顧問から美女とともに新年会をやるから参加するようにと指令が入りました。こいつは春から縁起が良いわと鼻の下伸ばして参加してきました。^^

 会場はBistrot AOKIというフレンチのお店だそうです。知らないなぁと思ったら、やはり昨年(2015)6月にオープンしたばかりです。場所も国分町の西外れ、凱旋門近くの昼でもちょっと怪しい雰囲気のストリート(人によってはガンダーラ)。ネット上でもまだ、情報が集まっていません。この一年近く、すっかりイタリアンな生活だったのでフレンチが新鮮です。^^




 早速、再会を祝して乾杯です。サルーテ!! 違う違う、ア・ヴォートル・サンテ!!
bistroaoki2.jpg 
 あ、一人だけ最初から飛ばしていますが、気にしないで下さい。^^ 美女も3名もお揃いでした。いつもの呑み仲間でしたけど。。。(´∀`)



 アンティパストミストは、、、いえ、オードブルです。実に豪華絢爛。
bistroaoki3.jpg
 日本人にとってはメインといっても良いくらい。



 取り分けても一人前がこのボリューム。これだけでボトル一本呑めますね。^^
bistroaoki4.jpg
 スモークサーモン、生ハム、テリーヌ、パテ、鴨の燻製。。。。どれも素晴らしい。初っ端からかなりのインパクト。



 こちらはカレイのムース乗せロースト。
bistroaoki5.jpg
 サフラン風味のソースもなかなか。魚の切り身にすり身を乗せて焼くという発想は日本料理からは出にくいですね。魚の切り身を乗せた蒲鉾は各地にありますが。




 ローストビーフや骨付きラムだったか、、、ちょっと失念。
bistroaoki7.jpgbistroaoki8.jpg
 ひゃくさん(KaffeTomte)が取り分けると、こうなります。ソースのアートがプロですね。^^
 
 本日、呑み放題4500円でお願いしています。私だけでもワインをグラスで10杯近く行っています。青木シェフに大丈夫ですかと尋ねるとヤバイです。とのこと。^^




 おや、ここでパスタが出てきました。フランスといってもプロバンスの雰囲気。
bistroaoki9.jpg
 茸のオイル系ですが、これまた、きちんと作っています。日本人はやはり呑みの最後に〆が必要なんでしょうね。




 ドルチェは、、、じゃなくて、デセールは濃厚なガトーオショコラガトーオフリュイ。失念しましたけど、何かのゼリーも添えられて。
bistroaoki10.jpg
 呑兵衛おじさん、滅多に最後のスイーツは頂きませんが、このガトーオショコラはワインにもウイスキーにも合いますね。濃厚なんですが苦味ばしって甘味も上品。




 いやぁ~こういうビストロは嬉しいですね。アラカルトの料理も実に安い。本日のコースだって鱈腹鯨飲で4500円ですからね。青木シェフのお人柄がよくわかります。シェフは童顔なので若手に見えますが、フレンチ歴30年を超える大ベテランです。^^ 仙台市内のホテルやレストランで料理長も勤めてきた凄腕なんですが、庶民が安心して楽しめるフレンチを提供してくれています。このいうお店は仙台にいつまでも根付いて貰いたいものです。さあ、みなさま、食べて応援しようじゃありませんか。^^





Bistrot AOKI(ビストロアオキ)

・所在地   :仙台市青葉区国分町2-13-28 ニュー若竹ビル 2F
・電 話   :022-217-3343
・営業時間  : 12:00~14:00/17:30~23:00
・定休日   :日曜日・祝日(ランチは平日のみ)
・駐車場   :なし

2016/02/08(月) 05:00 | trackback(0) | comment(0)