はじめに

カテゴリー: 未分類

20080212211954.jpg
   
東日本大震災から間もなく6年になります。
被災地の再生はまだまだ時間が掛かりますが、
明るく前向きに進んで行きたいと思います。 

昨年(2016)10月に今までの魚食普及活動
の実績が認められ、お魚かたりべとして
水産庁から任命されました。

時同じくして10月から河北TBCカルチャーセンター
におきまして、みやぎ水産の日に因んだ
海の幸料理教室も毎月開催する運びと
なりました。今後ともよろしくお願い致します。

kataribe.jpg
culture1.jpg

左衛門尉
 



【地震発生から我が家の復旧までの記録】 

                     
【震災関連および被災地からの記事】 石巻・雄勝・南三陸・気仙沼 


【出張料理教室のお知らせ】 tool-img.jpg  

 現在、被災地復興支援のために漁業・養殖生産物を使った出張料理教室復興状況報告会を各地で開催致しております。もちろん、ボランティアですので実費しか掛かりません。出来る限り広く回りたいと思いますので、是非、お問い合わせ下さい。お問い合わせは、この記事のコメントで受け付けますが、メアド電話番号などの個人情報を記載される場合はシークレット(管理者にだけ表示を許可する)をチェックして下さい。


 
 
◆ 2016~2017年 冬~春の教室

   

              水産の日料理教室【鰈】 (メルパルク仙台;2016.12.21)掲載済

    水産の日料理教室【鱈】(メルパルク仙台;2017.1.18)掲載済

    みやぎ食ひと交流サロン【牡蠣】(五橋ごくり;2017.1.16)掲載済

     
水産の日料理教室【女梶木】(メルパルク仙台;2017.2.15)掲載済

    
水産の日料理教室【めかぶ】(メルパルク仙台;2017.3.15)




        
◆ 過去の実績

     
薬膳料理教室(五橋;2012.7.8)

    
料理教室七ツ森(旭ヶ丘;2012.7.14)

    
中埣地区公民館(美里町;2012.9.17)

    
中埣地区公民館(美里町;2013.2.9) 

    
料理教室七ツ森(旭ヶ丘;2013.3.9)
 

    
料理教室七ツ森(旭ヶ丘;2013.7.20)

    青生地区公民館(美里町 ;2013.8.10
)    

            
中埣地区公民館(美里町 ;2013.9.28)       

           
JA宮城労組青年部(旭ヶ丘;2013.12.21)

         
高森男性料理教室(高森;2013,11,23) 

   
青生地区公民館(美里町;2014.2.15)

           
料理教室七ツ森(旭ヶ丘;2014.7.12) 

   
木町通市民センター(2014.11.29)

           みやぎの食を伝える会(2014.12.13) 

            料理教室七つ森(旭ヶ丘;2015.4.4)

   料理教室七ツ森(旭ヶ丘;2015.8.22) 

   宮城の食を伝える会(仙台市 2016.2.20)  


   大震災追悼料理教室(仙台市 2016.3.11) 
 

   矢本西市民センター(東松島市 2016.3.12)    

   いわぬま食育研究会(岩沼市;2016.8.3)
 

   晩酌塾「江戸期の調味料(Tomte;2016.9.22)

             晩酌塾「江戸期のスパイス」(Tomte;2016.10.8)

              晩酌塾「江戸期の面白料理」(Tomte;2016.11.12)

    水産の日料理教室【秋刀魚】
(メルパルク仙台;2016.10.19) 

   水産の日料理教室【牡蠣】(メルパルク仙台;2016.11.19)

   




慶長遣欧使節団イタリア訪問400周年

に因んでイタリアで食文化の交流を行いました。



pesce21.jpgpesce19.jpg
pizzeria4.jpgpizzeria12.jpg

イタリア食聞録

(2015.7.26~8.2) 

こちらが目次になります。


イタリアに東日本大震災追悼5周年イベント
として2016.3.11にを植えました。
 詳しくは
こちらをご覧下さい。


2021/03/11(木) 14:46 | trackback(0) | comment(4)

【メカブ料理シリーズ】 その② 中華風メカブ飯二品

カテゴリー: 料理:海藻

mekabumesi1.jpg
 メカブも名残の節となった来ましたが、生メカブが手に入るうちはメカブ料理を堪能しましょう。前記事に引き続き、今回はメカブを使った中華のご飯物をご紹介致します。


 主な食材は洗って3cm角に切ったメカブと卵、海老、長葱です。これで二人前です。
mekabumesi2.jpg
 調味料は胡麻油、ニンニク、塩胡椒、五香粉になります。これらに魚醤かオイスターソースが加わりますとさらに旨味が増します。

 
 最初に胡麻油で粗めのスクランブルエッグを作って取り出しておきます。
mekabumesi3.jpg
 完全には火を通さなくて結構です。後から再度、炒め合わせますので。


 もう一度、胡麻油とニンニクでメカブ、海老、長葱を炒め合わせます。
mekabumesi4.jpg
 ここに卵を戻し、調味料で味付けして、さっと炒めれば出来上がりです。オーバーライスにしますので、味付けは少し濃いめにしておきましょう。


 ご飯に乗せて出来上がりです。
mekabumesi5.jpg
 混ぜながら食べ進みますと異なる食感と味が波状攻撃のように口に広がります。^^


 一方、こちらはオーバーライスではなく、炒飯にしています。
mekabu10-10_2017031513310589d.jpg
 こちらは海老ではなく、ハムを使っています。調味料は炒め物と同じです。


 これもまた、春らしい色合いの炒飯となりました。
mekabu10-11_20170315133107c33.jpg
 メカブの粘りがご飯に味をしっかり付けてくれています。


 これらにはメカブのスープを添えたいですね。
mekabu10-12_20170315133108512.jpg
 鶏ガラスープにメカブの千切りと豆腐を入れただけの手抜きですが、ほんのりととろみが付いて優しい味のスープとなりました。


 同じメカブの炒め物でもオーバーライスにするか、炒飯にするかでガラッと変わった料理になります。メカブは和の食材ですが、中華にもよくフィットしてくれます。これを洋食にどう取り合わせていくかを考えると楽しくなります。糸を引く粘りを嫌う欧米人にどう食べさせるか挑戦し甲斐がありそうです。^^
2017/03/24(金) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

【メカブ料理シリーズ】 その① 中華風スープ

カテゴリー: 料理:海藻

mekabusoup1.jpg
 みちのくでも日に日にに近付いているのを感じます。養殖ワカメも間もなく終盤を迎えます。新鮮な生のメカブも程なく店頭から姿を消すでしょう。名残のメカブをしっかりと味わっておきましょう。三記事連続でメカブの料理をご紹介致し参ります。今回はメカブを使ったスープです。


 材料は実にシンプル。メカブの他は卵と鶏の胸肉だけです。これで二人前の材料です。
mekabusoup2.jpg
 味付けは塩胡椒と中華の旨味調味料です。ただ、この旨味調味料だけで味付けをしますと、インスタントラーメンのスープになりますので、少しで結構ですから鶏肉または鶏皮を、もし時間があれば鶏手羽を煮込んでスープを取って下さい。


 メカブはよく洗い、少し乾かして千切りにしておきます。
mekabusoup3.jpg
 卵は溶いて、胸肉は粗い微塵切りにしておきます。この鶏肉はダシを取る目的ですので、煮出してしまうのですが、キウイの絞り汁や酒粕などで揉み込んでおけば、煮出した後もあまり硬くなりません。


 400mlのお湯に鶏肉を入れ、旨味が出た頃に塩と旨味調味料を加えます。
mekabusoup4.jpg
 これだけでインスタントラーメンのスープが本格中華に近付きます。^^


 味を調えたスープにメカブを加えます。
mekabusoup5.jpg
 メカブが多い場合は自然にスープにとろみが付きますが、サラサラの場合は少し水溶き片栗粉を加えて下さい。とろみがあった方が次の掻き玉がふんわりします。


 スープを掻き回して、回っているうちに溶いた卵を箸で細く流し入れます。
mekabusoup6.jpg
 一か所で卵が固まらないように同じところに長く注ぎ入れないのがコツですね。


 器にそそぎ、胡椒を振って完成です。
mekabusoup7.jpg
 メカブの緑と卵の黄色で春らしいスープとなりました。


 メカブの粘り成分はアルギン酸も関与していますが、昨今、話題のフコイダンが多く含まれます。メカブを薬のように見立てるのは意に反するところですが、フコイダンの効能はかなり注目されています。血中でのコレステロールや血糖値の上昇を抑えたり、抗菌作用やピロリ菌の排除にも役立つとも言われています。しかしまあ、メカブは美味しいから季節に食べるのであって、四季折々、様々な新鮮な食材を満遍なく食べていくのが健康の一番の秘訣ですね。
2017/03/21(火) 05:00 | trackback(0) | comment(0)

【村田町】蕎麦を求めて小旅行 後編

カテゴリー: 外食:蕎麦

muratasoba14.jpg
 千寿庵さん(前記事)から川沿いの道を少し走ると、幟旗が目に入ってきました。こちらは村田町の農家ほたる舞ファームさんが自家栽培、自家製分の蕎麦を食べさせてくれる週末手打ちそば屋けんちゃんちさんです。以前、イベントでこちらのご夫婦と知り合い、一度、伺ってみたいと楽しみにしておりました。



 小高い南斜面に立地した典型的な農家の佇まい。蔵の白壁も美しいですね。
 muratasoba15.jpg
muratasoba16.jpg
 けんちゃんちの幟旗と暖簾がなければ、ちょっとモダンな農家そのもの。どんな蕎麦を食べさせてくれるのでしょうか。


 
 店内はこじんまりとして全部で15席くらいでしょうか。
muratasoba17.jpg
 カウンター越しにけんちゃんこと渡邊賢治さんの姿が見えますね。^^


 
 献立は実に潔く、もり蕎麦と塩むすびだけ。
muratasoba18.jpg
 蕎麦には香の物や小鉢も付くようです。お替わりはいわゆる替え玉のことでしょう。


 
 お願いしましたもりそばです。
muratasoba19.jpg
muratasoba20.jpg
 薬味には長葱と辛味大根が添えられます。

 
 山形の田舎蕎麦ほどではありませんが、やや色黒の蕎麦。
muratasoba21.jpg
 甘皮の部分を丹念に挽くことでつなぎの役割もしてくれるそうです。知らんかった。。。


 蕎麦を打っているのはけんちゃんのお父さんなのですが、色々ご教示頂きました。
muratasoba22.jpg
 蕎麦の美味しさは蕎麦の香りを感じる甘皮(実の外側)に近い部分にあるということで一致しました。


 蕎麦湯も頂き、至福のひと時を締めました。^^ 
muratasoba23.jpg
 けんちゃんは塩や醤油に相当の拘りを持ち、九州の塩や醤油に行き着いたそうです。


 
 こちらのもう一つの看板商品。ひとめぼれの塩むすびです。消費期限も今日中ですよ。
muratasoba24.jpg
muratasoba25.jpg
 これは米の美味さが勝負ですね。確かに美味い。米粒一つ一つが生き生きとしている感じです。


 蕎麦処としては後発ですが、これからの発展を期待したい村田町蕎麦処とするためには、やはり何か個性が必要でしょうね。空豆を練り込んだ変わり蕎麦のような際物ではなく、蔵の街に相応しい蕎麦はあるはずです。

 大震災の風評被害から立ち直るために多大な苦労をされたけんちゃんちのほたる舞ふぁーむさん。蕎麦だけではなく、トマト狩り(30分500円)でも頑張っていますよ。村田インターからも近いので、是非、訪ねてみて下さい。


 けんちゃんち

・所在地   :宮城県柴田郡村田町大字小泉字北姥ヶ懐45
・電 話   :0224-83-4846
・営業時間  :11:00~15:00
・営業日   :土、日曜(予約すれば平日も営業)
・駐車場   :あり

2017/03/14(火) 05:00 | trackback(0) | comment(0)